(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。歴史関係のスレ(ほぼなんj)をまとめています。良かったらご覧ください。

2017年11月

1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/11/27(月) 07:09:04.77 ID:CAP_USER9
http://www.asahi.com/articles/ASKCL5R38KCLPTFC00F.html

 大阪府の百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群が世界文化遺産の国内候補になったことで、「仁徳天皇陵」や「応神天皇陵」などの陵墓が注目されている。だが、宮内庁が被葬者としている天皇や皇族には、学術的には疑問も少なくない。

 陵墓とは、歴代の天皇・皇后の墓である「陵」と、皇族が葬られた「墓」の総称だ。宮内庁のホームページによると、同庁は現在、188の陵と555の墓、46の陵墓参考地(陵墓の候補地)など、計899件を管理している。

 堺市の百舌鳥古墳群と、大阪府羽曳野市・藤井寺市の古市古墳群は、古墳が最も巨大化した5世紀を中心に築かれた、計88基の古墳からなる。このうち、宮内庁が陵墓として管理しているのは46基。全長486メートルと日本最大の大山(だいせん)古墳(仁徳陵古墳)、同425メートルで第2位の誉田御廟山(こんだごびょうやま)古墳(応神陵古墳)をはじめ、全長200メートル以上の前方後円墳10基は、すべて宮内庁管理の陵墓古墳だ。

 宮内庁は一般の人の陵墓古墳への立ち入りを禁止している。百舌鳥・古市古墳群が世界遺産候補となった際にも「引き続き皇室の祖先のお墓として、地域と協力をしながら適切な管理を行っていく」としており、登録が実現しても一般公開などは難しそうだ。

     ◇

 大阪府と地元3市でつくる「百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進本部会議」は、宮内庁が天皇陵に指定する古墳を「仁徳天皇陵古墳」「応神天皇陵古墳」などと呼んでおり、考古学者や歴史学者から批判の声があがっている。天皇陵の指定は幕末から明治にかけて、8世紀の「古事記」「日本書紀」(記紀)や10世紀の「延喜式」の記述を元に進められており、現在の学術的な年代観とは矛盾するものも多いためだ。

 例えば、履中(りちゅう)天皇陵に指定された堺市のミサンザイ古墳は、埴輪(はにわ)の分析による年代では5世紀前半の築造とされる。一方、履中の父・仁徳天皇の陵とされる大山古墳は5世紀半ばの築造。「日本書紀」には父の6年後に亡くなったと記された履中の墓の方が古い。

AS20171121004799_comm
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511734144/続きを読む

1: ばーど ★ 2017/11/23(木) 16:04:53.03 ID:CAP_USER9
分骨式の法要で祈りをささげる武庸会の会員ら=22日、東京・泉岳寺
0047060100302635s

 新発田出身で赤穂四十七士の一人・堀部安兵衛(1670-1703年)が22日、新発田市に「里帰り」した。同市の「武庸会(たけつねかい)」が四十七士の眠る東京・泉岳寺で分骨式を行い、安兵衛の墓から土を譲り受けた。墓の建碑式は26日、新発田市の長徳寺で行う。

 泉岳寺によると、四十七士の分骨をするのは初めて。墓前で営まれた法要で同寺の牟田賢明さんは「300年余り堀部安兵衛さんと義士の方をご供養、お守りさせていただいたが、新発田でも長く安兵衛さんを一緒にお守りいただきたい」とあいさつし、武庸会の嶋谷次郎八会長(76)は「新発田でも安兵衛をしっかりと守ります」と応じた。

 一行は一人ずつ焼香した後、安兵衛の墓から土を掘り起こして15センチ四方の大きさのきり箱に納め、祈りをささげた。「帰郷前に安兵衛を思い出の地に連れて行こう」と都内の安兵衛ゆかりの地も巡った。果たし合いで助太刀し、名を上げた高田馬場や、安兵衛の石碑がある神社などを訪れた。

 武庸会では設立100周年を迎えた2013年から新発田に墓を建てる機運が高まり、17年7月から父親の菩提寺の長徳寺境内に建てる準備を始めた。9月には安兵衛ら赤穂四十七士の遺髪が納められている兵庫県赤穂市の花岳寺から髪を埋葬された場所の土を譲り受けた。

 嶋谷会長は「やっと安兵衛の骨をいただくことができ、長年の念願がかなった」と涙ながらに話した。

配信2017/11/23 13:00
新潟日報
http://www.niigata-nippo.co.jp/sp/news/local/20171123359036.html
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511420693/続きを読む

1: 記憶たどり。 ★ 2017/11/26(日) 07:49:35.05 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00010000-doshin-hok

沈没場所の解明につなげる

【木古内】幕末に勝海舟らを乗せて日本船として初めて太平洋を横断し、1871年(明治4年)に渡島管内木古内町のサラキ岬沖で沈んだオランダ製軍艦「咸臨丸(かんりんまる)」の調査に、東京海洋大教授とオランダ文化庁の調査官が乗り出した。21日まで3日間、町内で聞き取りなどを行った。来年度以降、潜水による探索も行う。明治時代から謎とされていた詳しい沈没場所の解明につなげたい考えだ。

調査を行うのは、東京海洋大の岩淵聡文教授(56)=人類学、考古学=と、オランダ文化庁から委託を受けた調査官のレオン・デルクセンさん(30)=同国在住=。
オランダは世界各地のオランダ製の沈没船のリスト化と調査を進めており、咸臨丸については、沈没船などの「水中文化遺産」が専門の岩淵教授と共同調査を行うことになった。

1キロ沖合で沈没船を見たとの情報も

2人は19~21日に木古内町を訪問。ナマコ漁などの潜水漁師の間では、10年ほど前に約1キロ沖合で沈没船を見たとの情報もあるといい、漁業者らに沈没船を見たことがあるかどうか聞いたほか、海底の地形などについても聞き取った。19日には木古内町郷土資料館「いかりん館」(町鶴岡)で、町民有志の「咸臨丸とサラキ岬に夢みる会」(久保義則会長)メンバーらと面会し、情報提供などの協力を取り付けた。

岩淵教授は「咸臨丸はオランダでも知名度が高いが、その歴史は不明点が多い。船体調査により沈没原因も分かるかもしれない」と期待する。

来年度は専門ダイバーによる潜水調査を検討している。木造の沈没船を発見した場合は、船体の一部をサンプルとして採集した上で木の年代、産地を特定し、咸臨丸かどうかを確かめる。
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511650175/続きを読む

1: 記憶たどり。 ★ 2017/11/25(土) 10:43:23.20 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000018-asahi-soci

150年前の大政奉還(1867年)の後、将軍を辞職した徳川慶喜(よしのぶ)とどう付き合うかに悩む西本願寺の様子を示す書状など、幕末・明治維新期の史料7点が浄土真宗本願寺派本願寺史料研究所(京都市下京区)の保管史料から新たに見つかった。研究所が24日、発表した。

見つかった史料の一つは、西本願寺が大坂の津村御坊(現・本願寺津村別院、大阪市中央区)との往復書簡をまとめた「大坂諸記」。西本願寺から津村御坊に宛てた慶応3年12月14日(1868年1月)付の書状控えでは、それまで西本願寺と親交のあった慶喜らに「とりあえず」「内々に」見舞いの品を贈るよう命じ、見舞いの手紙は「従来のように親しく交際するような趣旨とならぬように」と注意を促している。

大政奉還後、薩摩藩などの討幕派は新政府樹立を宣言。慶喜は京都・二条城から大坂城に下った。研究所によれば、西本願寺としては、慶喜と親しいと見られると立場を悪くする恐れがあった一方で、慶喜が勢力を回復する可能性もあり、友好的な関係を保つ必要もあった。「とりあえず」という表現には、元将軍となり立場が微妙になった慶喜を見る周囲の空気感が表れているという。

慶喜や幕府関係者への贈り物として選んだのは、鴨(かも)や「カステイラ(カステラ)」。
カステラは当時の贈答品として珍しく高級品というだけでなく、慶喜らの好みに西本願寺側が配慮した選択だった可能性があると研究所はみる。

慶喜はその後、大坂城から京都に進撃したが、鳥羽・伏見の戦いで新政府軍に敗れ、江戸に逃れた。


「大坂諸記」。「御内々」と朱書きされている=京都市下京区
20171125-00000018-asahi-000-view
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511574203/続きを読む

3: 名無しさん@涙目です。 2017/11/21(火) 22:40:13.16 ID:vhZGyEEl0
>>1 
第六潜水艇の遭難 
https://ja.wikipedia.org/wiki/第六潜水艇の遭難 
1910年(明治43年)4月15日、第六潜水艇は安全上の配慮から禁止されていたガソリン潜航実験の訓練などを行うため岩国を出航し、広島湾へ向かった。 
この訓練は、ガソリンエンジンの煙突を海面上に突き出して潜航運転するもので、原理としては現代のシュノーケルと同様であった。 
午前10時ごろから訓練を開始、10時45分ごろ、何らかの理由で煙突の長さ以上に艇体が潜航したために浸水が発生したが、閉鎖機構が故障しており、手動で 
閉鎖する間に17メートルの海底に着底した。佐久間大尉は母船「歴山丸」との申し合わせを無視しがちで、第六潜水艇は日ごろから申し合わせよりも長時間の 
潜航訓練を行っていたため、当初は浮上してこないことも異常と思われなかった。また、母艦の見張り員は、異常と報告して実際に異常がなかった場合、 
潜水艇長の佐久間大尉の怒りを買うのが怖くて報告しなかった、とも述べており、調査委員会はこの見張り員の責任を認めつつも、同情すべき点が多いとして 
処分していない。異常に気がついた後、歴山丸は呉在泊の艦船に遭難を報告。救難作業の結果、16日(17日)に引き揚げられ、内部調査が行われた。 
佐久間艇長以下、乗組員14人のうち12人が配置を守って死んでいた。残り2人は本来の部署にはいなかったが、2人がいたところはガソリンパイプの破損場所であり、
最後まで破損の修理に尽力していたことがわかった。歴山丸の艦長は、安全面の不安からガソリン潜航をはっきりと禁止しており、また佐久間大尉もガソリン潜航の 
実施を母船に連絡していなかった[2]。歴山丸の艦長は事故調査委員会において、佐久間大尉が過度に煙突の自動閉鎖機構を信頼していたことと、禁令無視が事故を 
招いたのだと述べている。また、事故調査委員会では、潜航深度10フィートと言う、シュノーケルの長さよりも深い潜航深度の命令があったと記録されているが、 
実際にそのような命令ミスがあったのか(このようなミスは考えにくい)、記録上のミスなのかは不明。
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1511271550/
続きを読む

↑このページのトップヘ