(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。歴史関係のスレ(ほぼなんj)をまとめています。良かったらご覧ください。

2017年11月

1: プティフランスパン ★ 2017/11/18(土) 12:23:00.55 ID:CAP_USER9
最古の飼い犬の壁画か 狩りを手伝う姿、サウジで発見
小堀龍之2017年11月18日11時27分
http://www.asahi.com/articles/ASKCK74VSKCKULBJ01G.html?iref=sptop_8_02

AS20171118000764_comm

丸い尾やとがった耳など、壁画の犬(下)は現在の飼い犬(上)とそっくりだった(研究チームのMaria Guagnin氏提供、飼い犬の写真はAlexandra Baranova氏提供)

 サウジアラビアの砂漠地帯で、岩肌に刻まれた犬の絵が見つかった。首にひもをつけられ、狩りを手助けする姿が描かれていた。8千~9千年前に彫られたとみられ、世界最古の飼い犬の壁画の可能性がある。ドイツの研究チームが16日付の専門誌に論文を発表した。
 マックス・プランク研究所のチームが、世界遺産に登録されているサウジアラビア北部の壁画「ハーイル地方の岩絵」を調べた。見つかった犬は少なくとも349匹。丸まった尾、とがった耳、短い鼻など現在の「カナーン・ドッグ」という犬に似た特徴を持ち、狩人と一緒に描かれていた。

 ガゼルやアイベックスなどの動物を追い立てる犬の群れや、首にひもをつけられ、人に引かれる犬も複数見つかった。人と一緒に大きなライオンに立ち向かう壁画もあった。
 犬は「最古の家畜」といわれ、古代から人と暮らしていたことがわかっている。犬の絵の歴史も古く、論文によれば、約8千年前にイランの陶器に描かれた姿が最も古いとされてきた。
 研究チームは「この壁画は、人が古くから飼い犬を使ってきたことをはっきり示している」としている。
 論文は雑誌のサイト(https://doi.org/10.1016/j.jaa.2017.10.003別ウインドウで開きます)で読める。(小堀龍之)
 ?
ライオンに立ち向かう2匹の犬と狩人の様子が描かれた壁画。見やすく加工されたもの(上)と加工前(下)=研究チームのMaria Guagnin氏提供
AS20171118000758_comm

犬が刻まれた壁画(人や犬が目立つよう加工されたもの)。右側の2匹、中央の1匹は首にひもをつけられている=研究チームのMaria Guagnin氏提供
AS20171118000760_comm
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510975380/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し 2017/11/20(月) 19:59:46.74 ID:o0jCr/d20HAPPY
フランスのルイ14世(LouisXIV)が使用していた木製の便器付き王座の複製品は、にぎやかなニューデリーでも目立たない場所にある同博物館の展示物の一つ。

学芸員によると、ルイ14世は便秘に悩まされ、時間節約のために排便しながら面会などに応じていた。

ttp://www.afpbb.com/articles/-/3151582
img_5782991af21968f2a8e08cd89b33f96d194789
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1511175586/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

k3UtZ-azUJ

1: 風吹けば名無し 2017/11/21(火) 11:27:57.35 ID:/BW0hnUs0
韓国ネットが選んだアジアの5大名将、日本から1人、中国から2人、1位は韓国の名将―中国メディア

 2017年11月20日、中国のポータルサイト・網易に、韓国のネットユーザーが選んだとするアジアの5大名将について紹介する記事が掲載された。

 韓国人が選んだというアジアの5大名将の第5位は「徳川家康」だ。

戦国時代後期に生まれた徳川家康は、安土桃山時代から江戸時代にかけての名将で、江戸幕府の初代征夷大将軍だと紹介。
江戸幕府はその後260年日本を統治し、日本の歴史上第一の名将だとした。

http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1511231277/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: ばーど ★ 2017/11/22(水) 01:43:29.26 ID:CAP_USER9
上越市教育委員会の野澤朗教育長が2017年11月21日、記者会見し、上杉謙信の愛刀で国宝の「太刀無銘一文字(号 山鳥毛)」について、所有者との間で契約金額が折り合わず購入を断念すると発表した。上越市は専門家による評価額3億2000万円を購入費として予算計上していたが、所有者は交渉開始当初は10億円、最終的には5億円での売却を希望していたことなど交渉の経緯を明らかにした。

■「縁がなかった」 解釈に食い違い

市教委は太刀取得に向けて、市民説明会開催や約7350万円を集めた募金活動など市民の機運を高めてきた。今月8日に担当者が面会した際、所有者から「縁がなかった。終わりにする」と伝えられ、交渉は決裂した。

市教委が評価額3億2000万円を契約額の上限としていたのに対して、所有者は評価額をベースに上乗せが可能と考えていたとみられ、こうした解釈の食い違いが交渉決裂の原因となったという。野澤教育長は「市民の大きな期待と思いを頂いた中、購入の約束を果たすことができず大変申し訳ない」と述べた。

記者会見では時系列でのやり取りなど交渉の経緯をまとめた資料が配布された
39


■発端は2015年6月 当初は10億円

太刀は個人所有で岡山県立博物館に寄託されている。事の発端は、2015年6月に新潟県立歴史博物館を通じて寄せられた、所有者が上越市に譲渡する意向があるとの情報。これを受けて同9月に市教委の担当者が所有者と初めて面会。最初に提示された金額は10億円だった。

■評価額3億2000万円で同意?

その後、翌2016年6月には所有者から「最低価格3億円以上、市の予算と寄付金でできる限り10億円に近づけたい」とのメールがあり、翌日に市教委は専門家による鑑定額が3億2000万円となったことを伝えた。これを受けて所有者は同月中に予定対価3億2000万円、譲渡先を上越市として文化庁に国宝の売渡申出書を提出した。市教委は翌7月に面会し、予算議決などの購入までの手続きを説明。その際には契約金額については同意を得たと考え進めてきたという。

■仮契約は?

仮契約については「行政の契約では予算の裏付けのない契約書は発行できない」(野澤教育長)として行っていないが、市として意思表示するため2016年12月に仮契約書の「草案」という形で送付している。

■予算審議中に増額要求

その後、今年3月2日に面会した際には入金先口座や刀剣の輸送方法などを確認している。しかしその直後、市議会での購入の予算案が審議されていたさなかの3月8日、所有者は5億円での買い取りをメールで求めてきたという。「どうしたのだろうと正直驚いたが、もう一度説得すれば大丈夫だと判断した」(野澤教育長)として、増額の要求は議会に伝えず、市議会は3月24日に予算を議決した。その後も所有者は増額を求め続け、最終的に今月8日に市教委の担当者が面会した際に、交渉決裂が確定的となった。

■寄付金は返還へ

集まった7350万円の募金のうち、ふるさと納税や一般の寄付金合計約2350人分については、年度末までに返還する予定。このうち募金箱に入れられた匿名の寄付は約53万円あり、返還できないことから市の収入になる。

配信2017年11月21日 (火) 18:25
上越タウンジャーナル
https://www.joetsutj.com/articles/36097938

関連スレ
【文化】上杉謙信の愛刀「太刀 無銘一文字」の購入断念 所有者と価格折り合わず 新潟・上越市
https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511041042/
【新潟】上越市が国宝の太刀「山鳥毛」購入断念へ 購入金額(3億2千万円)折り合わず 募金7千万円
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510992052/
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511282609/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: ごまカンパチ ★ 2017/11/20(月) 20:25:30.64 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000000-kyt-l26
 京都市左京区の山林で、平安時代前期とみられる建物2棟の遺構が17日までに確認された。
周辺では、平安時代中期-室町時代の山岳寺院、如意寺跡が見つかっている。
今回の建物跡は、如意寺の境内を描いた古絵図と一致せず、平安時代前期以前にあったとされる幻の 「檜尾古寺」の可能性があるという。

 調査地は、大文字山(如意ケ嶽)の南約250メートルに位置する尾根の南向き斜面。
昨冬、シカが広範囲に草を食べたことで複数の礎石が見つかった。
元京都市考古資料館長で京都女子大非常勤講師の梶川敏夫さんと同大学考古学研究会の学生が8月に測量・調査した。

 尾根の一部を削り、2段の平たん地が造成されていた。それぞれの礎石の配置から、上段に東西15メートル、南北2・7メートル、下段の東部に東西14・4メートル、南北8・1メートルの建物があったとみられる。

 現場は1985年以降の継続的な調査で、園城寺(三井寺、大津市)の別院如意寺の大慈院跡と推定されていた。
ところが、確認された地形と建物の配置は、室町時代前期の「園城寺境内古図」(重要文化財)で描かれた、一つの大きな平たん地に多くの建物が密集する大慈院の様子と大きく異なっていた。

 今回の調査では、平安時代前期の9世紀の土器や瓦ばかりが見つかった。
調査地南部の山中では平安時代前期の安祥寺上寺跡の遺構が見つかっている。
同寺創建に携わった僧の恵運(798~869年)が記した「安祥寺資財帳」には、寺域の北側が「檜尾古寺所」だとある。
梶川さんは「今回の建物跡は、9世紀前半以前に設けられた檜尾古寺に関連する遺構ではないか」と指摘している。
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511177130/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: プティフランスパン ★ 2017/11/21(火) 10:14:54.15 ID:CAP_USER9
湖底に沈む“3000年前の城”発見か
2017/11/21 08:21
http://www.narinari.com/smart/news/2017/11/46735/
20171121006


トルコ東部にある湖の底で、およそ3000年前のものと思われる城の遺跡が発見されたという。

研究者たちと水中写真家がヴァン湖で調査を行っていたところ、湖底にウラルトゥ王国の時代に建てられたとみられる、鉄のゲートの遺跡を発見した。

地元知事によると、ウラルトゥ王国の一部とみられる遺跡に対して調査を行った結果、それはおよそ3000年前のものであることがわかったというが、
発見者の1人である写真家は、湖付近には多くの文明や生活が存在したとした上で、その遺跡の歴史を知るには今後もかなりの研究を要するとしている。

動画
https://youtu.be/9KYKxxxsVrU

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511226894/
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1511185272/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: プティフランスパン ★ 2017/11/20(月) 22:08:39.39 ID:CAP_USER9
昭和天皇「回想録」米でオークション出品へ 査定額は…
2017年11月20日21時20分
http://www.asahi.com/sp/articles/ASKCN6SNMKCNUTIL04W.html?iref=sptop_8_04
AS20171120005012_comm

昭和天皇の回想録とされる文書の競売予告を掲載するオークションサイトBonhamsのページ

 昭和天皇が戦後、側近に語った内容を記録した回想録とされる文書が、12月6日に米ニューヨークで開催されるオークションに出品されることがわかった。
競売サイト「Bonhams」が発表した。
文書は、1990年に「昭和天皇独白録」として月刊誌「文芸春秋」誌上で公表されたものの原文だとしている。

 「昭和天皇独白録」は宮内省御用掛だった元外交官・寺崎英成氏により記録された昭和天皇の回想録。
太平洋戦争の開戦や敗戦の原因、日本に無条件降伏を求めるポツダム宣言受諾の経緯などに言及した内容だ。

 運営側の発表によると、出品されるのは、もともと寺崎家で保管されていた文書で、全173ページ。査定価格は10万~15万ドル(日本円で約1100万~1700万円)としている。
(多田晃子、中田絢子、北野隆一)
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511183319/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し 2017/11/20(月) 04:30:06.26 ID:hMP5ORTp0HAPPY
ハイパーインフレの結果
女性の平均寿命62歳→34歳
失業率80%
国民の5人に1人がHIV感染
子供の4人に1人が孤児

当のムガベ大統領は120万ドルかけた誕生日パーティーを開いたりしている模様
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1511119806/
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511178334/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ