(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。歴史関係のスレ(ほぼなんj)をまとめています。良かったらご覧ください。

カテゴリ:世界史 > イスラーム世界通史スレ

248: 名無しの司馬遷 2014/07/28(月)22:58:15 ID:iq5GEPu2z
ムハンマド・アリーがエジプト総督に就任したころ、オスマン帝国本国では、
セリム3世の改革に対する不満がますます広がっていた。


セリム3世が新設した西洋式軍隊は「ニザーム・ジェディード」と呼ばれる。
トルコ語で「新制軍」。まあ芸のない命名ではある。

1805年、セリム3世はニザーム・ジェディードを増員するため、バルカン半島各地で兵士を集めることを発表した。
これを聞いて色めき立ったのはバルカン地方のアーヤーン、例の徴税請負人から進化した「ご領主様」たちである。

貴重な領地の人手が訳のわからん新制軍とやらに持ってかれる。
いや、よく考えてみれば皇帝直属の軍が強くなったら、自分たちが抱えている領地も取り上げられちまうんじゃね?

というわけでアーヤーンたちは皇帝を脅迫した。

「陛下、つまらん真似をなさったら我々みんなでイスタンブルに押しかけますぜ」

というわけで、バルカン半島での兵士徴募は中止。皇帝は脅迫に屈した。


この一件で、セリム3世もニザーム・ジェディットも舐められた。
まもなくイスタンブルの郊外で、イェニチェリ兵士がニザーム・ジェディットの将校を殺害する事件が起きる。
腰が引けた皇帝はニザーム・ジェディットに兵舎に引き上げるように命じたが、
ビビるどころか勢いづいたイェニチェリはそのままイスタンブルに進撃開始。こりゃもう反乱である。

セリム3世は完全降伏のていでニザーム・ジェディット解散を宣言したが、今更その程度で事は終わらない。

ここで、イスラーム法学者たちの最高権威である「シェイヒュル・イスラーム」が登場する。
要は最高裁長官みたいなものである。

「皇帝セリムの改革はことごとくイスラーム法に違反する。皇帝は廃位されるべし」


これで決着がついた。

セリム3世は帝位から引きずりおろされ、改革はすべてご破算。
ニザーム・ジェディットは解散し、各国の大使館も閉鎖される。
セリム3世の支持者たちはブルガリアの改革派アーヤーン、「アレムダール・パシャ」のもとに集まり、皇帝救出のために出陣した。
しかしイェニチェリたちはこれを知ると救出軍が到着する直前に、哀れ廃帝セリムを殺害してしまった。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

230: 名無しの司馬遷 2014/07/27(日)21:42:42 ID:x0dRjz4tl
墺土戦争とアフシャール戦役で連敗して以後、長らくヒキコモリ主義を優先してきたオスマン帝国は、1768年に久しぶりに本格戦争に巻き込まれる。
運悪く、黒海北方のポーランド領ウクライナで起こった民衆反乱に巻き込まれたのであった。

ピョートル大帝から半世紀以上を経て、ロシアは女帝エカチェリーナ2世の時代になっていた。
衰亡期に入ったオスマン帝国軍は黒海西岸を順当に敗走し続けた。
no title
1768年に「キュチュク・カイナルジ条約」という例のごとく発音困難な条約が締結された。
その結果、長らくオスマンの従属国だった黒海北岸のイスラーム国家、クリミア・ハン国が独立もといロシアの属国化。
そしてワラキア・モルダビア二国もロシアの保護領となった結果、オスマン帝国は現在のルーマニア全土を喪失し、ドナウ川以北がすべてロシアの影響圏となった。

ちなみにクリミア・ハン国というのは、14世紀に分裂解体したジュチ・ウルスの最後の名残にあたる。
首都はクリミア半島南部のバフチサライ。
狭隘な地峡で本土ウクライナと隔てられたクリミア半島は、守るに易く攻めるに難い。
イヴァン雷帝の頃までは、クリミア・ハン国の騎兵はしばしば北上してロシアの町々を急襲し、
時に首都モスクワをすら焼き払ったものだった。

その後もクリミア・ハン国は南の海の向こうにあるオスマン帝国による無言の支援を受けて
北のかたロシアに降ることなく、ロシアはクリミア騎兵の脅威を恐れて、長らく「ハンへの貢納」をすら続けていた。

オスマン帝国の庇護を失ったクリミア・ハン国はわずか9年後、ロシアに強制的に併合される。
自国を奪われたクリミア最後のハンは遠くエーゲ海の岸辺で生涯を終え、チンギス・ハン直系子孫の王国は地上から永遠に消滅することとなる。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

185: 名無しの司馬遷 2014/07/24(木)23:00:54 ID:l8fMFQMDZ
大団円まではまだ遠そうだ(来るとは言ってない)

186: 名無しの司馬遷 2014/07/24(木)23:13:38 ID:1eNn3de5Z
大きく過去へさかのぼる。


近代ヨーロッパの世界制覇が開始されるよりもはるか昔から、
ユーラシア大陸の南に広がるインド洋は交易の海だった。
そもそもイスラームが生まれたアラビア半島もインド洋交易圏の一端に位置し、
預言者ムハンマド自身も元は交易商人であった。

ゆえにイスラームは富の追求も異邦への旅も大いに奨励する。

西暦8世紀、アッバース朝イスラーム帝国が西ユーラシアの大統一を達成した頃から
アラブやペルシアの商人たちが盛んに海に乗り出した。
彼らのある者はアフリカ大陸東岸を南下し、ある者は南インドへ、さらにその東へと向かった。

10世紀末に成立した「シナ・インド物語」は、中近東から南シナ海に至る旅程を詳細に記述する。
東へ向かう航路は南インドのいくつもの港を経由し、東南アジアの島々の間を抜けて、
ついには中華帝国の不動の外港、広州港に到達する。

「シーン」は絹と陶磁器の故国にして、世界で最も富裕な帝国。
「カーンフー」は東の富が蝟集するところ。

唐末には広州に20万人のアラブ商人が居住し、唐王朝の滅亡後に広東を支配した南漢国も
そんなアラブの商人たちの血をどこかで交えているという説もある。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

166: 名無しの司馬遷 2014/07/23(水)22:40:47 ID:vyntEzX1B
さてプルート川でピョートル大帝を撃退し、カール12世をポイ捨てした後のオスマン帝国である。

オスマン帝国としては近頃不気味に力を増しつつある西の異教徒どもに積極的に関わる気はなかったのだが、
ロシア撃退でそこそこの自信も回復してきたので、地中海でうろちょろするヴェネツィア共和国に対して大国の威厳というものを軽く教育してくれようという気になった。

ところがヴェネツィアとの小戦は、油断なくオスマン帝国の動向を見張っていた列強の警戒心を刺激したらしく、再びハプスブルク朝オーストリアとの全面対決となってしまった。

この戦争において、オスマン帝国はとある敵将に無双乱舞を食らわされ、いたるところで敗走する。
その敵将の名は「プリンツ・オイゲン」。
no title
フランスの太陽王ルイ14世の落胤とも噂される不世出の名将であり、そういえば去る大トルコ戦争でもハンガリーのゼンタで3万人ものトルコ兵を川に追い詰めて溺死された天敵であった。
今度の戦争ではオイゲンがオーストリア軍の総司令官となり、大宰相を敗死させ、ベオグラードを陥落させた。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

148: 名無しの司馬遷 2014/07/22(火)22:34:25 ID:l6OgZMbRm
イスラーム世界の三代帝国が斜陽を迎えるころ、広大なユーラシア大陸の北半に巨大な帝国が誕生しつつあった。
北方の巨人、ロシア。
この帝国の動向は、これより以降のイスラーム世界を語るうえで不可欠となる。

ことの起こりは13世紀中葉、中央ユーラシアをモンゴル帝国の覇権が覆ったこと。

「魔王」チンギス・ハンの孫バトゥはアラル海よりカスピ海、そして黒海北方に続く
カザフステップとウクライナの草原を征服し、その北に広がる暗い森林に兵を進めた。

そこには当時、ビザンツ帝国の影響のもとでキリスト教の東方正教を奉じ、
「ルーシ」と総称される国々があった。

ルーシ諸国はバトゥの猛襲の前に相次いで屈服し、その後長らくバトゥの子孫たちに従属する。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

118: 名無しの司馬遷 2014/07/21(月)20:07:50 ID:sHNWsPuFe
イベリア半島を統一したスペインは、同じ年のうちにまったく未知の広大な世界への足掛かりを気づいた。

クリストバル・コロンという甚だ胡散臭い詐欺師のような風体の男が、
歴史的大勝利に浮かれるイサベル女王を煽ててうまいこと資金を引き出し、
「西の海を越えていくとアジアに到達する」という自分だけしか信じていないような妄想を実現すべく船員たちのクーデターをもものともせずに強引に世界の果てに向かって航海した結果、
なんと世界の果ての向こう側に広大な未知の大地があることが判明したのだ。

象徴的でもある。
それまで「世界史」はユーラシア大陸を中心に動いていた。
これからは大洋こそが世界史の軸になる。
であれば、大陸中央部を占めるイスラーム世界から、大洋の岸辺に位置するヨーロッパに
歴史の主導権が移っていくのも当然だったのかもしれない。

さらにスペインは二世代にわたる婚姻政策の結果、イタリア半島を押さえ、
さらにドイツの神聖ローマ帝国と同族化する。

「ハプスブルク帝国」の誕生である。

イベリアからイタリアに及ぶ領土を得たハプスブルク朝スペイン帝国は、
必然的に地中海の残る領域を支配するオスマン帝国にとって最大の敵対者となる。

その形成が完成したのはスレイマン大帝の頃だった。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

95: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)20:00:59 ID:dkU8dQkVy
最初に細かく書きすぎると、途中で濃度を薄められないのが問題で、
実は近代はそこまで詳しくないという

さて、オスマン帝国の続き。

セリム1世の後を継いだのはスレイマン1世。後の世では大帝と讃えられる。
といって、彼が何をしたかというのはちょっと難しい。
no title
法典を整備して、十数回遠征したけど、ハンガリー征服以外はセリム以上に目立って領土を広げたわけではない。
地図上では彼の時代にオスマン帝国領は北アフリカをアルジェリアまで大拡大しているんだけど、これは、このあたりの豪族や海賊が自分から帰順してきただけであり。

スレイマン大帝の事業でいちばん有名なのは第一次ウィーン遠征。
オスマン帝国はハンガリー征服後、中央ヨーロッパの大国ハプスブルク帝国と接触した。
その首都であり、西ヨーロッパの入り口というべき要衝、オーストリアのウィーンは
オスマン帝国の人々にとって「赤い林檎の国」といわれる憧れの場所だった。

なんで赤い林檎なのかは知らん。

スレイマンはウィーンを包囲するも、イスタンブルからここまで来るのに時間がかかりすぎ、
冬が迫ったので雪が降る前に撤退。
オスマン帝国の拡大の限界となった。

それとは別にスレイマンは艦隊をフランスのマルセイユや東南アジアのスマトラまで派遣したり、
中央アジアのブハラに援軍を送ったり、ドイツの宗教改革運動に介入したりしている。

スレイマンが何をしたのかというのは難しいけど、彼の時代のオスマンがまさに全盛期で、
その影響力がユーラシア大陸の多くの地域まで及んだのは間違いない。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

83: 名無しの司馬遷 2014/07/20(日)17:23:48 ID:dkU8dQkVy
no title
メフメト2世は「征服王」と言われるが、実際そこまで戦争がうまかったわけではない。
東ヨーロッパでの勢力拡大には苦労し、モルダビアやワラキア、アルバニアといった小国に最後まで抵抗された。
ちなみに現在のルーマニア南部にあたるワラキア公国を支配していたブラド3世は
オスマン軍の捕虜たちを串刺しにして侵入するオスマン軍を動揺させ、夜襲をかけてメフメト2世の天幕に肉薄した。

のちの「ドラキュラ公」のモデルである。
no title
以上余談。

真に「征服王」というのにふさわしいのは、メフメトの孫のセリム1世だろう。
彼は東のペルシアを破り、シリア・エジプトを征服し、三大陸に広がるオスマン帝国を確立したのだ。
ダウンロード (11)
ところでその前に、ティムール帝国崩壊後のペルシア(イラン高原)の情勢を見ておきたい。

イラン高原ではティムール帝国崩壊後、群雄角逐の中で「白羊朝」と「黒羊朝」という二大勢力が台頭していた。
どちらもアゼルバイジャンあたりの遊牧部族で、もちろんイスラームを信じてはいたものの、
昔ながらのシャーマニズムの影響も残っていたのか、白い羊や黒い羊を自部族の象徴としていたらしい。

白羊朝のもとで盛んに蠢動する不穏な教団組織があった。
サフィー・アッディーン・ユースフという修行者が創始したこの教団をサファヴィー教団という。

たびたび白羊朝に弾圧を受けながらも勢力を蓄え、ときに白羊朝と協調して王女を教主の妻に迎えることもあった。

白羊朝が衰えた1499年、わずか12歳だった教主イスマーイールは各地の教徒に檄文を発した。
「今こそ我らの時がきた。決起せよ! 地上の楽園を実現せん!」

天才少年である。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ