(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。日本史世界史などの歴史板からまとめています。他にもなんj、vipから歴史関係のスレをまとめています。 良かったらご覧ください。

カテゴリ: 戦国

4f5dd9bf22bafdf6fc90acc7e6ddad3d_400
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/19(土) 13:22:39.14 ID:BwuRRfm80
無事キチゲを抑えられなかった模様
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1503116559/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

mig (1)
1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/08/21(月) 18:55:26.97 ID:CAP_USER9
放火しか考えていない(豊臣秀頼方の)悪党が京に多くいる-。大坂夏の陣直前の洛中の状況を克明に記した記述が、当時、京都にいたオランダ東インド会社商務員の書簡で確認された。国際日本文化研究センター(京都市西京区)のフレデリック・クレインス准教授が和訳した。二条室町の商人宅に滞在中だった商務員が書いており、「町衆に近い目線で記した貴重な資料」という。

■日文研准教授「町衆に近い記述」

 書簡はグレゴリオ暦(太陽暦)1615年5月28日(和歴5月1日)付で長崎の平戸商館長宛て。オランダのハーグ国立文書館に現存している。明治期に刊行が始まった日本史資料集「大日本史料」(東京大史料編纂(さん)所編)に一部が和訳されているが、今回初めて全文訳が判明した。

 駿府記など古記録によると、当時、徳川方の大名・古田織部に仕えた木村宗喜が豊臣方と内通。二条城にいた家康が大坂に出陣後、京都に忍ばせた者たちに京中に放火させ、家康の退路を断とうと画策した。「土御門泰重卿記」は「大坂ヨリ火付三百人京都ニカクレ」と記す。だが、計画は露見し、木村宗喜ら数十人が捕らえられたという。

 商務員の書簡では当時の状況を<一人でいると、どんな災いに遭遇するか分からない。現在、当地(京都)に多くの悪党や盗賊がおり、毎日捕まっている><彼らは京都の町に放火することしか考えていない>などと記していた。

 その半月前の5月10日(和歴4月13日)付書簡では<京都の人々は(豊臣方による)焼き打ちを恐れ、多くの荷物を安全な場所に持ち去った>としつつも<毎日、多くの(徳川方の)大名や兵士が京都に到着している>ことで<焼き打ちに遭う恐れがなくなっている>と記述。人々が安堵(あんど)していた様子がうかがえるが、内通者による放火は想定外だったようだ。クレインス准教授は「当時の記録は武士や公家のものが多い。町衆に近い記述は意義深い」と話す。

・オランダ東インド会社 東洋進出を目指し、オランダが1602年に設立した貿易会社。ジャワ島のバタビア(現ジャカルタ)を拠点に香辛料などの貿易を進めた。日本では09年に江戸幕府から貿易の許可を受けて平戸に商館を開いた。18世紀に入ると利益が減り、1799年に解散した。

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20170821000078
【 2017年08月21日 15時00分 】京都新聞
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503309326/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2a4e03e7
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/15(火) 18:58:31.96 ID:buxIkxvVd
お前全然だめじゃん、7か国の与力集めて5年間かけて結局お前、なんも出来なかったじゃん
秀吉や光秀あんなに手柄建ててるのにここずっと手柄立ててないよな?
できないのはしょうがないよ、でも出来ないなら俺に相談するなりなんなり出来るだろ?それなのに何もしないで包囲してただけじゃん
しかも与力を酷使して自分の直臣なんか全く増えてないだろ?
あ、そうだ、水野信元の領地お前にやったらそこの連中みんな追放したろ?あいつらすげー強くて見込みあったんだぞ
岡山某って水野の組頭なんか妹が遊女にまでなって露頭に迷ってたのを勝三(鬼武蔵)に召し抱えられたらもう兜首3つで俺は感状書いたくらいだ
あ、感状といえばお前、俺からこの17年間で一度も感状貰ってないだろ?真面目にやってたんか?本当に
光秀や秀吉見ろよ、俺は感状何枚書いたかわからんくらい書いてるぞ、お前どうなってるんだよ?
お前は確かにもう隠居考える時期かもしれんけどお前よりも年取ってる権六なんかすげー頑張ってるぞ
そういえばお前の跡取りの信栄な、本当に評判悪いぞ、あいつに跡継がすのか?俺の直臣でもある与力に横柄な態度とるとかおかしいだろ
権六なんか跡取りの話もせずに権六頑張ってるぞ。いや、たまには負けるけどな。加賀でそういえば最近も負けたな、権六
でも権六は頑張ってるぞ、勝ち負けじゃないんだよ、勝ち負けじゃ、やる気なんだよやる気、お前はやる気が感じられないし
とにかく今のままじゃ話にならん
信盛よ、こうなったら大手柄立てるか、切腹して詫びるか、改易されてどっかに逃げるか、3つに1つだぞ、よく考えろや
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1502791111/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: アザラシ伍長 ★ 2017/08/13(日) 09:13:46.88 ID:CAP_USER9 BE:163221131-PLT(44444)
真田昌幸、九度山からの書状原本見つかる

IP170811TAN000117000
真田昌幸が配流先の九度山から家臣宛てに出した書状の原本

 1600(慶長5)年の関ケ原合戦後、信州上田から九度山(和歌山県)に配流された戦国武将真田信繁(幸村)の父昌幸が、嫡男信之の家老木村綱茂宛てに出した書状の原本が、約100年ぶりに見つかった。
手紙などを送ってくれた国元の家族にお礼を伝えるよう求めている。慶応大非常勤講師の丸島和洋さん(39)=日本中世史=が11日、名古屋市内で鑑定し、原本と確認した。墨の濃淡などから「昌幸自筆の書状の可能性がある」としている。

 書状は今年7月、三重県内の収集家男性が古書店で購入し、NHK大河ドラマ「真田丸」の時代考証を担当した丸島さんに鑑定を依頼した。

 戦国武将の書状は「右筆(ゆうひつ)」と呼ばれる秘書役が代筆し、本人は最後に花押を記すのが一般的。丸島さんは、この書状の墨の濃淡や筆勢などから「本文から花押まで同一人物が一気に書いたように見える」という。筆に墨を補充するタイミングが悪く、「右筆が書いたにしては(文字が)頼りない」と指摘する。

 内容は「御料人よりたびたびお手紙をいただき、うれしく思っています」「こちらでは珍しい鮭の子を送っていただきました。おいしくいただきました」などとつづられている。書かれたのは配流翌年の1601年。丸島さんは「かなりの頻度で九度山に手紙が送られていた。家族のつながりの強さが伝わる」と話す。書状の「御料人」は、信之の妻小松殿とするのが定説だったが、昌幸の孫娘とする説もあるという。

 丸島さんによると、今回見つかった原本は、明治時代の実業家、岡本貞烋(1853~1914年)が所蔵し、1904(明治37)年に帝国大学文科大学史料編纂掛(現・東京大史料編纂所)が書写を作った。岡本の没後は行方不明だった。書状の内容は、県内の歴史文書をまとめた「信濃史料」に収められている。

 丸島さんと共に「真田丸」の時代考証を担当した歴史学者の平山優さん(53)も11日、この書状を確認。昌幸自筆の可能性が高い―とし、「筆遣いが弱く、昌幸の老いが感じられる」と話した。

信濃毎日新聞 8月12日

http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170812/KT170811FTI090011000.php
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502583226/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

img27_miyosi
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 06:44:00.27 ID:dDOEDRKG0
三好義賢、安宅冬康、十河一存に三好三人衆と
天下の梟雄松永久秀を従え目指すは天下人!

なお畿内情勢は難しすぎて視聴者は理解できない模様
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1500673440/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

img_1_m
1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/26(水)19:22:00 ID:XVJ
あんまいなそうだがw
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

o0800060013702327982
1: 名無しさん@涙目です。(茸)@\(^o^)/ [DE] 2017/07/28(金) 18:38:19.62 ID:wtPdrxeU0 BE:155743237-PLT(12000) ポイント特典
信長・秀吉と伊勢神宮の関係、幕藩体制の盛衰など分析 三重県史・通史編「近世1」完成
2017.7.28 09:10

今回発行された通史編「近世1」は、織田信長が初めて伊勢に侵攻してきた1560年代から中世の社会秩序の解体、幕藩体制の確立、幕末までを編集。織田勢と県内勢力との戦いや幕藩体制の盛衰を記した。特に三重は津、久居、鳥羽など多くの藩があり、支配の違いや、信長をはじめ、豊臣秀吉や徳川家康が伊勢神宮とどうかかわったかなどを分析している。

資料編「中世3(上)」は、県外の博物館などが所蔵している1100~1600年代の約1500点の文献資料を編集。足利家や北畠家、各時代の皇族や公家の古文書を整理した。
特に千葉県の国立歴史民俗博物館が所蔵している国重文の文書で、広橋兼仲が伊勢神宮の祭主の使いから受けた手紙などがすべて文書化された。

県は各1千部を印刷、県内の図書館や学校などに配布した。今後の発行について、
県史編さん室は「『近現代2』など、三重の歴史を語る上で重要な時代を編さんし、県史を完成させたい」としている。

http://www.sankei.com/west/news/170728/wst1707280032-n1.html
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1501234699/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/15(土)14:48:01 ID:vRv
最高指揮官のくせに戦場で死ぬアンポンタンはお歯黒蹴鞠で十分や
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ