(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。日本史世界史などの歴史板からまとめています。他にもなんj、vipから歴史関係のスレをまとめています。 良かったらご覧ください。

カテゴリ: 戦国

0lbwy2V
1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/15(月)20:29:38 ID:EaD
キチガイ並みの強さやんwwwww
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: ばーど ★ 2017/05/16(火) 14:59:36.93 ID:CAP_USER9
群馬、長野県境の碓氷峠(安中市松井田町峠)で、戦国時代末期のものとみられる城跡が見つかったと、群馬県教委文化財保護課の飯森康広さん(55)が発表した。
1590(天正18)年の豊臣秀吉による小田原征伐の際、前田利家、上杉景勝、真田昌幸らによる連合軍「北国勢」が、北条氏側の支城が割拠する関東に侵攻する足がかりのための陣地(陣城)として急造した可能性が高いという。
飯森さんは「当時の碓氷峠の戦略的重要性を物語る城跡」と説明している。【吉田勝】

城跡は、碓氷峠頂上(標高約1200メートル)から旧中山道を群馬側に下って約250メートルの地点にあり、長さ約200メートル、幅約100メートルの楕円(だえん)形(広さ約2ヘクタール)。
長野県軽井沢町教委の遠藤丘(たかし)さん(49)が2015年12月、旧中山道の道筋調査中に発見。

群馬側であるため、遠藤さんから情報提供を受けた飯森さんが個人で独自調査を進めた後、今年4月から、日本の城の成り立ちや変遷に詳しい江戸東京博物館の斎藤慎一学芸員と現地調査していた。

調査の結果、空堀や土塁跡のほか、「枡形虎口」という戦国末期に出現した防御に強い出入り施設や東斜面には六つの「竪堀」など成熟した築城技術が垣間見えることから、
北国勢が松井田城攻めをした際の1590年3月ごろに造った陣城であると結論付けた。
飯森さんは「日常的な支配の拠点としての城なら、中心となる主郭がもっと高く造られているのに、高低差がわずか。緊急に築城されたとみられる」としている。

江戸時代・天保年間にまとめられた真田家の正史には「碓氷峠合戦」と題して、真田方がこの城跡から約4キロ群馬側に下った場所で、
松井田城の守将、大道寺政繁の手勢と小合戦を繰り広げたとの記述もあり、北国勢の攻撃拠点だったとみられる。
真田昌幸が石田三成らに戦況を伝える書状にも同様な記述があるという。

北国勢は約3万5000人、松井田城の守備兵はわずか1000騎だったが、豊臣軍の松井田城攻めは上野国(群馬県)での最激戦となったといわれる。
碓氷峠は道幅の狭い山道のため、大軍であっても数の利点を生かしきれない。

飯森さんは「北国勢は数にものを言わせて一気に攻め落としたイメージで伝えられているが、陣城を松井田城の手前十数キロ地点に設けたとしたら、セオリー通りの戦略で慎重に攻めたことがうかがえる」と解説する。
飯森さんは今後、旧中山道沿いに同様の城跡がないか調査を継続するという。

城跡内で最も高い約5メートルの盛り土がされている場所について説明する飯森康広さん(左手前)と遠藤丘さん(中央奥)=群馬県安中市松井田町峠で2017年5月12日
9
配信 5/16(火) 11:51配信

毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00000041-mai-soci
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494914376/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: のっぺらー ★ 2017/05/09(火) 21:47:23.80 ID:CAP_USER9
9日午後1時半ごろ、京都市中京区御池通河原町西入ル、旅館「ホテル本能寺」で、清掃業者の男性(47)から「2種類の洗剤を誤って混ぜ、ガスが発生した」と119番があった。
男性は目やのどに痛みを訴え、病院に搬送されたが軽症という。

中京署や市消防局によると、男性は7階倉庫で清掃の準備をしていた。
当時、宿泊客はおらず、従業員28人と職場体験中の中学生3人は避難して無事だった。

同旅館の中山博善統括総支配人(68)は「周辺の方々にご迷惑をお掛けして申し訳ない」と話した。

以下ソース:京都新聞 2017年05月09日 21時30分
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170509000157
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494334043/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

001_size6
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/05(金) 01:23:14.22 ID:n/88Cu6E0
①井伊直虎 1536? - 1582 現在32歳
戦国時代に限らず武家の当主ってのは会社の社長みたいなもん
現代でも女社長は珍しいこそあれ、いないわけではないので当時でも女性当主がいないわけではなかった(二階堂阿南や足利氏姫)

一般的に当主が死んで、跡継ぎが若い場合はその夫人が代行当主になるけど(井伊家の場合はマッマがしの)前当主の娘が当主になるのは珍しい
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1493914994/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

drifters006_mini
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/02(火) 22:00:10.32 ID:1RAxBwl70
伊達政宗 摺上原の戦い
真田信繁 大坂冬の陣
毛利元就 厳島の戦い


この辺りは確定だよな
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1493730010/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

CzipVchVIAACpfh
1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/31(火)15:36:51 ID:zMp
徳川四天王→わかる
賤ヶ岳七本槍→まあ、わかる

武田二十四将→多スギィ!!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: イセモル ★ 2017/04/28(金) 10:36:29.08 ID:CAP_USER9
■近江と越前、戦況詳しく

県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館(福井市安波賀町)は27日、織田信長に敵対した戦国武将の朝倉義景(1533~1573年)が、朝倉氏滅亡の約5カ月前に発した書状が見つかったと発表した。資料館は「慎重に情報収集を行い、出兵の機をうかがっていた様子がうかかがえる貴重な資料だ」としている。義景は出陣を渋り弱腰とされてきたが、従来とは異なる人物像が浮かび上がった。

書状は元亀4(1573)年3月12日付で、近江朽木荘(滋賀県高島市)を拠点とする武将、朽木元綱(くつきもとつな)(1549~1632年)宛てで、縦11センチ、横約37センチ。信長との関係が悪化した室町幕府最後の将軍、足利義昭の求めに応じ、義景自身が敦賀に向けて出陣したと伝えている。

元綱は元亀元(1570)年の合戦で織田信長の京都撤退(朽木越え)を助けたとされているが、書状には「道中の通行の安全を約束していただき、安心して敦賀へ出陣した」との内容がしたためられていた。同資料館は、元綱が朝倉軍の道中の安全を約束し、朝倉側は近江経由で義昭の出兵要請に応じようとしていたと分析している。朝倉軍は結局、戦局の変化で越前に引き返し、信長の軍勢に攻められ滅亡した。

http://www.sankei.com/smp/region/news/170428/rgn1704280026-s1.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 11:28:36.35 ID:ODVsebSc0
本願寺ってマ?
他の戦国大名何やっとんねん
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1492482516/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ