(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。歴史関係のスレ(ほぼなんj)をまとめています。良かったらご覧ください。

カテゴリ: 戦国

1: ガーディス ★ 2018/04/04(水) 18:53:37.12 ID:CAP_USER9
織田信長が今川義元の大軍への奇襲攻撃に成功し、戦国時代を変えるきっかけになったとされる「桶狭間の戦い」。大阪市内の武術家団体「日本甲冑合戦之会」が、それを2018年5月20日に愛知県内の清洲城で再現しようと準備を進めている。

一般からの申し込みも続々、当日は120人超に?

「信長の軍が使った6メートルぐらいある超長槍を使って、集団戦を再現するのは今回が初めてです。当時一般的に使われた4メートルぐらいの槍と戦って、どちらが有利か検証することになりますね」

日本甲冑合戦之会の横山雅始(まさし)代表(63)は、2018年4月3日のJタウンネットの取材に対し、こう意気込みを語った

日本甲冑合戦之会では、5年ほど前から全国各地で、「ガチ甲冑合戦」として戦国時代の戦いを再現する試みを行っている。17年6月には、三重県内で「桶狭間の戦い」を再現しようとしたが、あいにくの台風で本番が中止になってしまった。今回は、信長が出陣した清洲城に場所を移して、再チャレンジすることになった。

戦いに際して、一般からの参加者も公式サイト上で募っている。ケガをしてはいけないので、足元にロープを付けたりして行い、槍の穂先を叩き合い、押さえて防御壁にした楯を倒すことで勝敗を決める。顔や身体を叩いたり突いたりすることは禁じられているが、毎回身を乗り出した白熱の戦いになるそうだ。

5月10日の締め切りで募集したところ、申し込みが続々あり、当日の参加者は100人超になりそうだという。海外からの参加者も含めれば、120人を超える見通しだ。長槍隊に参加しなくても、甲冑を着けたいだけの人は、側近の近習隊として参加も可能だ。マイ甲冑での参加のほか、希望者には無料のレンタルもしている。参加も無料だ。

合戦の再現では、今川軍が歴史を覆すのか

当日は、日本甲冑合戦之会の武術家十数人も参加し、こちらはガチで戦う。一騎打ちといったハイライトシーンで戦いぶりを披露する予定だ。このほか、弓矢や鉄砲についても、扱い慣れた武術家たちが戦いを再現することにしている。

甲冑合戦は、見学も自由にすることができ、当日は1000人前後が来るのではないかという。5月19日に練習とリハーサルを行い、20日の本番は、1時間から1時間半ぐらいかけて、リアル「桶狭間の戦い」に挑む。

勝利した軍には、江戸時代の寛永通宝を全員にプレゼントする。寛永通宝は、1枚100~1万円ぐらいするといい、当日は、数百枚をまいて、見学者らも拾えるようにするそうだ。

合戦では、史実通り信長が勝つのか、それとも今川軍が歴史を覆すのか――。ツイッター上などでは、「なにこれ!w見学行きたい」「とても楽しそう」と関心を示す声が書き込まれている。横山雅始代表は、「ぜひ当時の雰囲気を味わって、歴史に触れてほしい。武将文化を伝えることができたら」と話している。

http://j-town.net/tokyo/news/localnews/258354.html?p=all
town20180404151116
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522835617/続きを読む

1: 孤高の旅人 ★ 2018/04/04(水) 17:15:50.53 ID:CAP_USER9
「大坂の陣」巨大陣図が見つかる 最古級・最大級
毎日新聞2018年4月4日 13時30分(最終更新 4月4日 16時18分)
https://mainichi.jp/articles/20180404/k00/00e/040/315000c

 徳川家康が豊臣家を滅ぼした大坂冬の陣(1614年)、夏の陣(15年)の詳細な陣形を記録した最古級、最大級の陣図が見つかった、と広島県立歴史博物館(福山市)が4日、発表した。大阪歴史博物館(大阪市中央区)は「主戦場だった城外の部隊配置まで詳しく示された陣図は過去に例がなく、戦いの様子を知る重要な史料といえる」としている。

 冬の陣図(4枚組み)は、中心の1枚(縦1.89メートル、横1.15メートル)に大坂城の本丸から茶臼山付近まで、3枚には城外で戦いに加わった大名などの配置が記録され、全体で2.5メートル四方の大きさ。
 夏の陣図は1枚(縦1.89メートル、横1.15メートル)で、冬の陣の中心図と対になる構成。
 冬の陣では、豊臣方が周辺に築いた多くのとりでが戦場となり、徳川方は更に後方にも部隊を配置したため、広範囲を描いた大型の陣図になったとみられる。堀が埋め立てられた後の夏の陣は、城周辺が戦場となり、陣図は城の中心図1枚に収まったと考えられる。
 大阪歴史博物館によると、描き方の特徴や記された地名から作製時期は江戸前期の17世紀後半と推定され、二つの戦いを描いた絵図としては最古。親藩または譜代大名のお抱え絵師「絵図方(えずかた)」が、幕府に提出する公式な記録として描いた可能性があるという。
 陣図には徳川方、豊臣方それぞれの武将の名が記されているが、家康ら徳川方の一部の武将の名は貼り付けられた付箋の裏側に記載されていた。この理由について、県立歴史博物館学芸課の久下実・主任学芸員は「家康らの名前を他の武将と同列に書くと失礼に当たると考えたのではないか」とみている。
 陣図は同県福山市出身の古地図収集家、守屋寿さん(東京都)が収集し、県立歴史博物館に寄託した1000点を超えるコレクションの一つで、博物館が調査していた。7~9月に一般公開される。【李英浩】
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522829750/続きを読む

1: ばーど ★ 2018/04/02(月) 20:17:56.73 ID:CAP_USER9
時は平成30年。滋賀県大津市にある比叡山延暦寺が公式ツイッターを開始したところ、「織田信長」を名乗るアカウントから不穏な書き込みがあった。焼き打ちの悲劇が約450年を経て“再燃”するのか。延暦寺の担当者を直撃すると、返ってきたのは意外な答えだった。

 延暦寺は、最澄が788(延暦7)年に開山し、親鸞や道元、日蓮ら高僧を輩出した格式ある寺院として知られる。1994年には「古都京都の文化財」の一部として、ユネスコの世界文化遺産にも登録された。

 ツイッターの公式アカウントを開設した理由について同寺教化部長の小鴨覚俊(こがも・かくしゅん)氏(50)はこう説明する。

 「3、4年前くらいから考えていました。以前にインスタグラム(写真共有アプリ)はやったことがあるんですが、ツイッターは不用意発言や“炎上”を恐れて躊躇(ちゅうちょ)していました。SNSも広がり、皆さんが抱く延暦寺像と柔軟な対応の両方のニーズに応える必要があって始めました」

 フォローや質問への回答をせず、主にお知らせを発信して寺のウェブサイトに誘導するために利用するという。

 同寺が3月24日、《皆様こんにちは。天台宗総本山比叡山延暦寺です。ツイッター始めました》と初ツイートすると、その4日後。「織田信長」を名乗るアカウントからこんなリプライ(返信)があった。

 《延暦寺さんこんにちは。織田信長と申します。突然のお願いで恐縮ですが、浅井朝倉の残党を匿うのをやめて講和して頂くわけには参りませんでしょうか? 講和がならなかった場合、此方も相応の対応をさせていただく事になろうかと思います。ご考慮の程宜しくお願いいたします》

 同寺は1571(元亀2)年、信長によって焼き打ちに遭っている。原因は諸説あるが、信長の政敵だった近江国(現・滋賀県)の浅井長政と越前国(現・福井県)の朝倉義景を匿ったためともいわれている。

 信長公のツイートは、こうした経緯を踏まえた歴史ジョークだが、「不穏なものを感じる」「気をつけてくださいね…」と悪ノリするコメントが相次いだ。「徳川家康」を名乗るアカウントも登場し、ちょっとした戦国乱世の観を呈していた。

 気分を害していないのか、小鴨氏に恐る恐る尋ねると、「想定内です。それだけ特別な寺と認識されているということだと思います。本当に必要ない宗教施設だったら信長が焼いたときになくなっているはず。ネタになればそれでいいんです。盛り上がってもらえることに応えていかなければいけませんね」。

 延暦寺側、信長勢双方の全ての犠牲者を弔う慰霊祭も毎年開催しているという。「怨親平等(怨敵も親しい人も平等)だ。悲惨な歴史はあったが、それも仏さんがつかわして、ということだろうと思う」と小鴨氏。

 戦国も現代も“炎上”には寛容に向き合う必要がありそうだ。

延暦寺公式ツイッター
https://twitter.com/enryakuji_hiei

4/2(月) 16:56
夕刊フジ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000002-ykf-soci
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522667876/続きを読む

DTd2UubU8AEgscv
1: 孤高の旅人 ★ 2018/03/23(金) 17:58:24.58 ID:CAP_USER9
山梨県の威信かけ高校教科書の用語削減案に「信玄の名消すな」の大合唱
3/23(金) 15:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180323-00000570-san-soci

 「武田信玄の名を歴史教科書から消すな」「山梨が山梨でなくなる」。高校歴史教科書の歴史用語の半減案で、甲斐(山梨県)の戦国武将「武田信玄」らの削除が提案されたことに、山梨県内では不満が爆発している。NPO法人が約2500人分の反対署名を集めたほか、3月7日には後藤斎知事が文部科学省を訪れ、月末改訂の学習指導要領に「歴史用語の削減規定を設けないよう」直訴した。武田信玄は“歴史上”に名を残すことができるのか-。

 「山梨ってそんなに力がないんですか。信玄公の名が消えるなんて寂しすぎる」。甲府市内で喫茶店を営む40代の女性は、そう肩を落とす。祖先が武田家の家臣という甲斐市内の80代のそば屋店主も、「信玄が教科書から消えれば、山梨は山梨でなくなっちゃうよ」と嘆いた。

 歴史用語の削減をめぐっては、「高大連携歴史教育研究会」という高校、大学教員の研究会が、武田信玄のほか、上杉謙信、坂本龍馬、吉田松陰ら歴史上の偉人の削減を提案した。

 健康科学大の客員教授で、甲斐の歴史を教えている皆川厳県議は「信玄公は県の象徴」と指摘。「その名を消すというのであれば、あまりにも信玄公を知らなすぎる『歴史軽視』。県民は『なめるな』という思いだ」と憤る。

 「信玄外し」は山梨県民の心情的な反発にとどまらず、「県内経済にも悪影響を及ぼしかねない」として各種団体からも見直しを求める声が上がる。

 NPO法人の「甲州市観光ボランティアの会」と「塩山郷土研究会」は、約2500人の反対署名を共同で集めた。ボランティアの会の宿沢文隆理事長は「観光案内では、信玄目当ての人が多い。教科書から消えたら、それこそ県内観光は致命的な痛手を負う」と署名活動を始めた理由を説明する。

 甲府商工会議所副会頭で、宝飾品製造販売タンザワの丹沢良治会長は、県経済への影響について、「年間で百万人単位の来場者という武田神社や、信玄公にちなんだ多くの温泉、信玄鶏、信玄餅などを製造販売する食品業界など、甲府盆地の観光、産業にとっては大打撃となりかねない」と心配する。

 皆川県議は「県の象徴である『富士山』『ブドウ』『武田信玄』の3つのうち、『信玄』を欠くと、残るは富士山とブドウだけ。これはもう、山梨の存立にかかわる問題だ。『信玄外し』は絶対にやめてもらいたい」と続ける。

 3月7日、文科省内で後藤知事の要請文を受け取った山梨1区選出の文部科学政務官、宮川典子衆院議員は「私が政務官のときに、武田信玄を削ることに賛同するつもりは全くない」と明言した。後藤知事は要請後の取材に、「県民の思いは『武田信玄が歴史教科書に残るように』ということで、(私は)行動した。宮川政務官も思いは同じと確信した」と強調した。

 3月末の改訂に向けて文科省が提示した学習指導要領改訂案には、歴史用語の削減は盛り込まれなかった。だが、山梨県は知事の要請について、「高校、大学教員の研究会の昨年11月の削減提案を受けて、万々が一にでもそうならないようにという強い危機感があった」(県高校教育課)と警戒する。

 秋の総裁選をにらみ、10日に山梨県を訪れた自民党の岸田文雄政調会長は、「信玄外し」について記者団に、「歴史を学ぶことは、賢明な判断を下す意味で大変重要。地元にゆかりのある人物に関心を持ち、歴史を考えることは大切だ」と、県民の心情に理解を示した。ただ、議論の再燃や、教科書の記述などに影響を与える可能性もあり、今後の動きが注目される。

 (甲府支局 松田宗弘)
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1521795504/続きを読む

5326e_759_2b6d4649_e3e573cf
858: 風吹けば名無し 2018/03/10(土) 20:42:24.13 ID:noTMwT4sd
北条氏政さん、無能の烙印を押される 

1(中)小田原征伐で焦土戦術却下、理由は「領民が困るから」 
2(ニ)平時は週二回、百姓に混じって畑仕事 
3(一)河川改修のために小田原城の畳敷にするのを後回しにする 
4(三)2公8民の超低税率を達成 
5(右)市が開く月16日は関宿以外の関所開放、関銭無料 
6(左)穏田見つけるとその田だけ5公5民にして翌年は通常税率に、百姓お咎め無し 
7(遊)小田原征伐で青田刈りせず。理由「北条滅んでも領民は生きていかなきゃならんから」 
8(捕)家康が次の国主と決まると大量に水路図を送りつける 
9(投)切腹時に家康に「領民を頼んます」って手紙を送って切腹 

抑え 北条の宝物蔵には97年間毎年の稲と麦の穂が一束が入ってるだけ

http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1520677916/
続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。 2018/03/17(土) 12:35:14.57 ID:G6e8DfeE0 BE:226456927-PLT(12522)
sssp://img.5ch.net/premium/1372182.gif
織田信長が中国地方を支配する毛利輝元を攻めた「中国攻め」で、
羽柴(豊臣)秀吉が播磨(兵庫県)の有力武士に宛てた書状が見つかった。

秀吉が播磨を制圧するため、敵を味方に引き入れる調略を行っていたことを示す内容。
この調略は「信長公記」などに記され、その成功で信長は中国攻めの足場を固めたといわれるが、証明する古文書が見つかったのは初めて。

以下そ~す


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00050120-yom-ent
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1521257714/続きを読む

↑このページのトップヘ