(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。歴史関係のスレ(ほぼなんj)をまとめています。良かったらご覧ください。

カテゴリ: 幕末

1: 記憶たどり。 ★ 2018/01/21(日) 15:36:01.00 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00050126-yom-ent

幕末の長州藩が1864年(元治元年)7月の禁門の変に敗れた後、奇兵隊の創設者・高杉晋作 (1839~67年)の切腹や斬首を検討していたことを示す文書が、山口県岩国市の市立博物館 「岩国徴古館(ちょうこかん)」が所蔵する長州藩岩国支藩の藩政史料から見つかった。

禁門の変後、第1次長州征討軍参謀の西郷隆盛は、長州藩に急進派藩士の処分を求めた。
当時、同藩では幕府に恭順する保守派が藩政を掌握。岩国領主・吉川経幹(きっかわつねまさ)は幕府との調停役を務めていた。

晋作に関する文書は2点あり、一つ目は長州藩家老・志道安房(しじあわ)が64年11月9日、征討軍の前線基地があった広島に向かう途中、岩国領に立ち寄った際の「手控(てびかえ)」。
藩の処分案が記され、晋作は「高杉和助」の名で「切腹之部」にあった。二つ目は、晋作ら急進派7人の名が書かれた「斬首状写(うつし)」。「姦吏(かんり)と徒党を結び、上を欺き、下を惑わし、君恩を忘れ、度々亡命すること不義不忠の至り」と晋作の罪状を挙げ、
「斬首被仰付(おおせつけられ)候事(そうろうこと)」としている。
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516516561/続きを読む

10: 名無しさん@おーぷん 2018/01/18(木)01:33:09 ID:wJO
あと戊辰戦争の功労者は乾(板垣)退助一択やで
甲府勝沼から会津戦争、新潟戦争まで板垣の指揮はバツグンやったらしい
コイツ政治家にならんで軍人になるべきやったやろって思う
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1516206047/
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1516127441/

続きを読む

1: 泥ン ★ 2018/01/18(木) 18:48:37.89 ID:CAP_USER9
上田城跡公園にある赤松小三郎の碑。幕末に赤松から兵学を学んだ、日露戦争時の海軍連合艦隊司令長官、東郷平八郎が碑文を揮毫(きごう)した
9 (3)

 幕末に活躍した土佐藩の郷士、坂本龍馬は1867年11月に「新政府綱領八策」をまとめ、議会政治や人材登用など新しい日本の構想を提言した。藩の枠にとらわれず、薩長同盟の仲介などで行動力を見せ、時代を先取りする視野の広さが今日(こんにち)の龍馬人気の基になっている。

 その龍馬に先立ち、議会開設や人民平等を唱えた人物がいた。上田藩士の赤松小三郎。だが龍馬と比べ、その知名度は著しく低い。

    ◇

 赤松は幕末、江戸、京都などで活動した。蘭語や英語を身につけ、日本に来た外国人から直接、西洋思想や兵学を吸収した。また、勝海舟や松代藩の佐久間象山、会津藩士山本覚馬ら当時一級の人物と交遊し、時代を見る目を養った。上田市の赤松小三郎顕彰会会長の林和男さん(66)は「赤松は、新しい国づくりの思想的なリーダーだった」と評価する。

 赤松は維新前年の67年5月、国政改革の建白書をまとめた。提出した相手は、幕府政事総裁や越前福井藩主を務めた松平春嶽(しゅんがく)と薩摩藩の実力者だった島津久光、幕府の三者とされる。内容は、上下2院による議会開設▽人民平等▽統一貨幣の導入▽専守防衛の陸海軍の整備など。議会の上院は大名や旗本から30人を、下院は諸国の有能な人物の中から130人を「入札(いれふだ)」(選挙)で選び、国の方針を決めるという構想だった。

 だが赤松は新時代を見ることなく、67年9月、京都で薩摩藩士に暗殺された。この頃、赤松は薩摩藩に兵学教授として招かれていた。薩摩藩がなぜ師匠ともいうべき赤松を暗殺したのか。赤松は幕府と薩摩が協力し改革する「幕薩一和」を唱えており、武力倒幕に傾いた薩摩藩にとって邪魔になったためだといわれる。あるいは、薩摩藩の内情を知りすぎたため、消されたともされる。

 赤松を斬ったのは、西郷隆盛の部下だった中村半次郎。明治に桐野利秋と名乗り、西南戦争を実質的に指揮した。最後は鹿児島の城山で西郷と散った。西郷自身が赤松暗殺にどこまで関わっていたのかは分かっていない。

    ◇

 明治以降、赤松の功績はほとんど語られず、上田でも忘れられてきた。暗殺した薩摩が明治政府を主導し、赤松の資料を廃棄したことが影響したとみられる。

 赤松小三郎顕彰会は2003年にでき、赤松の生涯を伝えている。近年、赤松の資料がいくつか発見され、再評価が進んでいる。顕彰会副会長で長く赤松を研究する香山裕さん(79)は「昨年は赤松の死と大政奉還から150年だった。県外からも赤松に関心をもってもらい、ありがたかった」と話す。

 赤松は倒幕の戦いを避けようとし、新政府の軍備も最小限にすべきだと主張した。その考えは平和主義からきていたと、香山さんは言う。赤松がもし明治の世を生きたら、富国強兵ヘ進む日本に対し、どのような姿勢を見せただろうか。【小川直樹】

 上田城跡公園内に、赤松小三郎顕彰会が運営する「赤松小三郎記念館」があり、現在は冬季休館中。土日祝日に公開され、入館無料。赤松の生涯をパネルで紹介するほか、京都・金戒光明寺に残され、傷んでいた赤松の墓石を移し、保存している。

 ■ことば

赤松小三郎(あかまつ・こさぶろう)

 幕末の 兵学者、思想家。1831年、上田藩の下級武士芦田勘兵衛の次男として生まれる。江戸で蘭学、数学などを学び、勝海舟のもと、長崎海軍伝習所で兵学や航海術などを学んだ。60年に上田藩士の赤松家に養子に入り相続。日本に滞在した英国士官から英語や兵学を学び、「英国歩兵練法」を翻訳・刊行した。67年、上田藩からの帰藩命令を受け、帰郷する直前、9月3日夜、京都の路上で斬られ、暗殺された。

毎日新聞 2018年1月18日 地方版
http://mainichi.jp/articles/20180118/ddl/k20/040/136000c?inb=ra
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516268917/続きを読む

1: 泥ン ★ 2018/01/17(水) 18:11:53.75 ID:CAP_USER9
会津若松市に寄贈された会津藩士・山川浩の資料=会津若松市で
9 (1)

福島県会津若松市に寄贈された会津藩士・山川浩の資料=福島県会津若松市で2018年1月16日、湯浅聖一撮影
9

 会津藩士で「会津の知将」と称された山川浩(1845~98年)ゆかりの品が16日、会津若松市に寄贈された。戊辰(ぼしん)戦争勃発の一戦となった1868年の鳥羽伏見の戦いの敗走中、熱病にかかった山川を手厚く看護した和歌山県御坊市の中野家が所有していた資料で、会津若松市の担当者は「会津藩士が苦労して江戸の会津藩邸に帰還したことを具体的に表す貴重な資料」と評価している。今春に一般公開する予定だ。【湯浅聖一】

 山川は会津藩で家老を務めた山川家の長男。若くして家督を継ぎ、藩主・松平容保(かたもり)が京都守護職に就くのに伴って上洛した。戊辰戦争後は斗南藩で大参事となり、その後は陸軍少将、貴族院議員に、98年には男爵に叙せられた。

 戊辰戦争では、鳥羽伏見の戦いで会津藩を率いたものの、敗れて退却。藩士約1800人とともに紀州に落ち延び、小松原村(現和歌山県御坊市)にたどり着いたところで熱病にかかった。当時、紀州藩からは敗走兵をかくまわないように通達が出されていたが、中吉旅館の主人・中野吉右衛門の母でおかみのおこうが献身的に看護し、命を救われて江戸の藩邸に帰った。

 寄贈された資料は、山川が明治政府の役人などになっていた82~89年に中野家の恩義に報いようと、吉右衛門に宛てた感謝の手紙や九谷焼の大皿など9点。山川が学事巡視で和歌山に再訪した際に土産として贈った会津塗りのわんや、大水害時の見舞状などが含まれている。

 吉右衛門のひ孫にあたる中野健さん(64)=横浜市戸塚区在住=が、空き家となっていた実家を調べて発見。今年が戊辰戦争から150年になることから会津若松市への寄贈を決めた。中野さんは「親などからも聞かされていなかったので驚いている。ゆかりのある会津若松市と歴史を共有し、交流につながれば」と話している。

 市教委文化課の近藤真佐夫主幹は「会津藩が戊辰戦争で『賊軍』と言われたにもかかわらず、親身になって世話や交流を続けてくれたことに感謝したい。山川の資料は地元でも少ないので、今後資料を分析したい」と話した。市は4月下旬にも市歴史資料センター「まなべこ」で一般公開したい考えだ。

毎日新聞 2018年1月17日 地方版
http://mainichi.jp/articles/20180117/ddl/k07/040/280000c?inb=ra
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516180313/続きを読む

1: 記憶たどり。 ★ 2018/01/16(火) 09:06:12.77 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000005-asahi-soci

西郷隆盛を描いた可能性がある新しい肖像画が、鹿児島県枕崎市で見つかった。
作者や制作年は不明で、西郷の遺品などを管理している鹿児島市の西郷南洲顕彰館が今月から一般公開して情報を求めている。西郷ゆかりの縁者は「祖先から聞いていた西郷さんの特徴がそろっている」と期待している。

肖像画が保管されていたのは、枕崎市宮田町の丸谷兼彦さん(87)、昭子さん(83)夫妻宅。
油絵で描かれ、サイズは縦54センチ、横45センチ。署名はなく、だれがいつ描いたのか全くわかっていない。ただ、1926年ごろには昭子さんの実家の仏間に掲げられていたという。

これまでに外部に持ち出されたことはなく、兼彦さんは「西郷さんの肖像か真偽のほどはわからないが、維新150周年の記念の年に多くの人に見てもらえたら」と話す。


新たに見つかった西郷隆盛と見られる肖像画
20180116-00000005-asahi-000-view
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516061172/続きを読む

↑このページのトップヘ