(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。日本史世界史などの歴史板からまとめています。他にもなんj、vipから歴史関係のスレをまとめています。 良かったらご覧ください。

カテゴリ: 世界史

1: 泥ン ★ 2018/01/11(木) 19:10:35.94 ID:CAP_USER9
ナショナル ジオグラフィック日本版 2018.01.11
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/011000006/
英海軍ロバート・メイナード中尉率いる艦隊によって殺される直前の黒ひげを描いた油絵。
ph_thumb

海賊「黒ひげ」の旗艦クイーン・アンズ・リベンジ(アン女王の復讐)号から発見された紙片と、紙片の出所であることが判明した本との比較画像。
01

大砲の薬室から回収し、洗浄・乾燥させた紙片。文字が書かれているのが確認できる。
02


 悪名高きカリブの海賊「黒ひげ」。その旗艦に乗り組んでいた18世紀の男たちは、どうやら読書を楽しんでいたらしい。

 難破した「クイーン・アンズ・リベンジ(アン女王の復讐)」号から回収された紙片が、1712年に出版された英海軍のエドワード・クック大佐の著書『A Voyage to the South Sea, and Round the World, Perform’d in the Years 1708, 1709, 1710 and 1711(太平洋および世界一周の航海、1708、1709、1710、1711年に遂行)』の一部であることがわかった。

 米歴史考古学協会の年次学会で、クイーン・アンズ・リベンジ(QAR)保存研究所が発表した。

■紙片に記されていたヒント

 クイーン・アンズ・リベンジ号は、1718年に現在の米ノースカロライナ州ビューフォート沖で座礁し、黒ひげはその数カ月後、英海軍との戦闘によって命を落とした。海に沈んだ黒ひげの旗艦は、1996年に民間の調査会社によって発見され、その1年後、ノースカロライナ州自然文化財課による調査が開始された。

 QAR保存研究所の修復・保存作業員であるエリック・ファレル氏によると、件の紙片は、2016年に行われた洗浄・保存作業の最中に大砲の薬室から見つかった。濡れたボロ布にくるまれていたという。火薬で黒ずんだ紙は、大砲の砲口を保護するための栓にかませる詰め物として使われていた可能性がある。

 全部で16枚ある紙片は、どれも25セント硬貨(直径約24ミリ)より小さく、そのうち7枚には文字が記されていた。修復作業者がこれを丁寧に開いてみたところ、重なりあった複数の紙のテキストがどれも同一方向に沿って書かれていたことから、これは一冊の本から切り取られたページの一部と推測された。

 調査の結果、テキストには「south(南)」、「fathom(尋=水深の単位)」などの単語が書かれていることが判明、この紙片が海運や航海の本に由来するだろうと考えられた。しかし、QAR研究所の保存・修復作業員であるキンブリー・ケニヨン氏によると、本を特定する決め手となったのは、ある単語だったという。

「重要な鍵となったのは『Hilo(ヒロ)』という単語でした。この独特の言葉はイタリック(斜体)で記されていたため、おそらくは地名だろうと推測できました」とケニヨン氏は言う。

「これは実に幸運でした」

 有力な手がかりを得たQAR研究所は、印刷されたテキストの歴史に詳しい英グラスゴー大学のジョアンナ・グリーン氏に助言を仰いだ。数ある候補地の中から最初に外されたのは米ハワイ州の「Hilo」だった。ここは1778年のジェームズ・クックの探検以前には、欧州の文献には登場しない。次にグリーン氏の指摘により、古い英語の文献で言及されている、南米ペルー沿岸地方のスペインの植民地「Ilo」が検討された。

 この場所についての最も古い文献は、太平洋を航海する最中に「Ilo」の襲撃に参加した英国人の船乗りによるものだ。ケニヨン氏によると、17~18世紀には、スペインの植民地を略奪する話が英国人の間で大いに人気を博していたという。

続きは>>2
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1515665435/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 泥ン ★ 2018/01/09(火) 18:19:48.84 ID:CAP_USER9
JBpress 2018.1.9(火)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52009
img_37bae8a03337cee5546384f908d43cf944862

■作者はミュージカル「ハミルトン」の原作者

 年末から年始にかけて米国内で売れに売れている本がある。米大統領経験者として初めて日本を訪問したこともあるユリシーズ・グラント第18代米大統領の一生を描いた「Grant」である。965ページの超大作だ。

 著者はロン・チャーナウ氏。大ヒットのブロードウェー・ミュージカル「ハミルトン」(アレキサンダー・ハミルトン第1代財務長官の物語)の原作者。

 これまでにもジョージ・ワシントン初代大統領をはじめモルガン財閥の創始者ジュニアス・モルガンやジョン・D・ロックフィラーの伝記を書いている。2010年にはワシントンの伝記でピューリッツアー賞を受賞している。

 歴史上の人物を徹底的に調べ上げ、新たな視点から人物像を絶妙の筆致で描き出す伝記は多くの読者を引きつけてきた。日本で言うと、さしずめ司馬遼太郎のような作家だ。

 目下各紙ベストセラーのランキングではトップの座を占めている。

■「書けば売れるチャーナウ」は「米国の司馬遼太郎」

 売れる理由は、まず第1にチャーナウ氏の新作だということ。今や彼が書けば読者は飛びつくのだ。これまで手がけてきた本はすべてベストセラーになっている。

 第2の理由は、グラント氏が、どこか、就任1年を迎えようとしているドナルド・トランプ大統領によく似ているからという声を聞いた。

 読書家の中学校英語教師、ボブ・ローリンさん(42)。ロサンゼルス在住の公立中学校で歴史を教える白人教師はこう筆者に語っている。

 「毎日テレビや新聞で連日報道されるトランプの妄言に皆あきれ返っているんですよ。待てよ、俺たちの大統領の中にこんなひどいのがいたかな、と思う」

 「これまで大統領と言えば、みなジョージ・ワシントン初代大統領とか、エイブラハム・リンカーン第17代、ジョン・F・ケネディ第35代大統領を思い浮かべる。何冊もの伝記も出ているし、米一般国民は彼らについては何となく分かる」

 そんな中、史上最悪の大統領の1人といったイメージのあるユリシーズ・グラント第18代大統領の本が出た。読んでみようじゃないか、っていう感じなんですね」

 「どれほどひどかったのか。トランプと比較したらと、興味が湧いてくるんです」

 確かにトランプ政権発足後、米経済は順調に推移している。経営者出身の大統領が何をやり出すかという期待感もある。年末やっと議会を通過成立した税制改正が追い風となるとの見方も出ている。

 一部に熱狂的な白人支持者がいる一方で、米国民の60%近くの人たちはトランプ氏に落第点をつけている。

 支持率は就任以降、4割を超えるか超えないか。2017年12月28日現在の各種世論調査機関の平均支持率は39.8%、不支持率は55.8%。

 政策もさることながら、むしろトランプ氏の人品骨柄と言うか、言動に皆、辟易しているのだ。

■南北戦争の「英雄」必ずしも大統領には適さず

 オハイオ州の製皮業者の息子として生まれたグラント氏は陸軍士官学校を卒業し、南北戦争では武勲を重ね、英雄となる。その後、北軍勝利の英雄として絶大なる人気を浴び、推されて大統領になってみたもののだった。政治経験はゼロ。

 閣僚人事ではウォール街の金融業界の大物や陸軍時代の旧友などを集めた。この「仲良し内閣」が政治音痴の「将軍大統領」の足を引っ張る。閣僚や補佐官たちが次々とスキャンダルを起こし、汚職を繰り返す。

 グラント大統領自身は、リンカーン大統領による奴隷解放宣言(1863年)以降の「リコンストラクション期」(南北戦争後の再建期)における諸問題の解決に奔走する。

 しかし北部と南部諸州との「しこり」解消や黒人の法的地位の確立などまったくうまくいかなった。さらに原住民(アメリカインディアン)の保留地政策を推進するが、強引な囲い込み策が裏目に出る。

 当時の国内分裂の状況は、トランプ政権下の米国の現状にそっくりなのだ。「仲良し内閣」内のスキャンダル騒動もロシアゲート疑惑に振りまわれるトランプ政権によく似ている。

続きは>>2-3
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1515489588/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

CXX7ydQU0AAAJyX

1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/07(日)00:07:13 ID:hFy
1 遊 ヘルマン・フェーゲライン
2 中 エルンスト=ギュンター・シェンク
3 右 ヨーゼフ・ゲッペルス
4 一 アドルフ・ヒトラー
5 三 ヴィルヘルム・モーンケ
6 二 アルベルト・シュペーア
7 左 ワシーリー・チェイコフ
8 捕 エヴァ・ブラウン
9 投 ヘルムート・ヴァイトリング

異論は認める。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


ダウンロード

371: 風吹けば名無し 2017/12/13(水) 01:18:16.73 ID:CCmziXMP0
ネルソンとナポレオン 
リー将軍とグラントみたいなライバルいる時代楽しくて好き

http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1513093150/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

71myD+UWAHL

1: ◆S.PtdgMO6E 2018/01/06(土)20:57:24 ID:4ui
お久しぶりンゴ。

今回は世界史で最も有名な貨幣で打線組んでみたんで見たってクレメンス

1中:米 USドル(現代の世界基軸通貨)
2遊:英 ソブリン金貨(金本位制度確立)
3一:中 宋銭・明銭(世界一流通した貨幣)
4右:米 USドル(ブレトンウッズ体制)
5三:独 レンテンマルク(土地を担保にした通貨)
6二:日 裏白200円(「個人」による信用)
7左:伊 フローリン金貨(大航海時代を支えた金貨)
8捕:欧 ユーロ(欧州統一通貨)
9投:米 ビットコイン(仮想通貨)
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1515239844/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image

228: 風吹けば名無し 2017/12/13(水) 01:05:04.18 ID:gIrXST9pa
文化史打線(非科学) 
1中ヴェートーベン 
2右トマスモア 
3三司馬遷 
4二ダヴィンチ 
5左徐光啓 
6一マテオリッチ 
7遊顔真卿 
8捕バッハ 
9投徽宗
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1513093150/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: プティフランスパン ★ 2017/12/28(木) 11:28:23.03 ID:CAP_USER9
「ヒトラー作」の希少な絵画、オランダの専門家2人が鑑定結果を疑問視
2017年12月28日 10:34 発信地:ハーグ/オランダ
http://www.afpbb.com/articles/-/3156890?act=all
img_2e68d5119becbe26be9e96bd8b0a6809176681
作品とされる水彩画と鑑定書(2015年6月12日撮影)。(c)AFP/Daniel Karmann/dpa

【12月28日 AFP】ナチス・ドイツ(Nazi)の指導者アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)の署名が入った希少な水彩画について、
オランダの専門家2人から贋作(がんさく)である可能性が高いとの指摘が上がっている。同国の新聞が27日、報じた。

 オランダ日刊紙フォルクスラント(Volkskrant)によると、ヒトラー作品の偽造品調査の専門家であるバート・ドローグ(Bart Droog)氏とヤープ・ファンデンボーン(Jaap van den Born)氏は、
同紙に対し「偽物のヒトラー作品である可能性が非常に高い」と述べたという。

 透明水彩絵の具を用いてオーストリア・ウィーンの塔を描いたこの水彩画は今年、ある女性によってアムステルダムに本部を置くオランダ戦争資料研究所(NIOD)に寄贈された。
女性の身元は明らかにされていない。

 NIODは当時、声明を発表し、「数か月間の鑑定プロセスを経た後、アドルフ・ヒトラー直筆の原画であるとの結論に達した」と述べ、ヒトラーが若かった1909~1913年に制作されたものと推定していた。

 その鑑定結果に今回疑問符が付いたことを受けて、NIODは、「こうしたコメントを真摯(しんし)に受けとめ、われわれの調査に対する批判的な反応に耳を傾けたい」との声明を発表。
また、同絵画を本物と推定した同研究所の結論は「暫定的」なものにすぎないとも述べた。

 ドローグ氏とファンデンボーン氏によると、同絵画は、ヒトラーの美術作品の贋作者として有名なラインホルド・ハニッシュ(Reinhold Hanisch)が手掛けた可能性が高いという。(c)AFP
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514428103/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 泥ン ★ 2017/12/27(水) 18:30:57.42 ID:CAP_USER9
ロシア革命の象徴のひとつとされる防護巡洋艦アヴローラ 1917年。
革命時は、冬宮(現エルミタージュ美術館本館)を砲撃、革命の勝利に貢献したとされている。
g00451_main

ロシア革命を報じる日本の新聞
g00451_ph01

1917年のロシア革命から100年が経った。ロシア国内では革命の原因や性質、その影響などについて、再び際限のない議論が繰り広げられている。歴史学者の間だけではない。一家言ある人なら、誰もが持論を展開している。しかし、議論の中身は昔も今も同じである。つまり革命を「支持するか」それとも「反対するか」、ロシア革命は善なのか悪なのか?という争いだ。

100年前の当時、もちろん日本も影響を受けている。ロシア革命は世界を大きく揺り動かした大事件なのである。その後誕生したソビエト連邦を通じても、革命は全世界に影響を与え続けてきた。

ロシア革命が露日関係に及ぼした影響を考える中で、ある重要な出来事が見過ごされることが多い。前年の16年夏に締結された両国間の軍事・政治同盟(第4次露日協約)は革命によって決裂し、効力を発揮するチャンスすら与えられないまま過去のものとなってしまった。

この協約は、150年以上にわたる両国の関係が最も良好だった瞬間の、露日関係のハイライトともいえるものだった。単に平和、中立、協力関係が約束されたということだけではない。政治面のみならず、軍事面でも相互に義務を負うというものであった。軍事的な義務は、両国が世界大戦で同盟国であったことによるとされているが、実はそれだけではなかった。当時の世界情勢に後押しされたという側面が強いことも確かだが、ポーツマス平和条約締結の後、敵同士であったロシアと日本は、わずか11年の間に「軍事同盟関係」を結ぶレベルまで信頼を深めていったのだった。

では、もしロシア革命が成功に至らず、この協約が継続していたとしたら、国際政治にどのような影響を与えていただろうか。今となってはあくまで仮定の上での想像でしかないが、極東と北東アジアのパワーバランスを大きく変化させ、中国の運命にも影響を与えていたことであろう。さらに重要視すべきことは、協約が継続していれば、日露戦争により両国間に生まれつつあった敵意と不信感が払拭されていたのではないかということである。

このように考えていくと、もし革命が起きずにこの協約が続いていたなら、ロシアと日本は第2次世界大戦の最後の段階で戦火を交えることはなかっただろうと思えてならない。両国は、競争関係にあったかもしれないが、戦争にまで至ることにはなかったはずだ。それもひとえに当時の政治家たちが話し合いを重ね、友好を深めていくことに長けていたからだ。彼らはそのために必要な意欲と政治力を充分に兼ね備えていた。

露日協約はロシア革命によって完全に破壊された。しかし、これはロシア革命による数多くの悲劇的な影響の一つに過ぎない。ロシアは革命によって、それよりもずっと恐ろしい影響をいくつもこうむっている。ただ露日関係にとっては、これは疑う余地のない後退であり、今日もその影響は克服されていない。

今後も、失われたものが元どおりになることは恐らくないだろう。そしてロシアと日本の間に、今後、新たに同盟関係が結ばれることも恐らくないだろう。しかしながら、友好を深め、協力を進めていくことを学んでいかなければならない。

最近、安倍首相とプーチン大統領の首脳会談をはじめ、さまざまな枠組みで両国の協力が議論されるようになった。抽象的な政治の話ではない。具体的な相互協力の中身が話し合われている。露日関係には、明るい展望も見えてきつつある。具体的な協議の先には、同じように具体的な結果が私たちを待っていると心から信じてやまない。

筆者/ワシーリー・モロジャコフ(MOLODIAKOV Vassili)
拓殖大学日本文化研究所教授。1968年モスクワ生まれ。1993年モスクワ国立大学卒業、1996年同大学博士課程修了。歴史学博士(Ph.D., モスクワ国立大学、1996年)、国際社会科学博士(Ph.D.,東京大学2002年)、政治学上級博士(LL.D., モスクワ国立大学、2004年)。2000~2001年、東京大学社会科学研究所客員研究員。2003年、拓殖大学日本文化研究所主任研究員。2012年より現職。ロシア語で著書30冊以上、そのうち日本に関するもの15冊。日本語での著書に『後藤新平と日露関係史』(藤原書店、2009年)、『ジャポニズムのロシア』(藤原書店、2011年)。

2017.12.27
https://www.nippon.com/ja/column/g00451/
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514367057/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ