(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。日本史世界史などの歴史板からまとめています。他にもなんj、vipから歴史関係のスレをまとめています。 良かったらご覧ください。

カテゴリ: 本・ゲーム・テレビ・漫画等

1: 紅あずま ★  2017/06/19(月) 11:46:01.91 ID:CAP_USER9
落書きから江戸の浮世絵を検索できるAIシステムを開発
Hazardlab:2017年06月18日 10時00分
http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20671.html
kensaku001
画像検索システム(国立情報学研究所)

 国立情報学研究所の佐藤真一教授らのチームは、国文学研究資料館との共同研究で、最新の人工知能(AI)を使って、
手書きのスケッチや画像から、内容が近い浮世絵などの古典画像を検索できるシステムを開発した。
わずか0.001秒で江戸時代の書物などからお目当の画像を探し出すことができるという。

 このシステムは、国文学研究資料館が順次公開を進めている歴史的な画像データを集めた「日本古典籍データセット」で、画像検索をスムーズに行うために開発されたもの。
このサイトは、誰でも二次利用できる絵巻物の画像や原文データが登録されていて、古典文学への研究促進が期待されている。

 開発された新システムは、検索用のスペースに手書きで人物などをスケッチすると、似ている形を含んだ古典画像候補がわずか0.001秒程度で表示される。

 検索結果を再びドラッグ&ドロップすると、その画像をもとに再検索することもできるという。
現在は、江戸時代の風俗絵本「絵本和歌浦」や、浮世絵師の歌川豊国が描いた「絵本時世粧(えほんいまようすがた)」など、国会図書館でしかお目にかかれない貴重な史料6作品178枚の画像が検索できる。

 開発チームは今後、検索の対象となる画像の数を充実させて、将来的には国内外の美術館に所蔵された古典画像を横断的に検索できるシステムの確立を目指すという。

 使ってみたいと思った人は、国文学研究資料館の「日本古典籍データセット」をお試しあれ。

20170608-02-thumb-1231x798-772
落書きレベルのスケッチでも、AIが膨大な資料画像の中から似たデータを即座に探し当てる(国立情報学研究所)

20170608-04-thumb-960x720-779
検索結果から再度検索し直すこともできる(国立情報学研究所)
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497840361/続きを読む

d5964917-263e-49f2-9c7a-af78a8ea7442
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/04(日) 22:02:03.75 ID:hjAck0er0
ロザリーかわいい
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1496581323/続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [US] 2017/06/04(日) 23:10:31.38 ID:G1AkXqEQ0● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
世界中の子供たちに愛されている童話といえば「ピノキオ」です。リメイクや改変をされて複数の作品が存在し、日本では「ピコリーノの冒険」や「樫の木モック」などのアニメ作品にもなっています。

・極悪非道なシーン
いまでも広く子どもたちに愛されているピノキオの物語ですが、原作の「ピノッキオの冒険」(カルロ・コッローディ作)は、子どもたちに見せるのをためらってしまう描写もあるほど、極悪非道なシーンがあるのです。

・盗賊に捕まる
特に凄まじいのは、ピノキオの金貨を盗ろうと盗賊(おいはぎ)が追いかける場面。盗賊に「馬鹿野郎!」「なめんじゃねえぞ!」「死にてぇーのか!?」などと脅されつつ、ピノキオは2時間以上逃げるものの体力の限界となり、民家に助けを求める。ピノキオはドアの前で叫び続け、ようやく出てきた美人女子。しかし女子はピノキオを家に入れず、ぽかーんと見るばかり。ついにピノキオは盗賊に捕まってしまうのだ。

・医者により死亡確認
金貨を盗られて終わりかと思えば、そうはいかない。盗賊はピノキオをガッツリと縄で縛り、首吊り状態で木に吊るしたのである。ピノキオは呼吸ができず、苦しくなり、気が遠くなっていくのを待つしかなかった。

しばらくしてピノキオの身体は地面に下ろされたものの、医者により死亡確認がされた。

・童話の原作には残酷すぎる話が多い
あまりにも残酷すぎる内容だが、童話の原作には残酷すぎる話や、セクシーすぎる描写がたくさんあると言われている。本来、童話とは残酷な物語なのかもしれない。

ちなみに、日本でもっとも原作に忠実なピノキオを読みたい人は「ピノキオの冒険」(西村書店)を購入するのがベストだ。素晴らしい絵と、原作に忠実な物語が楽しめる貴重な本である。

http://buzz-plus.com/article/2017/06/04/le-avventure-di-pinocchio/
pinokio2
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1496585431/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

mig (1)
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/28(日) 21:46:52.32 ID:5gkwXdG70
王騎死。
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1495975612/続きを読む

1: らむちゃん ★ 2017/05/31(水) 20:36:26.60 ID:CAP_USER9
配信先、NHK、5月31日 20時17分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170531/k10011002071000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

今から81年前、日本で初めてヒマラヤ遠征隊が組織され、未踏峰だった山の登頂に成功しました。そのときの映画のフィルムが見つかり、当時の偉業を後生に伝えようという取り組みが始まりました。

この映画のフィルムは昭和11年、日本の登山隊が初めてヒマラヤを登頂した様子を記録したもので28分間の映像です。

当時、ヨーロッパなど列強の登山隊がヒマラヤの山を次々に登頂する中、立教大学の山岳部がヒマラヤの未踏峰、6867メートルの「ナンダ・コート」を制覇しました。

当時、各地の小学校などで上映されたフィルムはその後、行方がわからなくなっていたということですが、都内の日本山岳会の倉庫に眠っているのが去年、見つかりました。

この映画のフィルムはいたんだ部分もあるため、当時、映画を制作した会社ではより鮮明な映像が映し出されるよう修正するということです。

日本の山岳史に詳しい登山家の大蔵喜福さんは「東洋の小国である日本の登山隊がヒマラヤに行くっていうのは当時は誰も考えていなかったことで80年前の大先輩の偉業を若い人たちにぜひ見てもらいたいです」と話しています。
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496230586/続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/24(水) 09:37:12.66 ID:ZROucTBR
S4ulFS8
bwxmuEB
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1495586232/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

img_1
1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/03/28(火) 18:44:39.64 9
中央社フォーカス台湾 3/28(火) 13:48配信

(写真)
鄭問さん(手前左)=2012年1月29日撮影

(台北 28日 中央社)漫画家・鄭問(チェン・ウェン)さんが26日、心筋梗塞で死去。58歳。

東洋的な水墨画と西洋絵画の技法を融合させたタッチで人気を集めた。漫画家で弟子の鍾孟舜さんによると、
「東周英雄伝」で日本デビューを果たし、1991年には外国人として初めて日本漫画家協会賞の優秀賞を獲得。
2001年に発売されたゲームソフト「鄭問之三國誌」ではキャラクターデザインを務めた。

(曾珮珊/編集:齊藤啓介)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000003-ftaiwan-cn
最終更新: 3/28(火) 13:48
中央社フォーカス台湾
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/dqnplus/1490694279/
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1490701180/ 
続きを読む

mig (7)
1: ビッグブーツ(愛知県)@\(^o^)/ [US] 2017/03/26(日) 00:35:45.84 ID:SS4yiGfw0● BE:544270339-PLT(13000) ポイント特典
天才数学者ラマヌジャン-「奇蹟がくれた数式」を観て-

はじめに

ラマヌジャン」という名前を聞いて、これがインドの有名な数学者であると知っている人は、数学通か相当な物知りである。
数学が好きな人にとっては、何とも言えない響きを有しているその名前は、一般の人には何の興味も呼び起こさないものだと思われる。

ラマヌジャンは、「インドの魔術師」と言われ、32歳の若さでこの世を去った夭折の天才数学者である。
このラマヌジャンの短い生涯を表した映画作品である「奇蹟がくれた数式」(原題:The Man Who Knew Infinity)が、2016年10月に公開された。
この原作は、1991年にロバート・カニーゲル氏によって著された「無限の天才―夭逝の数学者・ラマヌジャン」(田中靖夫氏翻訳)である。

今回は、このラマヌジャンについて、紹介したい。なお、ラマヌジャンについては、藤原正彦氏がその著書「心は孤独な数学者」(新潮社)、
「天才の栄光と挫折 数学者列伝」(新潮社)(文春文庫)等で紹介しているので、詳しい内容に興味がある方はこれらの著書を参照していただきたい。

http://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=55292
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1490456145/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ