(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。歴史関係のスレ(ほぼなんj)をまとめています。良かったらご覧ください。

カテゴリ: 本・ゲーム・テレビ・漫画等

1: 【東電 71.8 %】 2018/02/14(水) 14:05:18.01 ID:ne35c0Bf0 BE:416336462-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムトの行方が分からなくなっていた絵画が、オーストリアのある年金生活者の女性の死後、
彼女のアパートから発見された。女性は長年に絵画を不法に保管し、死後、リンツ市に寄贈する旨の遺言を残していた。ORFラジオが報じている。
女性は秘書として働いた後、1977年から年金生活に入り、クリムトの絵画『2人の横たわる人(Zwei Liegende)』を洋服ダンスに隠し持っていた。
昨年、女性は死去し、遺言は遂行された。
この絵画はもともと別の女性が所有しており、1951年にリンツ市の現代アート美術館に一時的に貸し出されていた。
2006年、女性の遺産相続人らが絵を回収しようとしたときには、絵は美術館から消えていたことがわかった。
今回、不法に保管していた女性が死去したことで遺言から、この絵が美術館に貸し出された際に作成された保管証明に誤りがあったために、
女性はそれを利用し、自宅に持ち帰ったことが明らかにされた。

https://jp.sputniknews.com/culture/201802144574912/
l7uBOz2
4574861
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518584718/続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/02/04(日) 20:33:45.93 ID:O+pPRSbl0
女性の姿をした妖精の裸が描かれた油絵「ヒュラスとニンフたち」について、所蔵するイギリスのマンチェスター市立美術館が一時、展示を取りやめて撤去した。

セクハラや性的虐待に対して声を上げる世界的な運動「MeToo」を受け、「議論を促す」ことが目的だったと美術館側は釈明したが、ソーシャルメディアでは「検閲だ」などの批判が続出した。

「ヒュラスとニンフたち」は1896年、ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスがギリシャ神話をモチーフに制作。美貌の少年ヒュラスが泉に水をくみに行った際、そこに住む妖精ニンフたちが彼の美しさに魅了され、底に引き込んだという物語を描いた。

作品では、ニンフたちは女性に似た姿で描かれており、上半身は裸で胸が露出している。マンチェスター市立美術館の所蔵品の中でも人気のある一つだ。

この絵画が展示スペースから撤去されたのは1月26日だった。
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1517744025/続きを読む

20150221181056

1: 復讐の鬼 ★ 2018/02/03(土) 14:06:37.90 ID:CAP_USER9
 “刀剣女子”に人気の刀工「加州(かしゅう)清光(きよみつ)」と「大和守(やまとのかみ)安定(やすさだ)」などの日本刀3本を展示する「秘蔵刀剣展」が2日、史跡足利学校(栃木県足利市昌平町)で始まり、降雪にもかかわらず、市内外から多くのファンが訪れている。 25日まで。

 展示されているのは、清光、安定に加え、江戸時代の足利の刀工・源(みなもとの)景国(かげくに)が打った刀。
特に清光、安定は新選組一番隊組長、沖田総司の愛用した刀の作者で、その刀剣はオンラインゲーム「刀剣乱舞」で擬人化され、若い女性らに人気が高い。

 前日からの降雪の影響で客足は予想を下回ったが、一番乗りした埼玉県越谷市の会社員、増田有希子さん(41)、同、紘子さん(36)姉妹は「素晴らしい刀で、感動で言葉が出ない」と話した。

http://news.livedoor.com/article/detail/14250505/
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1517634397/続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/01/31(水) 19:41:45.27 ID:IF6Xj9Vf0
Xq2Fhv0

https://twitter.com/hir000/status/956390559211339776

hir000‏ @hir000
・歴史の授業
・教授がNero Claudiusで画像検索
・スケスケスカートの金髪美少女で埋め尽くされる検索結果
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1517395305/続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。 2018/01/20(土) 19:04:01.13 ID:Le5QTmxU0● BE:253569587-2BP(6000)

org1443947
 当然のことながら、ほとんどの地図は、ロシアをクマとして表現している。クリミア戦争後、1864年にベルギーで描かれたこの地図では、
ロシアは足かせをはめられたクマとして描かれている。オスマン帝国、フランス、イギリス、サルデーニャの連合国が「クマ」をやっつけた。
それでロシアは、一部の領土を失い、一時は黒海艦隊を置くことを禁じられてしまった(黒海の非武装化)。


org1443948
 これはAndre Belloguetによる地図「コミカルな欧州」の地図で、当時の国境線をほぼなぞり、表情豊かな顔が並んでいる。
ロシアは、珍しいことだが、侵略者ではなく、文化的で教養のありそうな紳士として示されている。
出版社は、「これは、文学、音楽、芸術の分野における、ロシアの文化的自己表現の成長を象徴するものかもしれない」と述べている。


org1443950
 やはり同じ作者、Belloguetによる「動物のヨーロッパ」は、1882年の作だ。欧州は、動物の群れの狂乱のように描かれている。


org1443951
 この地図は、1870年の普仏戦争前夜のヨーロッパを表している。プロイセンはいまにも爆発しそうな太った男。
ロシアは自分のバスケットを満たす方法だけ考えている、怒りっぽい男として描かれている。他の国も面白い。
イギリスは、犬のアイルランドを紐でつないでいる老いた魔女だ。
スイスは、二つの敵対国、つまりフランスとプロイセンの間に挟まれているが、窓や扉のない家がその中立を象徴している。


2ぐらいに続く
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1516442641/続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/01/17(水) 11:32:33.88 ID:+DzxhwxIM
「TOKIO」の国分太一(43)がMCを務めるTBS「ビビット」(月~金曜前8・00)に生出演。
テレビ東京の人気鑑定番組「開運!なんでも鑑定団」で2500万円の鑑定額がついた「曜変天目(ようへんてんもく)茶碗」の贋作疑惑の新展開に困惑した。

 16年12月、「開運!なんでも鑑定団」に世界に3点しかないとされる「曜変天目茶碗」とみられる陶器が登場。
2500万円の鑑定額となり話題になった。その後、鑑定結果を疑問視する陶芸家が、放送倫理・番組向上機構(BPO)に番組内容の審議を求める意見を寄せるなど議論を呼んだ。

 この日の番組では、中国の陶芸家・李欣紅さん(61)が、「曜変天目茶碗」と鑑定された陶器について「骨董品のレプリカです。
私が作ったもので間違いないです。およそ1400円で販売していました」と激白するインタビューが放送された。

 VTRを見届けた国分は「今日一番の大変なニュースが入ってきましたけど…」と興奮気味。
「鑑定でそんなミスしてもいいんですかね」と戸惑いを口にした。一方、堀尾正明アナウンサー(62)は「この方(李欣紅さん)の情報が怪しい可能性もあります」と冷静にコメント。
最後は真矢ミキ(53)が「(たとえ贋作でも)人の目を魅了する魅力があるということですよね」とまとめていた。

http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1516156353/続きを読む

1: 孤高の旅人 ★ 2018/01/08(月) 14:27:31.31 ID:CAP_USER9
福井県内の古文書がネットで散逸 バラバラにされオークションに
2018年1月8日 午前11時00分
www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/279480

 福井県内の歴史を伝える多くの古文書が、インターネットのオークションサイトに流出している。福井県史の編さんから最長40年を経過することを受け、県文書館は本年度から5年計画で編さんに使用した古文書の現状を確認する追跡調査に着手。所蔵者の代替わりや引っ越しによる紛失に加え、近年のお宝志向によるネットでの史料散逸も思わぬハードルになりそうだ。

 「福井方面なんかいろいろ出ているようです」。昨年11月末、全国の学芸員や大学教授ら47人でつくる非公開のSNSグループに、京都の歴史研究者から“通報”が入った。グループは5年前に立ち上がり、貴重な史料のネット流出に備えてボランティアでオークションサイトに目を光らせている。

 このとき出品されたのは、坂井市内の旧村にまつわる江戸中期から末期の年貢の記録や借金証文など。歴史的価値はそれほど高くないとされるが、帳簿類と思われる史料がバラバラにされ、数枚千円から大量に売り出されていた。

 古文書の散逸に詳しい国文学研究資料館(東京)の西村慎太郎准教授は「古文書は保存されている旧家や寺院を含め、史料の全容が分かってこそ意義がある。オークションで“輪切り”にされると、もう歴史観を構成できない」と指摘する。歴史ファンが買い求めるだけでなく、飲食店が安価で競り落とした古文書をインテリアとして壁紙の一部にした例もあるという。
 福井県史は1978~98年に編さんされた。その際に調査された史料群は1982件に上り、その9割以上はマイクロフィルムに撮影された上で所蔵者宅や寺院、公民館などで現地保存されている。

 県文書館は本年度から市町教委と連携して所蔵者にアンケートを送り、保存状況などを尋ねる調査に着手した。敦賀市の史料群214件について調べたところ、回答した所蔵者の5%が「残っていない」、31%が「残っているか分からない」とした。県と敦賀市では、さらに電話や訪問で所在確認を進めている。

以下はソース元で
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1515389251/続きを読む

↑このページのトップヘ