(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。日本史世界史などの歴史板からまとめています。他にもなんj、vipから歴史関係のスレをまとめています。 良かったらご覧ください。

カテゴリ:世界史 > ローマ帝国

4324
1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/21(日)00:08:41 ID:hHk
なんやねんこの書き出しもっと真面目に書けよ
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 尊=読子=千秋=リードマン ★ 2016/12/06(火) 20:41:41.50 ID:CAP_USER
http://www.cnn.co.jp/photo/l/734372.html
(CNN) カナダ・マクマスター大学などの研究者は6日までに、古代ローマ帝国の墓地に埋葬された2000年前の人間の遺体から、マラリア感染の遺伝的な証拠を発見したとの論文を発表した。

マラリアの流行がローマ帝国崩壊の一因になったとの説は以前から人気があり、今回の発見がこうした議論の進展に寄与する可能性もある。

研究者らはローマ帝国時代のイタリアの墓地3カ所に埋葬されていた成人58人、子ども10人の歯から採取したDNAの断片を調査。
ミトコンドリアゲノムを復元し、人々に感染していた特定のマラリアの種類を同定することに成功した。

研究データから確認できたところよれば、このマラリアは熱帯熱原虫と呼ばれるマラリア寄生虫のもの。今日蚊によって媒介され、毎年数十万人の命を奪っている寄生虫と同じものだ。

論文の筆頭著者でマクマスター大の古代DNAセンターを統括するヘンドリック・ポイナー氏は「マラリアは古代ローマで広範囲に死をもたらした歴史上重要な病原体であった可能性がある」と指摘した。

研究者らは、マラリアによるローマ帝国の死者数は現在のアフリカにおけるマラリア関連の死者数と同程度に上ったと推定している。
世界保健機関(WHO)によれば、2015年にはマラリアにより全世界で推定43万8000人が死亡。このうち91%はサハラ砂漠以南のアフリカに集中している。
http://www.cnn.co.jp/fringe/35093294.html?tag=top;subStory
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1481024501/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

sweets_taiyaki1_tsubuan


1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/25(金)22:21:55 ID:5A0
一理ない
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@おーぷん 2016/08/08(月)19:41:08 ID:hfl
1(三)ティベリウス
2(遊)カリグラ
3(二)コンモドゥス
4(投)カラカラ
5(左)ネロ
6(一)ディディウス・ユリアヌス
7(中)マクシミヌス・トラクス
8(右)ゴルディアヌス1世
9(捕)ヘリオガバルス
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/08/10(水) 00:33:34.984 ID:0fk2OnlF0
よく考えるとすごいよな
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1470756814/

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/08/10(水) 00:35:54.142 ID:0fk2OnlF0
歩兵 正面切れば大体同じぐらいの強さ 
騎兵 大体同じ 運用面で若干ローマに利があるか 
その他 工兵・輜重面はギリシャローマに分がある
  続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: ニカワ ★ 2016/07/14(木) 22:46:04.40 ID:CAP_USER9
著名建築家マリオ・ボッタ氏によるバーデン市の新プロジェクトのモデル。施設には古代および中世の浴場遺跡の一部が組み込まれる予定

バーデン市にある歴史的なホテル「リマトホフ」


アールガウ州バーデン市。今でこそ平凡な小都市だが、欧州屈指の温泉保養地として栄えた過去を持つ。現在、温泉地区の再興を目指して有名なスイス人建築家マリオ・ボッタ氏による大型建設事業が進められており、リハビリクリニックやスパが整備される予定だ。ただし、そのためには古代ローマや中世の公衆浴場遺跡を取り壊さなければならない。

 チューリヒ近郊ののどかな小都市バーデン。市内を散策していて、ここが中世やルネサンス時代には欧州屈指の温泉保養地だったと気づく人は少ないだろう。とりわけ温泉地区は眠ったように静かだ。

 しかし、いつもこうだったわけではない。バーデンに湧出する高濃度硫黄泉を利用してローマ人が最初の温泉施設を作ったのは紀元1世紀のこと。2ヘクタールの広さの敷地に、複数の浴場とサウナを備えていた。

 中世になると浴場はさらに拡張され、ハプスブルク伯の所有になってからは欧州中の王侯貴族が湯治に集まった。ベルエポック時代にはモダンなホテルが建てられ、世界中から多くの保養客がバーデンを訪れた。

再興へ有名建築家を起用

 しかし、バーデンの最盛期は第1次世界大戦の勃発とともに終わる。1980年代になると、温泉療養には健康保険がほとんど適用されなくなり、危機は決定的となった。高級ホテルは次々と廃業、建物は朽ちるがまま残された。2012年には、老朽化を理由に公営温泉までもが閉鎖された。

 「時代の要求に合った機能的なスパが必要とされて久しい」と指摘するのは、プール建築事務所のラファエル・フライ氏。氏は1999年、バーデン市が事務所に調査を委託した際、温泉地区再開発のコンセプトを作成した。「このような計画に何年も、いや何十年もかかっているのは憂慮すべきことだ」

 実際、これまでいくつもの再開発計画が暗礁に乗り上げた。再開発の方法や規模、費用などについて政治家や行政サイド、投資家らの間で議論が続けられてきたが、個人投資家のグループがティチーノ州出身の有名建築家、マリオ・ボッタ氏にプロジェクトを発注したことで、一気に弾みがついた。30年近く空き家になっている物件を含め3軒の歴史的ホテルは部分的に解体、残りはリハビリクリニックに改装されることに。また、流れるプールやサウナ、スチームバスなどを備えた公共のスパも作られることになった。工事は今年中に開始し、2018年には完成の予定だ。

遺跡の保存は不可能

 ただし問題もある。源泉近くには、古代ローマおよび中世の浴場遺跡や、歴史的ホテル群がある。現時点では、それらのうち歴史的文化財として保護すべき部分と解体すべき部分の区別が明確になっていない。文化財保護担当者であるレト・ヌスバウマー氏は、この点については認可手続きの途中だとして明言を避けている。しかし、「三つのホテルに関しては部分的にしか保護指定されていない」ことだけは、はっきりしている。詳細については認可手続きの過程で判断が下されるという。

 もう一つ、はっきりしていることがある。古代ローマと中世の公衆浴場遺跡の取り壊しだ。このように大規模な考古学上の遺跡が、保存あるいは移設されないというのは、驚きでありショックでもある。

 取り壊しの理由は次のようなものだ。新しいスパ施設は源泉のすぐ近くに、しかも地盤の関係から岩盤の上に直接建てなければならない。そのためには、今その場所にある遺跡をそっくり撤去する必要がある。当局はこの件を評価した結果、民間および公共の利益を優先すべきだと結論づけた。そういった判断が下された場合、法的には遺跡を保存する義務はない。ただし、取り壊し前に発掘調査を行って記録しなければならない。

>>2に続く。
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1468503964/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/26(日)17:43:54 ID:Mq4
守備側
1 クラウディウス
2 ティベリウス
3 トライアヌス
4 オクタヴィアヌス
5 アントニウスピウス
6ウェスパスアヌス
7ハドリアヌス
8セウェルス
9ドミティアヌス
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/05/09(月) 22:44:15.51 ID:+9fe5DbO0
ワイ「トラヤヌス」
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1462801455/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ