(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。日本史世界史などの歴史板からまとめています。他にもなんj、vipから歴史関係のスレをまとめています。 良かったらご覧ください。

カテゴリ:日本史 > 源平合戦

img_1

1: 風吹けば名無し 2017/11/10(金) 21:08:58.30 ID:3wu0DwNp0
なんかシンパシー感じてしまうわ
わかる奴おる?
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1510315738/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@涙目です。(空) [CN] 2017/11/02(木) 13:53:56.57 ID:W0vCnzCg0 BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/chibi_c.gif
 チンギス・ハーンは1162年、モンゴルの有力な氏族長の長男として生まれ、テムジンという名を与えられた。父は勇将であったが、テムジンが9歳の時に急死、一族は急激に没落する。
他部族に圧迫されながらも母や父の盟友たちの手で優れた武将として成長し、幾度かの厳しい戦いを乗り越えて、1205年にはモンゴル諸部族を統一するに至る。

 その後も征服を進め、1227年のハーンの死までに、東は長城を越えて西夏(中国北部)へ、西はシルクロードを越えて中央アジアから黒海沿岸に達した。モンゴル軍団の遠征はハーンの死後も続き、中国全土を制圧して元朝を樹立、西はハンガリー平原に達した。

 チンギス・ハーンのY染色体は中央アジアから中東まで分布し、村の先祖がチンギス・ハーンだという伝説のあるパキスタン北部フンザでは特に多い。

 比較的短期間に特定のY染色体を持つ人が広がった根拠として、貴族階級の間で一夫多妻制が一般的だったためではないかという説が有力である。
倫理的な問題はともかく、歴史的に、征服者の男性が被征服者の女性に子どもを産ませるのは珍しいことではない。
しかしながら、彼らをチンギス・ハーンあるいはギオチャンガの子孫とすることについて、スタンフォード大学のCavalli-Sforzaは、共通の先祖を想定できても歴史上の特定の人物の子孫と断定するのは無理としている。

 ただ、いずれの研究でもこのY染色体は、日本人には全く見られない。この事実から、同時代の軍事的天才だった九郎判官、源義経が平泉を脱出し蝦夷から大陸に渡り、チンギス・ハーンになったという伝説は否定できる。

https://dot.asahi.com/dot/2017103100068.html
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1509598436/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し 2017/10/18(水) 21:36:24.48 ID:lmbo8eRNa
平安時代の日本2大都市の人口 

京都16万人 平泉15万人 

奥州藤原氏が滅びていなければ今の岩手県南から宮城県北部は今の大阪みたいな巨大都市だったんやぞ
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1508330184/
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1508332596/
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

20100902003230

1: 風吹けば名無し 2017/10/20(金) 17:51:37.55 ID:kQtwTIzV0
平氏「伊豆へ流しとこ」
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1508489497/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: ばーど ★ 2017/09/01(金) 11:31:55.17 ID:CAP_USER9
 岐阜県中津川市加子母の大杉地蔵尊で、墓石をはうナメクジを供養する奇祭「なめくじ祭」が執り行われ、大勢の住民らが墓石の前で手を合わせた。

 同地蔵尊の境内には平安から鎌倉時代の高僧、文覚上人の墓が置かれている。同上人は出家前、遠藤盛遠を名乗った武士で源頼朝らと親交があった。

 盛遠は18歳の時、友人の妻の袈裟御前に横恋慕し、恋に狂った。袈裟御前は7月9日夜に夫を1人で寝かせておくので首をはねてほしいと頼み、盛遠は約束通り首をはねたが、正体は夫を助けるために身代わりになった袈裟御前だった。

 盛遠は出家して苦難苦行を重ね、名を文覚と改めて加子母の地に眠る。それ以降、旧暦7月9日の深夜になるとナメクジが墓石をはい上がるようになり、住民らが袈裟御前の霊の化身とみて毎年供養を行っている。

 この日は、住職らが墓石前で念仏を唱えて法要。近隣住民ら約5千人が参拝に訪れ、家電などが当たるくじ引き「なめくじ」や盆踊り、軽食を楽しみながら、墓石に手を合わせた。

なめくじ祭で文覚上人の墓前で手を合わせる住民ら=中津川市加子母、大杉地蔵尊
201709010834_30404
配信2017年09月01日08:34
岐阜新聞
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170901/201709010834_30404.shtml
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504233115/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@涙目です。 2017/08/04(金) 20:34:03.01 ID:/rPAdWxt0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
沖縄県宮古島市平良狩俣の伊良部由美子さん(58)が7月13日、宮古島市総合博物館(上地等館長)に日本刀と古文書、かんざしを寄託した。
伊良部さんは地域で「平家落人」の子孫と伝えられており、寄託品は平家ゆかりの品である可能性があるという。
祖先から代々、受け継いできたが、自宅での保管が難しいことから博物館に管理を依頼した。
傷みが大きいことから同館は修復作業を進める方針で、一般公開については未定としている。

 ◆かんざしには「七曜紋」

寄託された日本刀は長さ約75センチで全体的にさび付いており、いつの年代に作られたかは不明。
古文書は湿気で固まり、今は開封できない状態にある。
だが、宮古島出身で東京で医者をしていた故奥平繁夫氏が1987年に記した著書で、往復書簡の案文か返書であるとの見解を示している。

かんざしには北斗七星を表した「七曜紋」がかたどられている。
伊良部さんは「幼少の頃から、本土の研究者が自宅に来て品を見ていた。歴史的に価値があるものではないか」と推測する。

 ◆男性の名に「平」が慣例

狩俣地域では、北海岸の「ナービダ(長い浜)」に平家の落人が漂着したと言い伝えられている。
伊良部家は代々、男性の名前の最初に「平」を付けるのが慣例。
地域ではそのことから平家落人の子孫だと伝えられている。

伊良部さんは「父や兄が他界し、保管が難しくなってきた。興味がある方もたくさんいると思うのでぜひ博物館で展示してほしい」と期待。
上地館長は「貴重なものなので多くの人に見てもらえるようにしたい」と話した。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/123036
img_4fb3ef3a261b3031556efa79443ad628146562
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1501846443/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

61QQSxFJpQL
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/11(木) 05:51:55.19 ID:19yrHwqQ0
えぇ…
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1494449515/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

d03a1779

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/12(土) 00:47:59.43 ID:EgT9WxWi0
ショボいンゴね
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1478879279/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ