(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。日本史世界史などの歴史板からまとめています。他にもなんj、vipから歴史関係のスレをまとめています。 良かったらご覧ください。

カテゴリ: 日本史

1: ばーど ★ 2017/05/26(金) 18:52:14.60 ID:CAP_USER9
幕末の大阪に蘭学塾の「適塾」を開いた緒方洪庵おがたこうあん(1810~63年)の妻、八重やえ(1822~86年)が親族らにあてた書状約100点が、大阪大適塾記念センターの調査で見つかった。

塾生の福沢諭吉に「おっかさん」と慕われ、病弱な洪庵を献身的に支えた「良妻賢母」の八重が、息子の借金問題に怒りをあらわにするなど、人間味あふれる姿が浮かび上がる。

書状は2014年、現存する適塾の建物(大阪大が管理)で蔵を整理した際、屏風びょうぶの裏張りに使われた状態で見つかった。同センターがはがして調査しており、内容の検討を今後、進める。
書かれた年がはっきりしないが、幕末から明治初めとみられる。

四女の八千代に宛てた書状では、三男の惟孝これたかが「50円」の借金をつくり、困っていることを記す。
何のためにいつ借りたのかも分からないようで、〈実ニ大馬鹿者おおばかものニハ困り申候もうしそうろう。とふそ(どうぞ)早く死んテ(で)くれたらト朝夕ニ祈候いのりそうろう〉と猛烈に怒っている。

「緒方八重肖像」
 20170526-OYT1I50035-N
「緒方洪庵肖像」 
20170526-OYT1I50036-N
三男の借金を嘆く八重の書状。くせの強い崩し字がぎっしりと並ぶ(大阪大学適塾記念センター所蔵)
20170526-OYT1I50034-L
 
配信 2017年05月26日 17時36分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20170526-OYT1T50116.html
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1495792334/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

app_banner
1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/05(金)23:59:57 ID:dqS
ドイツ「ちうごくに戦術士官と武器輸出するで! ほんでソ連と戦争や!」

日本「中国に戦争仕掛けるンゴ! ソ連とは不可侵条約結んで平和や!」

イタリア「アメリカやソ連に擦り寄るで!」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 紅あずま ★ 2017/05/25(木) 10:43:53.49 ID:CAP_USER9
出雲国風土記
引用した最古の棟札確認 写本の存在示す
毎日新聞:2017年5月25日 10時15分
http://mainichi.jp/articles/20170525/k00/00e/040/242000c

 島根県出雲市は24日、波迦(はか)神社(出雲市斐川町三絡)で、奈良時代の地誌「出雲国風土記(いずものくにふどき)」を引用した最古の棟札(むなふだ)を確認したと発表した。
棟札の裏に祭神のヤマトタケルが降臨して鎮座したことを漢字で記していた。
出雲国風土記に同様の表現があり、市は「中世の出雲国(県東部)に風土記の写本が存在したことを示す貴重な史料」としている。

 市文化財課によると、棟札は建物名や上棟年月日を書いて棟木に打ち付けた板。
発見されたのは縦56.2センチ、幅11.5センチで社殿を造営した1551(天文20)年の棟札という。

 市が市歴史文化基本構想をまとめるため、市内の神社を調査した際、波迦神社の棟札25点を調べて判明した。
1604(慶長9)年の棟札にも、ほぼ同様の記載があった。

 高橋周・市文化財課専門研究員は「風土記独特の表現を用いており、神主が風土記を閲覧したか所持していたことを示唆している。写本をどう入手したのか今後、研究する必要がある」と話す。

 出雲国風土記は733年に完成し、原本は失われた。
年代の明らかな最古の写本は1597年で、江戸時代に多くの写本が作られた。
鎌倉時代に京都で原本か写本を見た人がいることを示す史料はあったが、中世の出雲国に写本が存在したかは分かっていなかった。

 出雲国風土記を利用した最古の史料としては、1502年作成の巻物「灰火山社記(はいびやましゃき)」(松江歴史館蔵)がある。

 佐藤信・東京大大学院教授(日本古代史)は「棟札の文章は16~17世紀の出雲で、現地の人々が見られる風土記の写本が存在した可能性を示し、大きな意義がある」とみている。

 棟札は31日から6月5日まで、出雲弥生の森博物館(出雲市大津町)で一般公開する。入場無料。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: かばほ~るφ ★ 2017/05/25(木) 18:55:18.41 ID:CAP_USER9
旧日本軍の潜水艦24隻 音波探知機で捉える
5月25日 16時35分

長崎県の五島列島沖の水深200メートル付近で、海底に垂直に突き刺さった状態の潜水艦など、旧日本軍の潜水艦合わせて24隻の姿を、海底探査を専門とする民間の調査チームが音波探知機で捉えました。
調査にあたった専門家は「旧日本軍の潜水艦については詳しい図面がほとんど残されていないため、検証も進んでおらず、貴重な戦争遺産だ」と話しています。

調査を行ったのは、海底探査が専門の東京大学の浦環名誉教授などで作る民間のチームで、今月19日から21日にかけて、長崎県の五島列島沖の東シナ海で調査を行いました。
その結果、海底に垂直に突き刺さったり、海底に横たわったりしている24隻の潜水艦の姿を音波探知機で捉えたということです。

この海域では、太平洋戦争の終戦の翌年、1946年4月にGHQ=連合国軍総司令部によって、旧日本軍の潜水艦合わせて24隻を海に沈める処分が行われていて、調査チームは、今回確認された24隻の潜水艦は、GHQによって処分された潜水艦だとしています。

調査チームでは、このうち1隻について、「伊402」という名前の潜水艦だと特定し、残りの潜水艦については、これから順次名前の特定を進めたいとしています。

この海域では、2年前に海上保安庁が行った調査でも、潜水艦と見られる24の船の影が確認されていました。

調査チームの代表を務める、東京大学の浦名誉教授は記者会見で、
「旧日本軍の潜水艦をめぐっては、性能や機能がわかる図面がほとんど残っておらず、戦争の歴史を記録するという観点でも詳しい検証が行われていない。今回確認された24の潜水艦は、旧日本軍のありのままの姿を知ることができる貴重な戦争遺産だ」
と述べました。

調査チームでは、ことし8月にも探査機を沈めて、一部の潜水艦について、より詳しい調査を行いたいとしています。さらに調査チームでは、戦争の遺産として展示できるように、一部の潜水艦について引き上げが可能か検討したいとしています。

■2年前より近づけて調査

2年前に海上保安庁が調査した際には、船の底に取り付けた音波探知機で、水深200メートル付近を見下ろすような形で探査が行われました。
今回は、船から音波探知機を水深150メートル付近までつり下げ、より近くから、横から見るような形で探査が行われました。

■ほとんど残されていない潜水艦資料

調査チームによりますと、旧日本軍の潜水艦をめぐっては、建造当初の外観については設計図が残っているものの、内部の構造や機能に関する図面はほとんど残されていないということです。
また、旧日本軍の潜水艦では、戦時中、攻撃性能をより高める改造が行われたとされていますが、どのような改造が行われたのかを記録した図面はほとんど残されていないということです。

(後略、全文はソースで)
NHK NEWSWEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170525/k10010994701000.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/22(月)21:25:01 ID:Ldu
そもそも何人いたかもわからん

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 紅あずま ★  2017/05/24(水) 20:21:34.31 ID:CAP_USER9
奈良の法輪寺で、飛鳥時代のものとみられる「舎利孔鉄蓋(しゃりこうてつぶた)」が確認される
HuffPost:2017年05月24日 06時09分
http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/23/hourin-temple-sharikoutetsubuta_n_16778048.html

n-ASAHISHINBUNSHATEIKYO-large570
発見された舎利孔鉄蓋=23日午前、奈良県斑鳩町の法輪寺

鉄製の舎利孔蓋、奈良の法輪寺で確認 飛鳥時代のもの?

 聖徳太子の子・山背大兄王(やましろのおおえのおう)の創建とも伝わる奈良県斑鳩町の法輪寺(ほうりんじ)で、仏舎利(ぶっしゃり)(釈迦の遺骨)の壺を納めた穴の蓋(ふた)「舎利孔鉄蓋(しゃりこうてつぶた)」が確認された。
寺が23日発表した。鉄製で、飛鳥時代の7世紀後半のものとみられる。
江戸時代に絵に描かれたが、その後は所在不明になっていた。

 蓋は円盤状で、直径約33センチ、厚さ0・5~1ミリ、重さ712グラム。
仏舎利の入った「銅壺(どうこ)」(国重要文化財、飛鳥時代)を納めるため三重塔の心柱(しんばしら)の礎石に開けられた穴をふさぐ蓋とみられる。
もとは直径34センチほどで中央につまみがあったとみられるが、さびて周辺部やつまみは失われていた。

 寺の依頼で2015年、町教育委員会が蔵を調べたところ、棚の中で盆に載った状態で見つかった。
今年に入って奈良文化財研究所で詳しく調査。
塔を解体修理中の1739(元文4)年に仏舎利などが見つかった時の記録「仏舎利縁起(えんぎ)」(国重要文化財)には、
仏舎利に関する九つの品の一つとして「金蓋(かなぶた)」が描かれており、町教委は大きさや形などの特徴が似ていることから同一品と判断した。

 町教委生涯学習課の平田政彦課長補佐によると、「古代寺院での鉄製の舎利孔蓋は、確認した中では初めての事例」という。

(朝日新聞デジタル 2017年05月24日 06時09分)
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495624894/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

335842f8
1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/18(木)23:59:44 ID:1Hi
たまには話題に上げてやろうぜ
ワイもあんま詳しくないけど

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

61QQSxFJpQL
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/11(木) 05:51:55.19 ID:19yrHwqQ0
えぇ…
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1494449515/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ