(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。日本史世界史などの歴史板からまとめています。他にもなんj、vipから歴史関係のスレをまとめています。 良かったらご覧ください。

カテゴリ: 日本史

1: 名無しさん@涙目です。 2017/08/27(日) 15:53:16.64 ID:3UXrCYkz0 BE:993788992-PLT(13001) ポイント特典
2017年08月27日 13:07
偵察爆撃機ドーントレスを見ながらミッドウェー海戦を考えた

ドーントレスのパイロットたちの手記には、次のような記述があります。
「空母赤城の甲板は、ハッと息を呑むような鮮やかな黄色で、おまけに日の丸がこれみよがしに描かれていた。その日の丸めがけて、おれは真っ逆様に落ちて行ったわけだ」
空母赤城は木製甲板なので「鮮やかな黄色」というのは、そのことを指しているのでしょう。
日の丸は、わざわざミッドウェー海戦の前に新しく描かれたものです。

急降下爆撃では、標的がどのようなスピードで航行しているかを6千メートル離れた上空から当て推量しなければいけません。これはたいへん難しい判断になります。
だから甲板いっぱいに描かれた日の丸をみて(助かった!)と思ったパイロットも多かったそうです。

http://blogos.com/article/242566/
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1503816796/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 12:11:02.37 ID:CZrVYWPL0
hip4Bwv


やっぱりチビって糞やわ😁
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1505185862/ http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1505192375/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015120701-thumb-380x473-8136
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/11(月) 17:25:44.15 ID:KCem1BRJ0
海軍軍令部「バレてません!(半ギレ)」



なんやこれ?
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1505118344/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: イセモル ★ 2017/09/04(月) 07:53:16.90 ID:CAP_USER9
滋賀県東近江市の古民家から大正期の水洗用小便器が見つかった。衛生陶器大手TOTO(北九州市)の前身となる会社の製品で、とても貴重だという。

古民家はかつての近江商人の邸宅で、近江八幡市の住職(46)が9年前に購入した。離れのトイレの便器に商標があることに気づき、同社に連絡した。

便器を確認した社史資料室の担当者によると、1914~17年に製造されたとみられる。同社は今年で創立100周年。「見つかったのは何かの縁ですね」

小便器は見つかったときに砕けていたが、住職が修復した。担当者によると、同社の過去の製品などを展示するTOTOミュージアムにも、この便器は残っていないという。住職は「時代を伝える珍しい品。大事に残していきたい」と話す。


*****
引用元に画像があります
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK8Z3TZWK8ZPTJB007.html
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504479196/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: ばーど ★ 2017/09/05(火) 13:42:10.59 ID:CAP_USER9
名古屋城の内堀で暮らす母子とみられる2頭のシカ。今回、このうち1頭が負傷した=2013年4月撮影
AS20170905002115_comm
 
名古屋城の内堀で暮らす母子とみられる2頭のシカ。今回、このうち1頭が負傷した=2013年4月撮影

名古屋市は5日、名古屋城内堀(空堀)で暮らすシカ2頭のうち1頭が前脚を脱臼するなどの大けがをしたと発表した。内堀に治療用のおりを設け、獣医師が2カ月かけて治療する。名古屋城では江戸時代からシカがいたと伝わるが、現在はこの2頭しかいない。

名古屋城のシカ、今や2頭の危機 江戸時代から放し飼い

市によると、けがをしたのは雌のホンシュウジカで、推定年齢は6~9歳。8月3日に職員が歩き方がおかしいことに気付いた。今月4日に獣医師が診察したところ、左前脚が脱臼し、一部は壊死(えし)していた。左右前脚の蹄(ひづめ)周辺は感染による炎症があった。けがの原因は不明という。

内堀にはこのシカと、子どもとみられる雌のシカ計2頭が暮らしている。多いときには56頭いたが、病気になったり、野犬に襲われたりして減り、2012年には2頭だけになった。(諸星晃一)

配信2017年9月5日13時28分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK9544M9K95OIPE00K.html
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504586530/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 紅あずま ★ 2017/09/08(金) 00:15:06.59 ID:CAP_USER9
「菅原道真が植えた」伝説のケヤキ折れる 強風の影響か
朝日新聞:2017年9月7日23時12分
http://www.asahi.com/articles/ASK9742L0K97PTJB007.html

AS20170907004614_commL

2本のうち1本が折れた菅山寺のケヤキ(滋賀県長浜市余呉町坂口、市提供)


 滋賀県長浜市余呉町坂口の菅山寺(かんざんじ)の山門近くにあるケヤキ1本が折れているのを自然観察に訪れた男性が見つけ、市が4日確認した。
市によると、ケヤキは2本並んでおり、ともに樹齢は約千年とされる。
地元では、学問の神様・菅原道真が植えたと語り継がれており、住民らに親しまれてきた。

 ケヤキは2本合わせて県の自然記念物に指定されている。
市によると、2本のケヤキは高さ、幹回りいずれも10メートルほど。
1本が虫食いなどの影響で、弱っていたところに強風を受け、折れたとみられるという。もう1本に異常はない。

 菅山寺は奈良時代の764年に開かれたと伝えられ、平安時代に菅原道真が再興したといわれている。
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504797306/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: のっぺらー ★2017/08/30(水) 09:47:48.14 ID:CAP_USER
江戸時代後期に参勤交代で江戸に詰めていた鳥取藩士が、鳥取に残る妻に宛てた手紙が、鳥取市内の民家で見つかった。
江戸での仕事や暮らしぶり、家族を思う気持ちなどがしたためられており、専門家は「江戸詰武士の本音が垣間見える貴重な史料」としている。
(高山智仁)

手紙は、鳥取市内の個人が所有していた屏風の下張りにされていたのを、古文書の収集・解読を行っている同市の大沢邦彦さん(71)が5年ほど前に譲り受けた。

大沢さんによると、差出人は鳥取藩士・城戸左久馬(生年不詳~1853年)。
1817~18年と23~26年の2回、8代藩主・池田斉稷の参勤交代に付いて江戸に滞在した際、妻のお力らに宛てて書かれ、返信も含めて約180通に上るという。

手紙では、冬場の公務の厳しさについて触れ、「綿入れを重ね着しているが、それでも寒い。手は赤く腫れ上がり、感覚がない」と記述。
斉稷の妹が嫁いでいた薩摩藩邸を訪ね、泡盛やマグロの刺し身で歓待を受けたことなども記されていた。

故郷に残してきた息子を思う内容も多い。
「おねしょはしていないか」と心配したり、初めて書いた手紙の文字を見て「驚くほどきれい。私が鳥取に帰ったら、師匠をつけて本格的に学ばせたい」と喜んだりする子煩悩ぶりが読み取れる。

また、2度目の参勤交代の際には、当初1年の予定だった滞在が、行事が重なるなどして3年に延長されたことに言及。
「来年も帰れなかったら、もう役職を辞めようと思う。でもここまで務めたしなあ」と、心の葛藤を妻に漏らす手紙もあった。

大沢さんは8割程度を解読し終えたといい、「武士の世も、今と変わらない人間模様が読み取れ、ほほ笑ましく感じる」と語る。

県立博物館の来見田博基・主任学芸員(近世史)は「公的な史料には残っていない江戸詰武士の内情が書かれていて興味深い。
 これほど多くの手紙が見つかることは珍しく、貴重な研究史料になるのは間違いない」と話している。

写真:鳥取藩士の手紙を解読する大沢さん
20170829-OYTNI50080-L
以下ソース:YOMIURI ONLINE 2017年08月30日
http://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20170829-OYTNT50242.html
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1504054068/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 紅あずま ★2017/09/07(木) 19:20:07.83 ID:CAP_USER9
伊58潜水艦
特定に「複雑」 89歳の元乗組員
毎日新聞:2017年9月7日 17時56分
http://mainichi.jp/articles/20170908/k00/00m/040/009000c

旧日本海軍の潜水艦「伊58」の元乗組員、清積勲四郎さん=津島史人撮影


 終戦直前、米海軍の重巡洋艦「インディアナポリス」を撃沈させた旧日本海軍の潜水艦「伊58」が、長崎県の五島列島沖で特定された。
撃沈時に最年少の17歳だった元乗組員、清積勲四郎(きよづみ・くんしろう)さん(89)=愛媛県松前町=は、艦尾を上に60度の角度で海底に突き刺さっていたことを知ると、「はー」と長いため息をついた。
「頭から突っ込んだ状態とは考えつかなかった。たくさんの船が手をたずさえて仏になっているんですね」としみじみ語った。

 清積さんは1945年5月と7月、それぞれ約1カ月間にわたって士官室付の従兵(給仕)として「伊58」に乗っていた。
100人近くいる乗組員の最年少のため、特に持ち場はなかった。

 伊58がインディアナポリスを攻撃した45年7月29日深夜、清積さんは魚雷が命中した衝撃を感じたという。
「敵艦を目で見るのは橋本以行(もちつら)艦長だけで、艦の外のことは全くわからない。(敵が)沈んだのも全然わかりませんでした」。
撃沈したら艦内放送があるが、通常2~3分で放送されるのに、その日は10分ほどかかったので、大きい船だと思ったという。

長崎県の五島列島沖に沈んでいたと特定された旧日本海軍の「伊58」潜水艦。
人間魚雷「回天」が搭載され、写真には「祈敢闘」と写し込まれている=清積勲四郎さん所蔵

 なかなか沈まないので、人間魚雷「回天」の特攻隊員が「私に行かせてください」と出撃を申し出たが、橋本艦長が「(あとは)沈むだけだから行くことはない」と言っていたと、のちに艦長付の伝令役だった中村松弥さん=京都市伏見区=から聞いた。

 海没処分から71年。くしくも今年8月、インディアナポリスがフィリピン沖で見つかったと民間の調査チームと米海軍が発表した。
清積さんは「よう見つけたなあと思った」が、伊58の特定には「複雑」だという。
「見つけられてありがたいとは思うが、回天に乗り込んで亡くなった人のことを思うと、悲しいことがよみがえってくる感じです」



▼関連スレ
【歴史】五島列島沖の海底で「伊58」など旧海軍の潜水艦24隻の位置と艦名を特定。調査チームが記者会見で発表
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504749796/
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504779607/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ