(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。日本史世界史などの歴史板からまとめています。他にもなんj、vipから歴史関係のスレをまとめています。 良かったらご覧ください。

カテゴリ: ニュース

1: 地面師 ★ 2017/04/22(土) 14:57:20.30 ID:CAP_USER9
2017年度から使われている高校家庭科の教科書で初登場した「LGBT」。今回の教科書検定に合格し、18年度から使われる教科書にはさらに、高校の政治・経済、世界史、倫理、英語の計5点でLGBTなど性的少数者に関する記述が掲載された。多様な性について考えようという動きが教科書にも広がっている。また、社会的な性差(ジェンダー)についての記述も、複数の教科で見られた。(沢木香織、毛利光輝、杉山麻里子)

 清水書院は「政治・経済」の「法の下の平等」のページで、差別や偏見を解消すべき課題の一つとして、障害者やハンセン病の元患者とともに「性的少数者(LGBT)」を挙げ、用語説明を初めて載せた。15年に米国の連邦最高裁が「同性婚を禁止する州法は違憲」とするなど、同性婚を合法化した国が約20カ国に広がったことを紹介。同性カップルに男女の婚姻と同等の関係を認める東京都渋谷区の「パートナーシップ」証明についても記した。

 同社の担当者はLGBTについて「教材に載ることで先生方も話しやすくなる。概念や言葉があることを子どもたちが知ることができると考えた」と話す。

 清水書院は「倫理」でも、「家族のかたちの変化」の項目で、夫婦とその子どもからなる「核家族」のほか、「多様な家族」として「独身のまま過ごす人や、子どもをもたない夫婦、結婚せずに子どもとくらす親子、また、同性どうしでくらす人など」と記載した。

 帝国書院の「世界史B」でもLGBTが初めて登場。「歴史を学ぶ意義」という項目の中で、人類が「性的指向を人権の一つとみなす新しい視点を獲得」したと説明した。関連コラム「ジェンダー(社会的性差)を越えて」の中で、黒人奴隷解放運動や女性参政権運動などを経て基本的人権という理念を獲得してきたとも記述。「21世紀の今日は、『女性は女性らしく、男性は男性らしく』という考え方の見直しとともに、差別の対象であった同性愛や異性装指向など、LGBTが、国連などにおいて尊重すべき人権と考えられるようになった。近年、日本政府も差別の解消に取り組み始めた」としている。

引用元 http://www.asahi.com/articles/ASK4F7FTPK4FUTIL04Q.html
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1492840640/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: みつを ★ 2017/04/24(月) 18:08:33.07 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3126214?cx_part=sp_latest

【4月24日 AFP】第2次世界大戦(World War II)での旧ソ連の対ナチス・ドイツ(Nazi)戦勝72周年に合わせ、ロシア首都モスクワ(Moscow)近郊のクビンカ(Kubinka)で「ベルリンの戦い(Battle of Berlin)」を再現するイベントが行われ、世界10か国から約1200人が参加した。(c)AFP

2017/04/24 18:02(クビンカ/ロシア)

第2次世界大戦での旧ソ連の対ナチス・ドイツ戦勝72周年に合わせ、ロシアの首都モスクワ近郊で行われた「ベルリンの戦い」を再現するイベント(2017年4月23日撮影)。(c)AFP/VASILY MAXIMOV
img_fce0a5dd8cd3c3148d360d0467764c2889976
img_f5ad0e342f0daeb6f93447de3e63917f157821
img_c8cfd9c3b055bd4fbcfed3c10a3f1d10224614
img_cb83f909405f7197db8941437877d31a158355
img_03318b70fad970faf0efd8ae87496a81194471
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493024913/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 記憶たどり。 ★ 2017/04/23(日) 06:30:35.46 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00010000-nishinpc-soci

八女(福岡県)が日本の首都になっていたかもしれない。突拍子もない
冗談のようだが、実は太平洋戦争中に政府が検討していた歴史的事実だ。
「事実は小説より奇なり」とはまさにこのこと。当時の資料をひもとき
「八女遷都論」について調べてみた。

「八女遷都論」が明記されているのは、1943年10月付の極秘文書「中央計画素案」だ。
内閣総理大臣直属の組織で、戦時下の国家総動員体制の諸計画を立案した「企画院」が作成した。現在は、国立公文書館の「アジア歴史資料データベース」
で公開されている。

この文書は朝鮮、中国、東南アジアにおける権益確立を目指す「大東亜共栄圏」建設を見据え、政治、経済、産業、文化、防衛などを含めた国のあり方について方向性を示したもの。計画の対象は日本、朝鮮、台湾。遂行目標を「一応15年」としていた。

「首都」の項目では、候補地として岡山県行幸村(現・瀬戸内市)、朝鮮京畿道京城府(同・ソウル)と並び福岡県福島町(同・八女市)が挙げられていた。条件として、全国土の中心▽地震、風水害など天災地変が少ない▽寒さや暑さが厳しくない ▽用水、電力、食料など物資が豊富▽既成の都市とは適当に離れている、など計6項目を明示。福島町は条件をクリアしていたようだ。

極秘文書は現八女市出身の県職員が発見

首都を構成する機能を、皇居のほか、政府各機関や生活必需物資配給機関、外国公館などとしているが、「極力不要なる機能の集中を抑制する」とも記載。
「防空、耐火、耐震および美術上の見地において最も完全なる都市の造成に重点を指向する」と目標を掲げており、あらたに計画都市を造ろうとしていたことがうかがえる。

極秘文書は1967年、福岡県立花町(現八女市)出身の県職員だった故松延茂さんが発見した。
松延さんは地域文芸誌「飛形」への寄稿で発見の経緯を振り返っている。当時、松延氏は県の企画室企画主査として県総合開発計画の策定に当たっていた。その参考資料を集める中で、戦前、戦中の膨大な公文書に触れる機会があり、その中から見つけたのだという。

この「中央計画素案」策定から2年後に日本は敗戦。遷都案も消えた。松延氏は寄稿の中で、矢部川の自然豊かな風情を表現した洋画家・青木繁の書簡の一節を紹介しながら思いを語っている。「福島町中心地区が首都になっていたら、わが故郷の様相はどうなっていたことか。
時折、白昼夢にも似たまぼろしの首都を思い描いてみることを楽しみにしているが、そのようなとき、青木繁の詩情が私の心をゆさぶるふるさとである」

もし、福島町に首都が置かれたら、現在、八女はどうなっていただろう。国会や中央省庁が集まり、周辺も高層ビルが立ち並んでいるのではないか。人口も比べものにならないほど増えていたはずだ。一方で、伝統的な白壁の町並みや、丘陵地に広がる茶畑など現在の八女ならではの風景は失われていた可能性が高い。

いずれにせよ、多くの謎を残し、八女遷都論は歴史の中に消えた。
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1492896635/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 北村ゆきひろ ★ \(^o^)/ 2017/04/14(金) 22:22:39.48 ID:CAP_USER9
伊勢安土桃山文化村(三重県伊勢市)は、4月29日から3期に分けて大規模リニューアルを実施する。

 伊勢安土桃山文化村は、時代考証に基づいて原寸大の安土城や洛中洛外、楽市楽座など戦国時代の町並みを再現したテーマパーク。2018年に開業25周年を迎えるにあたり、総額100億円をかけた大規模リニューアルを行なう。

リニューアルスケジュール

第1期:2017年4月29日~

海鮮焼レストラン新設、和装コスプレの提供、コスプレ動画スタジオのサービス開始
刀や革の工房販売処の整備、各劇場の演目の充実
安土城全体をお化け屋敷にした「日本一怖いお化け屋敷」開催(4月~8月)
アニメと現代刀工がコラボした「エヴァンゲリオン展」開催、大学とコラボし忍者アカデミー創設(5月~7月)
温泉大浴場(7月~)

第2期:2017年10月予定

和プレミアムな食・ファッションのショッピングモールを整備
さまざまなジャンルの横丁を計画
コスプレのメッカを目指し、数万人規模予定のコスプレイベントを初開催

第3期:2018年6月予定

安土城に泊まれる宿泊施設「THE DREAM CASTLE HOTEL」開業。周辺には手頃な簡易宿泊所も

 また、今回のリニューアルを機に、園内の各劇場の演目を「CROKET MIMIC TOKYO」がプロデュースする。
織田信長が築城したといわれる安土城(43m)を資料に基づいて再現

01 (3)
http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1054677.html
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1492176159/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: しじみ ★@\(^o^)/ 2017/04/11(火) 09:25:39.39 ID:CAP_USER
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公、
井伊直虎は、今川方から井伊家に入った井伊次郎だったと幕末に記した史料が新たに見つかり、井伊美術館(京都市)が10日、発表した。
ドラマ上では、井伊直盛の娘「次郎法師」が直虎を名乗っているが、
同美術館は直虎・男説を補強する史料としている。

 昨年も、別史料から直虎は今川家重臣の息子・井伊次郎だったと発表していた。
同美術館によると、直虎の名前が書かれた文書は「次郎直虎」と書かれた永禄11(1568)年の書状だけで、今回が2例目という。

 新史料は、井伊家の家臣に伝来した「河手家系譜」。
文政13(1830)年ごろにまとめられ、幕末に加筆された。
加筆部分で「井ノ直虎」は「次郎也」とあり、「今川之物也」と説明。次郎法師は直盛の娘との記述もあった。

 永禄11年、徳川家康が井伊家の本拠地だった遠江(静岡県西部)に侵攻した際
「直虎は花沢(焼津市付近)に逃げる途中に討ち死にした」と最期の様子も記していた。

 大河ドラマの時代考証を務める小和田哲男静岡大名誉教授(戦国史)は「幕末の二次史料ながら、河手家系譜の『この次郎は御家にあらず。今川のものなり』と、『井ノ直虎』の横に朱字で『次郎也』とある部分は注目される。史料紹介なり論文の形で公になった時点で検討したい」とコメントしている。

産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/170411/lif1704110008-n1.html
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1491870339/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: みつを ★ 2017/04/08(土) 05:17:51.36 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3124302?act=all

【4月7日 AFP】現生人類を含む古代の人類が人肉を食べる食人(カニバリズム)をしていたのは、栄養価の高い食事を取るためというより儀礼的な目的のためだった可能性の方が高いとする異色の研究論文が6日、発表された。

 英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に発表された今回の研究は、先史時代の食人は広く考えられているよりまれではなかったものの栄養的には得るところが比較的少ない危険な企てだったとしている。

 研究では人体の部位ごとのカロリー値を算出した。同じ重さで比較すると野生のウマ、クマ、イノシシなどは、ほぼ骨と皮と筋肉だけのぜい肉のない体だった人類の祖先よりも脂質とタンパク質のカロリーが3倍以上もあったという。

 さらに食人の場合狩られる側は狩る側と同じ程度に賢いことから、獲物は食べられるまでにかなり抵抗すると考えられる。

 英ブライトン大学(University of Brighton)で考古学の上級講師を務めるジェームズ・コール(James Cole)氏はAFPの取材に「今回の研究を行った理由は、人間が他の動物と比べてどのくらい栄養があるかを知りたかったからだ」と説明し、「それを調べることによって現生人類や他の人類種が食人を行っていたのはカロリーのためだったのか、それとも別の理由があるのかといったことが分かる可能性があると思われた」と語った。

 ホモ・サピエンス(Homo sapiens)、ネアンデルタール人(Neanderthals)、ホモ・エレクトゥス(Homo erectus)や他のホミニン族(ヒト)が行っていた食人は文化的な意味合いが強いとする説があり、今回の研究結果はこの説をより具体的にするものだ。

 最近の研究では、加工物や装飾品などの証拠からネアンデルタール人を含むわれわれの祖先は豊かな文化を持っていたとみられ、おそらく言語も使っていたのではないかとされている。

「古代人の共食いには、現代人が食人を行うのと同じくらい多くの理由があった可能性がある」とコール氏は語った。「肉を食べたいという理由だけではないのだ」

 脚の骨から骨髄をすすったり脾臓(ひぞう)にかぶりついたりすることは、縄張りの支配を再確認したり、死去した親族に敬意を表したりするための方法だった可能性があるとコール氏は説明し、「こうしたシナリオにおいて食物の摂取はおまけみたいなものだ」と指摘した。

 化石記録の調査や最近の遺伝子研究によって、古代人類の間で食人がかなり広く行われていたことが示されている。

 コール氏は「これまでに見つかっている古代人の人骨はそれほど多くはない」とした上で、「だがその少ないサンプルの中でも人間の手が加えられた痕跡がある骨は相当多い。これらの骨には解体された跡や切り刻まれた跡など、食人が行われていたことと矛盾しない証拠が多く見られる」と述べた。

 現代の食人の動機として挙げられる要因は精神病から戦争、呪術、葬送儀礼までかなり広範囲にわたる。船の難破や飛行機の墜落事故に遭った人が生き延びるために食人をする場合もある。

 だが古代人の食人に関しては、通常主な動機は食物にするためだという推定によってその動機の複雑さが「栄養」か「儀礼」の2つに不当に簡略化されているとコール氏は指摘した。(c)AFP/Marlowe HOOD

2017/04/07 13:00(パリ/フランス)

フランス・ドルドーニュの博物館にあるネアンデルタール人の模型(2008年7月2日撮影、資料写真)。(c)AFP/PIERRE ANDRIEU
img_77f1fff1e52a136beb0a0862b8a404f2191514
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491596271/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: らむちゃん ★ 2017/04/07(金) 21:48:22.47 ID:CAP_USER9
「一夜の城」は一夜では建たなかった--。長野県伊那市教育委員会は7日、戦国時代の1582年(天正10年)に織田信長の長男信忠による武田軍の高遠城攻めで一夜にして築かれ、

陣を構えたと伝承がある「一夜の城」の発掘調査で、城の入り口にあたる虎口(こぐち)側で巨大な堀が見つかったと発表した。四方を堀で囲まれていたとし、一夜で築かれた城ではなかった可能性が強いという。

一夜の城は「織田軍の兵士がこの辺りの農民の道具を借りて一晩のうちに築いた城」と伝えられている。

調査した市教委文化振興課の濱慎一学芸員(40)は「(信長一代記の)『信長公記』や伝承から、この地に織田軍が陣を構えたのは否定できない」と語る。

しかし、市教委の2012年の調査で城の50メートル四方の土塁の外側、3面で堀の跡を確認。

元はV字に掘られていた堀を幅広に改修した痕跡も見つかった。さらに、織田軍が陣を張った150年前の陶磁器も出土。

「土塁も高く防御力の高い、地元有力者の城館を接収して使ったのでは」との説が浮上していた。

全文はソース元で、毎日新聞 4/7(金) 20:17
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000090-mai-soci
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491569302/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 江戸幕府 ★ [KR] 2017/04/04(火) 07:13:40.10 ID:CAP_USER9
ドイツを漢字で「独」は差別的だ-。東京都八王子市に住む本紙読者でドイツ国籍の漢字研究者、クリストフ・シュミッツさん(47)が自費出版した漢字字典英訳版で、こう訴えている。
形から人々の思想が読み取れる漢字に魅了され、奥深さを西洋の人にも伝えようと十二年かけて英訳した字典。それだけに、母国の表記には納得できないそうだ。

 シュミッツさんは、ドイツのデュッセルドルフ大学で哲学や西洋、日本の歴史を学んでいた一九九七年、漢字研究の第一人者の白川静さん(一九一〇~二〇〇六年)の
インタビュー記事が載った日本の新聞を読み、説得力を感じた。

 その後、東京大の研究生だった二〇〇三年に白川さんを訪ねた際、著書の漢字字典「常用字解」の出版前の原稿を見せてもらった。
常用漢字の成り立ちと奥深さの分かりやすい解説に感動し、翻訳を決意した。

 欧米では、漢字を造形美として評価する動きもあるが、その成り立ちまで詳しく解説した字典はほとんどないという。
白川さんの学説を世界に伝えるため、母国のドイツ語ではなく英語版を作ることにした。

 「同じ文字でも音読み訓読み、複数の意味がある。複雑な漢字をアルファベットで説明するのは難しかった」と笑うシュミッツさん。
東京大の研究生を終えた〇四年以降も日本で生活し、語学講師などをしながら英訳を続けた。

 「『口』という漢字は、『信』『告』など宗教に関係する文字に多く使われている。字源が人間の口の形ではなく、神への祈りを記した祝詞を入れる容器に由来しているから」。
文字それぞれの由来、背景から社会状況も見える。「漢字は文字の宇宙のようです」

 それだけ漢字を愛するシュミッツさんが嫌いな漢字が、ドイツの当て字「独」だ。
獣偏を使っていることに、差別視がうかがえるという。「漢字を知るドイツ人としては、この文字は変えてほしい」。
白川さんも生前、シュミッツさんの主張を聞いたとき、「それが日本人の中華思想ですよ」と、差別意識が文字に表れていると同意したという。

 新聞を読んでいて、ドイツの出来事を報じた記事の見出しに「独」があると悲しい気持ちになる。「余計な意味が込められないよう、漢字を使わない国には当て字をせず、カタカナで統一してほしい」

 英訳版「常用字解」は一万五百八十四円。巻末に白川さんの功績、自身の経験を踏まえた漢字の勉強のコツも盛り込んだ。


◆識者談話 音読みを拾ったものではないか
<京都大人文科学研究所付属東アジア人文情報学研究センターの安岡孝一教授(人文情報学)の話> 
国名の当て字の由来ははっきりしない部分が多いが、ドイツ(独逸)の場合、「独」と「逸」の2文字に関連性はないことなどから、音読みを拾ったものではないか。

<白川静> 福井市出身。3000年以上前の中国の甲骨文字を研究し、漢字の字形には呪術(じゅじゅつ)や祭祀(さいし)にかかわるものが多く含まれるとする「白川文字学」を打ち立て、2004年に文化勲章を受章した。

 「常用字解」は、03年に中高生向けに執筆した入門書。出版当時の常用漢字1945文字の字源や用例を解説している。

東京新聞 2017年4月1日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/list/201704/CK2017040102000179.html
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/editorialplus/1491257620/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ