(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。日本史世界史などの歴史板からまとめています。他にもなんj、vipから歴史関係のスレをまとめています。 良かったらご覧ください。

カテゴリ: ニュース

1: しじみ ★ 2017/03/11(土) 08:35:56.47 ID:CAP_USER9
【AFP=時事】ペニシリンの発明からさかのぼること約5万年前に、
歯の膿瘍(のうよう)に苦しんでいた旧人類ネアンデルタール(Neanderthal)人の若者が、天然の抗生物質や鎮痛成分を含む草木を食べていたことが分かったとする研究論文が8日、発表された。
研究では、ネアンデルタールの歯石を調べた。

 研究チームによると、現在のスペインのエルシドロン(El Sidron)に当たる地域に住んでいたネアンデルタール人の男性は、抗生物質を産生するペニシリウム属の真菌を摂取し、サリチル酸を含むポプラの木の破片をかんでいたという。サリチル酸は、現代の鎮痛薬アスピリンの有効成分だ。

 英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された研究論文によると、この若いネアンデルタール人の化石化した下顎骨には膿瘍による損傷がみられる他、残されていた歯石から、激しい下痢を引き起こす腸内寄生虫の存在が確認できた。
これにより「若者がひどい病気に侵されていたのは明白」だという。

 論文の共同執筆者で、豪アデレード大学(University of Adelaide)オーストラリア古代DNAセンター(ACAD)のアラン・クーパー(Alan Cooper)氏は「ネアンデルタール人は、薬用植物とそれらが持つ各種の抗炎症作用や鎮痛作用などの特性を熟知し、自己治療を行っていたとみられる」と話す。

「研究結果は、現生人類の近縁種であるネアンデルタール人に関して一般的に聞かれる、想像の中のかなり単純化された考え方とは極めて対照的だ」と、クーパー氏は続けた。

 2012年に独科学誌「ナトゥーア・ウィッセンシャフテン(Naturwissenschaften)」に発表された研究では、ネアンデルタール人はノコギリソウやカモミールなどの薬草を使用していたことが考えられるという。

■菜食中心
 国際研究チームは今回の最新研究で、ネアンデルタール人4個体の石灰化した歯垢(歯石)の中に閉じ込められたDNAの遺伝子分析を実施した。
4個体のうち、2個体はベルギーのスピー洞窟(Spy Cave)から、残る2個体はエルシドロンからそれぞれ出土したものだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000013-jij_afp-sctch
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489188956/
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489048575/ 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 逆落とし(catv?)@\(^o^)/ [DE] 2017/03/08(水) 14:21:34.05 ID:HP0NwCT80 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
英国の考古学チームが、イスラエル北部のナザレでイエス・キリストが聖母マリアや父ヨゼフとともに暮らした家を特定したと考古学誌に発表した。

 聖書を研究する考古学誌『Biblical Archaeology Review』によると、英レディング大学のケン・ダーク教授らが率いる調査チームは、2004年~2010年にかけてナザレの北北西6キロ付近に位置するナハール・ジッポーリ地区を調査。

 その結果、かつて「セポリス」と呼ばれていたこの谷で、古代ローマ時代初期の遺跡を発見し、ユダヤ人が陶器を輸入するための船を作っていたことを突き止めた。

 調査チームによるとキリストの家は、イエスの死後、東西に分かれたローマ帝国の東にあたるビザンチン帝国時代にはモザイクタイルで装飾され、さらにその上に教会が建てられたという。

 13世紀に東ローマ帝国を陥落させた十字軍は、荒廃した教会を建て直したが、教会の地下にあるキリストの家は、1880年代に修道女によって発見されるまで葬り去られた存在だった。
半世紀後の1936年、イエズス会の司祭が重い腰を上げて追跡調査を行ったものの、結果を公表せずに死亡。
修道院が2006年にケン・ダーク教授らのチームに再調査を依頼するまで、誰の記憶からも忘れられていたという。

発掘調査の結果、1世紀に建てられたキリストの家は、丘陵地帯から谷に向かって傾斜するように建てられていて、石造りの壁が残り、内部には穴の開いた調理道具や糸巻きなどのほか、ユダヤ人が家に飾る石灰岩で作った船の飾りが見つかった。

 ダーク教授によると、この家は2世紀になる前に空き家となり、集落全体が採石場として使われるようになった。
3世紀頃には墓地と教会が建てられたものの、ビザンチン帝国時代に装飾用のモザイクタイルで飾られた形跡を見ると、当時の人たちも、イエスが両親と暮らした聖なる場所だと認識していたのではないかと推測しているという。

キリストが両親と暮らした家?イスラエルのナザレで見つかる
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19339.html
nazareth-1-jesus-house
nahal-zippori
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1488950494/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 13:55:45.89 ID:CAP_USER9
大河ドラマ誘致の「戦国時代」到来 全国各地の20団体超がしのぎ
3/5(日) 8:00配信

日曜夜おなじみのNHK大河ドラマ。福井県は2015年から県を挙げた誘致活動を展開しているが、熱心なのは福井だけではない。福井新聞の調べでは、福井以外に少なくとも25にも及ぶ誘致組織が存在。
百億円規模とされる経済効果や、住民の地域文化への関心の高まり、地元の偉人の顕彰を旗印にしのぎを削る。
群雄割拠の覇者となるのは? 傾向と対策はあるのか―。

調べてみたら、誘致組織は北海道から鹿児島県まで国内全域にあり、地元ゆかりの主人公を掲げている。
主な活動は▽知名度向上▽署名活動▽NHKへの陳情―の三つだ。
19年まではドラマのテーマが決まっているため、20年以降の誘致実現を目指している。

幕末の備中松山藩(岡山県)で藩政改革に尽力した山田方谷(やまだほうこく)は、ANAホールディングスの大橋洋治相談役や橋本徹・日本政策投資銀行相談役ら地元出身の著名人が熱心で、77万筆もの署名を集めた。
大分県の戦国大名大友宗麟(おおともそうりん)の誘致組織は、400ページにも及ぶ自作の脚本案をつくるほどの熱の入れようだ。

平安末期の木曾義仲(きそよしなか)・巴御前(ともえごぜん)は、富山県小矢部市などゆかりの地がある6県41団体の広域連携が強み。
徳川家康の外交顧問三浦按針(みうらあんじん)(ウィリアム・アダムス)、家康の孫で高遠藩主や会津藩主を務めた保科正之(ほしなまさゆき)も、県域をまたぎ連携している。

県内で競い合う例もある。千葉県は江戸時代の商人、測量家伊能忠敬(いのうただたか)、戦国武将で大多喜藩の藩主としても有名な本多忠勝(ほんだただかつ)・忠朝(ただとも)親子、戦国大名として名をはせた里見(さとみ)一族が覇権を争う。
里見氏大河ドラマ化実行委の里見香華(こうけ)会長は「三つどもえの中では負けていられない」と息巻く。

(後略、全文はソースで)
福井新聞ONLINE 3/5(日) 8:00配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00010000-fukui-l18
20170305061312_1602874323
20170305061431_826393168
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488689745/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 記憶たどり。 ★ 2017/03/04(土) 16:56:19.85 ID:CAP_USER9
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00010000-nishinpc-soci

「武器じゃないか?」「金の宝だろう?」-

江戸時代の蘭学者で医師の緒方洪庵(1810~63)も何に使うか分からず、“謎の物体”とされてきた物の正体が160年後の現代、大分県日田市の咸宜園教育研究センターの職員の手で明らかになった。
それはろうそくの火を消すための道具「キャンドルスナッファー」。センターで開催中の企画展「廣瀬旭荘・敬四郎文庫」で公開中だ。

センターによると、物体は洪庵の友人で日田出身の漢詩人・儒学者、広瀬旭荘(きょくそう)(1807~63)の子孫宅から2012年に見つかった。
金属製で全長18・5センチ、幅3センチ。先端は箱型で、はさみのように開閉できる仕組み。
この物体について記述した旭荘の日記の一部と、スケッチも一緒に見つかった。日記は1842(天保13)年から53(嘉永6)年の間に書かれたとみられる。

日記によると、物体は6月26日、旭荘が拠点にしていた大坂(大阪府)で、漁の網に掛かっているのを発見。
「色は黒くてかすかに赤く漆で染めたような感じ」といい、「西洋のものではないか」と考えた旭荘は、友人に尋ねるが 「戦に使う道具ではないか」という人や「元は金(きん)だろう」という人がいて答えは出ない。
物体にはオランダ語に似た文字が彫られていたため旭荘は友人の洪庵にも見せるが回答は「不識」。結局正体は分からなかった。

突き止めたのはセンターの学芸担当、溝田直己さん(35)。旭荘関連の資料を
調査中だった2014年、旅行先でチェコの画家の作品展を観賞。作品の一つに
よく似たものが描かれているのに気が付き、それがキャンドルスナッファーと
分かった。
「一体何なのか見当も付かなかったので、絵を見たときは衝撃だった。できるなら旭荘さんにも教えてあげたかった」と溝田さん。
企画展は入館無料で31日まで。

キャンドルスナッファーを手にする溝田直己さん
20170304-00010000-nishinpc-000-view
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1488614179/続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/02(木) 16:53:19.70 ID:/70dkSs56
http://www.nara-u.ac.jp/faculty/let/cultural/news/2017/166

美術品等の鑑定をおこなうテレビ番組で、“国宝級”と鑑定された茶碗。
その後、「あんなものは真っ赤なニセモノだ」という人たちが現れ、
ネット上では真贋論争が盛んにおこなわれているようです。

この茶碗の所有者から、本当にニセモノだと言っている人たちが言うようなモノなのか調べることができないかとの相談を持ちかけられました。
話を聞く中で、ニセモノだと言っている人たちは実物をまったく見ずに言っていることを知り、
文化財調査の原則である、自分の目で実物を観ることがないまま真贋を云々することに疑問を感じました。

そこで、本学に設置されている対象を傷つけることなく文化財に含まれる元素を知ることができる「蛍光X線分析装置」を使って、
ニセモノと主張する人たちが言うような発色させるための釉薬(うわぐすり)が使われているのかを確認しました。
その結果は、発色の原因と考えられるような元素は検出されず、赤、青、緑、白(黄)、黒のどの色に見える部分も含まれる元素には大きな違いがないことがわかりました。

このことで、この茶碗がホンモノであることは証明できませんが、
ニセモノだと言う人達が主張しているようなモノではないことは確実になりました。

文化財学科では、「現地現物主義」という考え方を大きな柱として日々教育をおこなっています。
今回の例は本の一例ですが、文化財の調査に臨む姿勢として、何かを感じ取っていただければ幸いです。
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1488441199/続きを読む

1: ハーフネルソンスープレックス(愛媛県)@\(^o^)/ [RO 2017/03/02(木) 23:21:39.31 ID:8FlgqzT80 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
なんでも鑑定団“茶碗を「国宝級」騒動”でBPOに申し立て 愛知の陶芸家ら

 昨年12月に放送されたテレビ東京系の人気番組「開運!なんでも鑑定団」で、国宝級の「曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)」と鑑定された茶碗をめぐり、鑑定結果を疑問視する専門家が2日、放送倫理・番組向上機構(BPO)に番組内容の審議を申し立てた。

 申し立てたのは、曜変天目の再現に父の代から挑み続け、何度も中国に赴くなどして研究を続ける陶芸家、九代目長江惣吉さん(54)=愛知県瀬戸市。
長江さんは「報道機関であれば発信したものに責任を持つべきで、放送内容に疑義が生じた場合は検証する必要がある」と話し、番組での鑑定の根拠を示すことや、場合によっては再鑑定の実施を求めるようBPOに申請している。

 一方、奈良大の魚島純一教授(保存科学)が2月22日、所有者の依頼で茶碗の成分分析を実施。模倣品であれば、塗られている釉薬(ゆうやく)に発色元素が含まれている可能性があるが、分析の結果、そうした元素は検出されなかったと結論づけた。

 しかし、魚島教授は取材に「分析結果は茶碗の評価の真がんを判断するものではない」と説明した。

 テレビ東京広報部は取材に「特にお答えすることはございません」としている。
http://www.sankei.com/west/news/170302/wst1703020074-n1.html

関連
徳島市男性の「曜変茶碗」 化学顔料ほぼ検出されず
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/02/2017_14882573150769.html
 テレビ東京の鑑定番組「開運!なんでも鑑定団」で、徳島市の男性が所有する陶器が世界で4点目の「曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)」と鑑定され、真贋(しんがん)論争が起こっている問題で、この陶器を奈良大が成分分析した結果、18世紀以降に開発された化学顔料はほぼ検出されなかったことが27日、分かった。
番組での鑑定結果に異論を唱えていた専門家は、中国の模倣品と斑紋が酷似していることを理由に「化学顔料が使われている」と訴えていたが、その主張を覆す結果となった。
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1488464499/ 続きを読む

1: かばほ~るφ ★ 2017/03/01(水) 18:52:47.60 ID:CAP_USER9
<小山田古墳>飛鳥最大級の方墳と判明…最高権力者を埋葬
3/1(水) 17:24配信

◇橿考研が発表

方墳の濠(ほり)とみられる巨大な石溝が見つかった奈良県明日香村の小山田遺跡で、新たに石室の通路跡が見つかったと県立橿原考古学研究所(橿考研)が1日発表した。
一辺約70メートルと推測され、飛鳥時代(7世紀)最大級の方墳と確定した。
小山田古墳について橿考研は「出土した瓦片などから640年ごろの築造とみられる。当時の最高権力者の墓」と指摘。
被葬者は舒明(じょめい)天皇か大臣(おおおみ)の蘇我蝦夷(そがのえみし)に絞られた。

橿考研は2015年1月、県立明日香養護学校の校舎建て替えに伴い、長さ約48メートル、上部幅約7メートル、底面幅約3.9メートル、残存する深さ約1メートルの石溝を発見したと発表。
墳丘の斜面に板石を階段状に積む特異な構造も注目された。
石溝は方墳の北辺と考えられ、橿考研は昨年12月から溝の南約60メートルの地点を発掘していた。

調査の結果、東西に幅約2.6メートルの間隔を空けて、東西約1.5メートル、南北1メートル以上の巨石2個が抜き取られた跡を発見。
両石の間には幅約20センチ、深さ約30センチの石組み溝が確認された。
二つの巨石は横穴式石室の玄室と外部をつなぐ通路(羨道(せんどう))の両壁の基底石で、溝は通路床下の排水溝とみられる。さらに北に約10メートル離れた場所にも抜き取り跡が見つかり、通路が北に延びていることも分かった。

通路を方墳の中心軸とし、これまでの調査で推定される北西隅との位置関係から橿考研は一辺約70メートルと判断。
推古天皇陵とされる山田高塚古墳(大阪府太子町、長辺約60メートル)、蘇我馬子の墓とされる石舞台古墳(明日香村、一辺約50メートル)を上回った。

また、古墳の盛り土からは、形式で630年前後と考えられる軒丸瓦の破片が出土。
墳丘斜面の階段状の石積み方法は舒明天皇が643年に改葬された段ノ塚古墳(奈良県桜井市)と似ている点と併せ、橿考研は小山田古墳の築造時期を640年ごろに絞り込んだ。石溝を埋めた土中に含まれる土器の年代から古墳は7世紀後半には廃絶したと考えられ、築造から数十年のうちに役割を終えたとみられる。

橿考研の菅谷文則所長は被葬者について「642年に最初の陵に葬られた舒明天皇が候補」と説明。
一方、同時期に天皇に匹敵する強権を誇った蝦夷が642年に築いた墓と考える研究者もいる。

現場は埋め戻されており、現地説明会はない。【矢追健介】

(後略、全文はソースで)
毎日新聞 3/1(水) 17:24配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00000057-mai-soci
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1488361967/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 曙光 ★ 2017/02/28(火) 14:53:20.95 ID:CAP_USER9
テレビ東京の鑑定番組「開運!なんでも鑑定団」で、徳島市の男性が所有する陶器が世界で4点目の「曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)」と鑑定され、真贋(しんがん)論争が起こっている問題で、この陶器を奈良大が成分分析した結果、18世紀以降に開発された化学顔料はほぼ検出されなかったことが27日、分かった。
番組での鑑定結果に異論を唱えていた専門家は、中国の模倣品と斑紋が酷似していることを理由に「化学顔料が使われている」と訴えていたが、その主張を覆す結果となった。

陶器の成分分析は、所有者の橋本浩司さん(57)=徳島市明神町1、ラーメン店店長=が2月22日に奈良大の魚島純一教授(保存科学)に依頼した。

魚島教授は、物質に含まれる元素を検出する蛍光X線分析装置を使い、茶碗表面の色ごとにX線を当て、元素の種類と量を調べた。
その結果、アルミニウムなど10種類の元素が検出されたが、化学顔料に使われる元素は発色に影響を与えない程度のごくわずかな量しか出なかった。

魚島教授は「どの色にX線を照射しても、ほぼ同じ成分が検出され、使われた釉(ゆう)薬(やく)は1種類とみられる。この結果が出たことで偽物とは断定できなくなった」と話した。

分析を依頼した橋本さんは「科学的な根拠が持てて納得できた」と言っている。

一方、陶器は化学顔料が使われた模倣品だと主張していた曜変天目研究家の陶芸家・長江惣吉さん(54)=愛知県瀬戸市=は、今回の分析結果について「これだけでは真贋は分からない。
正確な分析に欠かせない器の洗浄が行われておらず、分析方法に疑念も残る」と話した。

沖縄県立芸術大の森達也教授(中国陶磁考古学)は「南宋時代(12~13世紀)の中国・福建省で作られた陶器の成分と比較するなど、総合的な検証が必要。今回の調査で本物とは判断できない」と話した。

番組は昨年12月20日に放送され、橋本さんは、曽祖父が戦国武将・三好長慶の子孫から購入したという陶器を出品。
曜変天目茶碗と鑑定され、専門家から異論が出ていた。
N0vvnndd 
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/02/2017_14882573150769.html
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1488261200/ 続きを読む

↑このページのトップヘ