(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。歴史関係のスレ(ほぼなんj)をまとめています。良かったらご覧ください。

カテゴリ: ニュース

1: 名無しさん@涙目です。 2018/04/19(木) 17:38:27.37 ID:W8KvXtcK0 BE:155743237-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/ico/boruzyoa.gif
「バターン死の行進」から76年。アメリカでも危惧される「歴史の風化」
2018年04月19日

(中略)
日本のネット上では「よりよい環境に移送するため仕方なかった」
「日本軍は投降すること恥としていたので、捕虜の扱いに関する教育が足りていなかった」という意見や、「これぐらいの距離は飲まず食わずでも歩ける」というものまで、事件を疑問視するようなコメントが多く見られる。
一方で、義務教育などで詳しく教えられることもなく、知らないという人も多いだろう。

(中略)

しかし、76年という年月が経った今、アメリカでも「事件を認識している」人の数が次第に減りつつあるのが問題になっている。

「Santa Fe New Mexican」は「ニューメキシコの生還者、『バターン死の行進』が忘れられてしまうことを懸念」という記事を掲載。
バターンでの戦闘は日本軍のオーストラリア侵攻を食い止めたが、第二次世界大戦初期のもっとも悪名高く残虐な出来事「死の行進」に繋がってしまったと事件の重大性を伝えつつも、現在生き残っている元捕虜がいなくなれば、忘れ去られてしまうのではないかという懸念を示している。

同記事では98歳になる元捕虜の妻が、3月に行われた式典にやってきた孫たちのエピソードを挙げて、「(死の行進が)忘れられることになるだろう」と指摘している。
というのも、孫たちが周囲に式典と死の行進の話をすると「教師も同級生も何の話をしているのか、事件についてサッパリ知らなかった」そうだ。

https://hbol.jp/164018
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1524127107/続きを読む

1: しじみ ★ 2018/04/18(水) 18:00:14.95 ID:CAP_USER
詐欺の歴史、ここにあり。

6面ダイスの起源はおよそ5000年前の古代ペルシャまでさかのぼるので、ノルウェーで600年前のサイコロが発見されたからといってなんら特別なことではありません。
しかし、先日発見されたサイコロには1の目と2の目がなく、中世時代のペテン師の存在を匂わすものでした。

このいかさまサイコロは、ノルウェー文化遺産研究所(NIKU)の考古学者たちが同国のベルゲンで発見したものです。
彼らは現在、中世のベルゲン地区にあった15世紀の木製舗装道路の残骸を発掘しています。
当時、そこは人口が密集した地域で酒場や宿屋であふれており、ギャンブルなどの勝負ごとが行なわれていた可能性が高いと思われます。

ベルゲンの考古学者たちは、中世時代のサイコロを30個以上も発見。
サイコロを勝負ごとで使うのは一般的だったようですね。でもこの場合、オッズをねじまげた人がいたようで…。
このいかさまサイコロには1の目と2の目がない代わりに、4の目と5の目が2つあったのです。
発掘作業のプロジェクトマネージャーであるペール・クリスチャン・ウンダーハウグは発見された場所からして、この遺物はなくしたもの、もしくは故意に投げ捨てられたものだと考えています。

NIKU(Norsk institutt for kulturminneforskning)の考古学者Ingrid Rekkavikによればこのサイコロは、昔からありすぐに覚えられるギャンブルゲームPasse-dix(英語ではPassage)に使われていた可能性が高いとのこと。
このゲームではプレイヤー2人がそれぞれ3つのサイコロを投げます。
ポイントは合計が最低でも10になるように投げることで、最初に10以下になった人が負けです。
Passe-dixで投げたサイコロの合計は平均して10.5ですが、このいかさまサイコロでなら11.5に跳ね上がります。

中世のノルウェーでは賭博があまりにも蔓延していたため、権力者たちは法でそれを禁じました。
1276年には、賭博台にある金銭を没収して各ギャンブラーに半マルク、すなわち107gの銀の罰金を科す権限を王のオンブズマンに与える法が可決されたほどです。
しかしこの法があるにもかかわらず、その後のノルウェーでもギャンブルが広まっていたと疑うには十分な根拠があるとのこと。

つまり、今回発見されたサイコロは賭博が違法とされていた時代にズルを冒す道具だったのです。
そういった時代背景を踏まえ、Rekkavik氏は「このサイコロの最後のゲームを想像するとワクワクします。
いかさまはバレてしまったのか? だとしたら、参加者の反応は?」と想像を膨らませています。
バレてしまったとしたら、持ち主のギャンブラーが証拠を葬り去るために投げ捨てたのか、それとも勝負相手が怒りに任せて投げてしまったのか…。

600年たった今、その真相はあずかり知らぬところではありますが、いつの時代だってズルをする人がいたってことですね。

関連ソース画像
180416dice-w960
180416dice2
180416dice3

Image: Angela Weigand, UiB, National Museum
Source: Norsk institutt for kulturminneforskning via LiveScience
https://niku.no/en/2018/03/uvanlig-terning-middelalderen-funnet-bergen/

GIZMODO
https://www.gizmodo.jp/2018/04/medieval-cheaters-dice-found-in-norway.html
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1524042014/続きを読む

1: ばーど ★ 2018/04/18(水) 07:49:53.84 ID:CAP_USER9
 福岡市東区の志賀島で発見されたと伝わる国宝の金印「漢委奴国王」の製作を再現する実験が始まった。取り組むのは「九州鋳金研究会」に所属する鋳造技術や考古学などの専門家たち。古代の金印がどのように作られたのか、いまだ詳しいことが分かっていない謎の解明への挑戦だ。

 3月末、福岡県宗像市にある福岡教育大の鋳造室。九州鋳金研究会会長で、鋳金が専門の宮田洋平教授(58)が溶解炉を熱していた。地金を溶かす「るつぼ」が炉内にある。木炭を炉に入れると、火の粉が高く舞い上がり、真っ赤な炎は勢いを増した。

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」への金印の登録を目指すNPO法人「志賀島歴史研究会」(福岡市東区)の要請を受け、九州鋳金研究会は金印の製作技術の研究を始めた。

 昔の官印に関する文献を踏まえて工法を検討し、古代中国でも行われた蝋(ろう)型鋳造法を採用。金属を溶かす熱源は、現代ではコークスを用いるのが一般的だが、当時の工法に近づくため、木炭を使うことにした。

 鋳型は、宗像市の鋳物師、遠藤喜代志さん(68)が製作。福岡市博物館にある金印のレプリカを参考に、蜜蝋と樹脂を混ぜて原型を作った。実物よりわずかに大きくしたのは、後で加工するためだ。

    □  □

 歴史研究会のメンバーや福岡市博物館の学芸員など合わせて約30人が見守る中、実験が進む。

 火入れから約1時間。炉内の温度が千度を超えると、地金をるつぼの中へ投入した。金の含有率は実物と同じ。湯口まで満たすため、地金は実物よりも約90グラム重い。

 15分ほどで地金が溶けた。炉内の温度は1188度に達していた。地金を鋳型に流し入れると、オレンジ色の液体は急速に赤みを失って固まった。

 さらに1時間後。宮田教授が冷ました鋳型を木づちで割ると、砂まみれの金印が現れた。しかし…。

 「残念ながら失敗です」と宮田教授。金印の印台の一部が欠けていた。

 宮田教授によると、熱源に使い慣れていない木炭を使ったことで、地金が十分に溶解せず、湯口に近い部分まで行き渡らなかったようだ。

 当初は金印を鋳造後に印面に篆刻(てんこく)する予定だったが、その手法を含めて製作法を再検討し、実験は原型作りからやり直すことになった。ただ、古代の技術解明のためには、失敗を追体験することも大切なことかもしれない。

 九州鋳金研究会は、志賀島歴史研究会が10月に開く金印シンポジウムで一連の研究成果を報告する予定。歴史研究会理事の岡本顕実さん(74)は「金印を技術的に検証し、製作法が明らかになれば、世界の記憶登録への追い風になる」と期待を寄せている。

【ワードBOX】国宝金印「漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)」

 江戸時代、志賀島で農民が発見したと伝わる。古代中国の史書「後漢書」に、後漢の光武帝が57年、福岡平野にあった奴国の王に印綬を与えたと記され、「漢委奴国王」と刻まれた金印のことだとされるが、偽物説もある。一辺2.3センチ。重さ108グラム、金の含有率95%。福岡市博物館所蔵。

金印の製作を再現する九州鋳金研究会のメンバーたち=3月30日、福岡県宗像市
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20180417/201804170007_000_m.jpg
溶かした金を鋳型に流し込むと、あっという間に固まった
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20180417/201804170007_001_m.jpg
九州鋳金研究会が作った金印。湯口に近い部分が欠けている
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20180417/201804170007_002_m.jpg

2018年04月17日 17時00分 
西日本新聞 
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/409269/

関連過去スレ

【歴史】国宝「金印」は本物? 後世のニセモノでは、との声が後を絶たず[朝日新聞]
https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508837001/
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524005393/続きを読む

1: みつを ★ 2018/04/17(火) 16:08:58.49 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3171405?act=all

2018年4月17日 11:38 発信地:ベルリン/ドイツ
【4月17日 AFP】13歳の少年とアマチュア考古学者が歴史的なお宝を発見──。ドイツ北部で教員とその生徒が趣味の発掘で見つけた遺物をきっかけに、デンマークにキリスト教をもたらした10世紀の伝説的な王ハーラル1世(ハーラル・ブロタン、Harald Bluetooth、青歯王)にゆかりがあるとみられる品々が大量に発掘された。専門家は「歴史資料を裏づける貴重な発見」とたたえている。

 今年1月、ドイツ北部のリューゲン(Ruegen)島で考古学が趣味の教員レネ・シューン(Rene Schoen)さんと生徒のルカ・マラシニチェンコ(Luca Malaschnitschenko)君(13)が金属探知機を用いて財宝探しをしていたところ、アルミニウム片のようなものを見つけた。最初はなんの価値もない破片と思われたが、よく見ると銀でできているものだと分かった。

 これを受けて先週末から、地元の考古学チームが400平方メートルにわたって本格的な発掘調査を実施。その結果、首飾り、真珠、ブローチ、指輪、北欧神話の戦トール(Thor)にまつわる金づちなどが見つかり、これらの品々がデンマークのイェリング(Jelling)朝のハーラル1世(在位958~986年頃)と関連するものであることが判明した。

 約600枚に上る硬貨も出土し、うち100枚以上がハーラル1世時代のものであることが分かった。発掘調査を率いる考古学者のミヒャエル・シーレン(Michael Schirren)氏は独DPA通信に「バルト海南部地域一度に出土した青歯王時代の硬貨の数としては最大であり、非常に大きな意義がある」と述べている。

 見つかった硬貨のなかで最も古いものは、ウマイヤ朝時代のシリアで714年に作られたディルハム硬貨で、最も新しいものは983年鋳造のペニー硬貨。

 これらの品々は980年代後期に埋められたとみられている。ハーラル1世は息子のスベン1世(Sven Gabelbart)が率いる反乱軍に王の座を追われ、ポメラニア(Pomerania)に逃れて987年に世を去っている。

 考古学者のデトレフ・ヤンツェン(Detlef Jantzen)氏は「歴史資料を裏づけるとみられる貴重な発見例」と指摘している。(c)AFP/Antoine LAMBROSCHINI

9666044-3x2-460x307
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1523948938/続きを読む

1: ガーディス ★ 2018/04/15(日) 11:49:10.11 ID:CAP_USER9
旧日本軍の関東軍防疫給水部(通称731部隊)所属の軍医将校が博士号を取得した論文について、人体実験に基づいている疑いがあるとして、研究者らが14日、京都大(京都市左京区)で講演した。研究者らは論文の不自然さを指摘し、学位を授与した京大に検証を求めるための署名を呼びかけた。

 滋賀医科大の西山勝夫名誉教授らが設立した「満州第731部隊軍医将校の学位授与の検証を京大に求める会」が主催。同部隊の研究を続けてきた神奈川大の常石敬一名誉教授が講演した。

 論文は、サルを使って蚤(のみ)の一種「イヌノミ」によるペストの媒介能力を研究した内容。昭和20年5月31日付で旧京都帝大(京大)に提出された。筆者の軍医将校は直後に死亡したとされるが、同大は同年9月に文部大臣(当時)の認可を受けて医学博士の学位授与を決定した。

 常石氏は論文内の「サルが頭痛を訴えた」との記述について、「頭痛を訴えるサルがいるのか」などと不自然さを指摘した。

 同会は6月末までに署名を集め、7月にも京大に検証を行うよう申し入れする。

https://www.sankei.com/smp/west/news/180415/wst1804150014-s1.html
関連スレ
【生体実験部隊】731部隊の構成全容明らかに 国立公文書館が名簿開示★2
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523736101/
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1523760550/続きを読む

1: ガーディス ★ 2018/04/15(日) 13:20:48.06 ID:CAP_USER9
4/15(日) 11:25配信

黒装束姿で高い塀を飛び越え城に忍び込み、手裏剣を放ち、どろんと消える―。
小説や漫画で超人的に描かれる忍者について、史実に基づいた研究が全国で進んでいる。
県内でも福井県立図書館にある幕末期の史料の調査で、福井藩の忍者の姿が分かってきた。
城下町に堂々と住み、名前はいたって平凡。
普段は忍術の稽古や、門番や武器の管理といった地味な仕事をこなし、本業の情報収集では張り紙を書き写していた―。
担当者の解説を基に、幕末期の忍者を描いてみた。


「皆さんが知っているのは作り上げられた忍者の姿」。
県立図書館で開かれている企画展「幕末福井藩の忍者」の解説講座で、司書の長野栄俊さん(46)が切り出した。
長野さんの調査によると、福井藩の忍者は「『忍之者(しのびのもの)』」などと呼ばれ、幕末期は12人いた。
身分は武士で、最下層の足軽に属した。
足軽の身分はお金で買えたため、長野さんは「忍者もお金を払えばなることができたのでは」と推測する。

足軽の中では給料が高く、現在の福井市宝永1丁目・日之出5丁目辺りに約500坪が与えられ、長屋とみられる屋敷に住んでいた。
幕末の城下町を描いた絵図には「忍組」と書かれており「絵図に明記されているぐらいだから、城下の人たちは忍者の屋敷だと分かっていたはずだ」。
名前も史料に記されており「山形隆」や「高橋利助」といった、現代にもありそうな名が並ぶ。
長野さんは「『霧隠才蔵』や『猿飛佐助』といった特徴的な名前なら子孫を探せるのだが…」と残念そう。

福井藩の忍者はどのような仕事をしていたのか。
長野さんは「忍者と聞いてイメージするような心躍る仕事はしていなかった」とする。
普段は忍術の稽古に励みつつ、藩の倉庫に収められた武器の管理や、武芸の道場の門番を務めていたらしい。
忍術の流派は源義経が祖とされる「義経流」。
屋敷の隣には「半弓」と呼ばれる持ち運びやすい短い弓の稽古場があり、手裏剣ではなく弓の上達に努めていたようだ。
忍者のイメージと結びつく仕事が、藩の内外で情報収集する「忍び御用」、すなわちスパイ活動だ。
とはいえ幕末の史料に残っている限りでは、京都で張り紙の内容を書き写したり、他藩に流された藩主のお墓を絵に描いたりといった内容。
義経流忍術の伝書によると商人や山伏に変装するなどして怪しまれないようにしていたようだが、屋根裏で会話を盗み聞くといった仕事をしたとの記述はないという。

幕末は政局の激動期で「情報が藩の命運を左右した」と長野さん。
藩主松平春嶽は黒船来航の2カ月前、忍者2人を江戸に送って情報を集めさせたが、1年後の黒船再来時には「文才ある」上級藩士の家来を向かわせた。
さらに、幕府直轄の学校に通う藩士の息子をスパイ役に命じた。
長野さんは「扱われる情報が高度化し、情報収集のプロであるはずの忍者が対応できなくなっていた」と考える。
そして明治時代に入る2年前に、福井藩が雇う忍者はいなくなった。

三重大国際忍者研究センター副センター長の山田雄司教授は、県立図書館の調査で明らかになってきた福井藩の忍者の姿は「江戸期の典型的な形」としつつ
「忍者研究は戦国から江戸初期が中心で、あまり分かっていなかった幕末の忍者像を示した点で意義がある」と話している。
黒船来航時、幕府の命令を受けた福井藩は忍者3人を含む272人を江戸に向かわせた。
忍者の装備はあらかじめ決められており、黒塗りのかぶとや朱塗りのよろい、小手を身に付け、半弓を腰に差すことになっていた。
ほかに忍者特有の道具として、壁やがけを登るために使う、縄の先に鉄製の鉤(かぎ)がついた「打鉤(うちかぎ)」や、雨天時も使えるたいまつなどを携帯。
武器や道具を運ぶ「荷物持ち」も付き添うことになっていたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00010001-fukui-l18
20180415-00010001-fukui-000-2-view
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1523766048/続きを読む

1: クソ茨城とは別人です 2018/04/09(月) 22:59:56.95 ID:OSZxChti0 BE:844481327-PLT(12345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
シベリア抑留中に旧ソ連の軍事法廷で日本人114人が銃殺刑判決を受けたことが、シベリア抑留研究者の富田武・成蹊大名誉教授の調査で分かった。
富田名誉教授が9日、都内での記者会見で明らかにした。
ロシアの国立公文書館で共産党中央委員会の会議録を調べたという。

厚生労働省によると、シベリア抑留については1991年に日本と旧ソ連との間で協定を結び、その後ロシア側から提供される死亡者名簿などをもとに身元特定を進めている。
ただ、死亡理由別の分類はしていないという。

今回調べた会議録は軍事法廷の判決内容が報告されたもので、罪状には戦時中のスパイ活動や反ソ活動などがあった。
これまでに確認されている資料と照合して刑の執行が確認されたのは33人で、減刑者や服役中の死亡者が1人ずついた。
残る79人が実際にどうなったか判明していないという。富田名誉教授は「国は調査を急ぎ積極的に公表してほしい」と求めている。

厚労省は「今回の資料も今後ロシア側に提供を求め、確認を進めたい」としている。(佐藤啓介)

https://www.asahi.com/articles/ASL49574RL49UTFK017.html
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1523282396/続きを読む

1: ばーど ★ 2018/04/05(木) 17:32:24.94 ID:CAP_USER9
※たまたまスレです

【4月4日 時事通信社】中国のインターネット通販サイトから、聖書が一斉に姿を消した。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、当局が先月末、通販各社に販売禁止を命じたという。中国政府は今月3日、約20年ぶりに発表した宗教政策に関する白書で、共産党による指導への支持を宗教界に求めるなど宗教の「中国化」を要求。販売禁止も締め付け強化の一環とみられる。

 ネット通販大手の京東で4日、「聖書」をキーワードに検索すると、「関連商品は見つかりません」とのメッセージが表示された。イスラム教の聖典「コーラン」も同様だ。

 最大手の淘宝(タオバオ)と、書籍に強い当当網では、「聖書百科事典」や「漫画聖書物語」など関連書籍は購入できるが、聖書は扱っていない。

 誰でも手軽に入手できるネット販売の禁止には、政府非公認の「地下教会」信者の拡大防止のほか、聖書の独占販売による公認教会の収益確保が狙いとの見方もある。

 4日、北京の王府井新華書店で店員に尋ねると、「聖書はもともと置いていない。欲しいなら教会に行って」と促された。(c)時事通信社

2018年4月4日 15:53 
AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3170003
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522917144/続きを読む

↑このページのトップヘ