no title
510: 名無しの司馬遷 2014/08/17(日)22:17:14 ID:UZZseBJP0
さて、旧オスマントルコ帝国領の南半分、シリアとメソポタミアはどのような運命をたどったのだろうか。

世界大戦さなかの1915年、大英帝国エジプト高等弁務官アーサー・マクマホンはメッカの太守ハーシム家のフサインと「フサイン・マクマホン協定」を結び、肥沃三日月地帯のほぼ全域にわたるアラブ国家建設を約束することでハーシム家を対トルコ反乱に立ち上がらせた。

ところが、1917年に連合国の一角、ロシアで革命が勃発したことがきっかけとなり、衝撃の事実が明るみに出た。
ロシアの政権を掌握したボリシェヴィキ(共産主義者)たちは「資本家どもの戦争なんぞやめちまえ!」と訴えかけるべくロシア帝国外務省に保管されていたあらゆる外交文書の暴露祭りを敢行。

当時の外交交渉というのは基本的に秘密主義だったので、ウィキリークスどころではない大騒動になる。

ここで暴露された文書のなかに、極めて不穏な秘密協定が存在した。「サイクス・ピコ協定」である。
これによれば戦後に肥沃三日月地帯を英仏で山分けすることになっている。
三日月地帯の西半分であるシリアをフランス、東半分であるメソポタミアをイギリスが押さえるというのだ。
どう考えてもフサイン・マクマホン協定と矛盾する。
ちなみにこの協定の英国側代表マーク・サイクスは、アラブの反乱を煽り立てた当のアラブ局の一員であるという怪。

それだけではない。
1916年には英国外相アーサー・バルフォアがシオニスト会長のロスチャイルド卿に「バルフォア宣言」なるものを出している。
続きを読む