(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。歴史関係のスレ(ほぼなんj)をまとめています。良かったらご覧ください。

タグ:パキスタン

658: 名無しの司馬遷 2014/09/04(木)22:15:48 ID:NvraU2rV4
イラン革命をきっかけとして、にわかに始まった「第二次イスラーム復興運動」。
これにもっとも脅えたのは意外にもソビエト連邦だった。

なぜかというと、おおむねロマノフ朝ロシア帝国の版図を引き継いだソビエト連邦は、
実は世界で最も多くのムスリムを擁する国家のひとつだったのだ。

ロシアが19世紀に征服した中央アジア、カフカス、クリミア半島、そしてモスクワからも遠くないヴォルガ中流域。
ロシア革命後、「宗教は人民の阿片なり」とのスローガンのもと、イスラームは徹底して貶められ抑圧され、スターリンの独裁時代にはクリミア・タタール人などの不穏分子が東方へ強制移住を強いられた。

だが、そんな抑え込みをすればするほどに、南部や東部のムスリムたちのあいだにソビエト支配への反感が募っていることは想像に難くない。
あるいは、あまりにイスラームを抑圧しすぎたがゆえに、かえってイスラームという宗教がソビエトに支配されるアジア系諸民族のあいだで独立の旗印として利用される恐れすらも芽生える。

だからイラクのサダム・フセインがイランに侵攻すると、ソビエト連邦はどこよりも熱心にイラクを支援した。
しかし、それでもまだ不安だ。
西側だけではない。東側からもイランを封じ込めなければ。

そこでソ連はアフガニスタンに目を向けた。
続きを読む

   no title
560: 名無しの司馬遷 2014/08/21(木)23:35:13 ID:aI6YnPYhZ
1857年に、モーブー反対ブリテン反対を叫ぶ兵士たちによってインド大反乱が発生したことを機に
英国は、形の上でだけ続いていたムガル帝国を完全に滅ぼした。
ムガル帝国最後の皇帝はビルマに流刑となり、代わって英国女王ヴィクトリアが「インド女帝」を称す。
ヴィクトリア女王自身がインドに来れるわけはないから、実際にはインド総督兼副王が名代として即位式の主人公となる。
いわゆる「英領インド帝国」の誕生である。
続きを読む

↑このページのトップヘ