(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。歴史関係のスレ(ほぼなんj)をまとめています。良かったらご覧ください。

タグ:真田信繁

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1434864802/
1: 名無しの司馬遷 2015/06/21(日) 14:33:22.33 ID:QcTIqHJi0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/chibi_c.gif
 NHKの大河ドラマ「真田丸」の放映を来年に控え、戦国武将・真田信繁の娘「お田の方」が落ち延びた亀田藩の城下町・秋田県由利本荘市亀田地区で、
お田の方が着用したと伝わる甲冑の保存論議が持ち上がっている。

 400年以上も前の武具とされるだけに、ひもや糸が朽ちるなど、劣化が著しい。地元では修繕を望む声が強いものの、大きな費用負担がネックで、市教育委員会も慎重に検討している。

 甲冑が保存されているのは、お田の方の建立と伝わる地元の妙慶寺。1953年に県の有形文化財に指定された。戦国時代に信繁が作らせた甲冑とみられ、かぶとには真田家の紋所の六文銭がくっきりと。
少女用の甲冑とあって、高さは150センチに満たない。亀田地区の真田伝承のシンボルだが、歳月を経て劣化が進み、かぶとを結ぶ「忍び緒」や、「小札」という短冊型の部位をつなぐ糸の傷みが激しい。
胴丸の漆は剥離、藍色もあせている。

 修繕を求める声が強いのは、大河ドラマを機に全国から大勢の歴史ファンが訪れると予想されるため。地元の郷土史家・佐々木裕三さん(67)は
「これまで多くの専門家が修繕の必要性を指摘した」と、泉下のお田の方に同情する。問題は費用。市が専門業者に見せたところ、「ひもや糸を直すだけで800万円」と回答したという。

 市教委によると、県指定文化財の公費修繕は、所有者と市が各4分の1、県が2分の1を負担する決まり。寺の檀家は「財政的な余裕はない」とけん制する。

 市教委は一昨年、専門家に調査を依頼、「全体の傷みは見た目ほどひどくはなく、当面、様子を見ていて大丈夫」との見解を得たという。
三浦良隆文化課長は「歴史の風格を保った状態で保存し、次代に引き継ぎたい」と話している。

no title

http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150620-OYT1T50161.html

続きを読む

↑このページのトップヘ