533: 名無しの司馬遷 2014/08/18(月)22:18:14 ID:fDAWdE8bk
第一次世界大戦後、肥沃三日月地帯の束の間の平穏とは裏腹に、南のアラビア砂漠は風雲急を告げていた。
no title
サウード王家の当主、アブドゥルアズィーズ・イブン・サウードは天性の覇王である。
ガートルード・ベルは彼を「政略家にして治平の人、そして略奪者。歴史的典型を例証」とレポートした。
つまり、20世紀に生きながら古代中世のあまたの英雄たちと同じ気質、同じ素質を持つ男。
砂漠の豹をいつまでも鎖に繋いでおくことなど、所詮無理な相談だった。

大戦終了後、いや増すサウード家の力を警戒した英国は、その仇敵たるラシード家に乗り換えた。
だが、ラシード家の都ハーイルには陰謀が渦巻き、当主イブン・ラシードは兇刃に倒れる。
宿敵倒るの報を受けたイブン・サウードは直ちに北進し、1921年11月にハーイルは陥落。

イブン・サウードの次なる標的はヒジャーズ王国。
両聖都の守護者という栄誉、巡礼者が落とす莫大な収入。いずれも豹の食欲をそそる。
1924年4月、イブン・サウードはヒジャーズに侵攻開始。
太守フサインは国を捨てて逃れ、サウード軍は聖都メッカに無血入城を果たした。
そして1925年にはメディナとジェッダも陥落し、ヒジャーズ王国はあっけなく滅亡した。

イブン・サウードは、ペルシア湾岸に点在するいくつかの英国保護領を除き、アラビア半島全土の平定を達成した。
しかし彼の進撃はここで停止する。
イブン・サウードはあくまでも砂漠の王であり、アラビアの外には何ら興味はなかったらしい。
生涯を通じて彼が砂漠の外に出たのは、ほんの数回に過ぎない。
続きを読む