(遅報)歴史まとめ

歴史関係の記事を紹介している2chまとめサイトです。歴史関係のスレ(ほぼなんj)をまとめています。良かったらご覧ください。

タグ:豊臣秀吉

1: DQN ★ 2016/11/11(金) 07:31:36.50 ID:CAP_USER9
出土した御土居の堀(右)と犬走りの跡。急斜面がつくられ、軍事的性格が強いという=10日午後、京都市北区
wst1611100110-p1
 
 京都市北区の市営住宅建設予定地から、16世紀末に豊臣秀吉が京の周囲を囲むように築いた「御土居(おどい)」の堀跡が出土し、10日に市埋蔵文化財研究所が発表した。深さ4・5メートル、堀った土で急勾配の土塁を築いており、全体の高さは約9メートルにも及ぶ巨大なものだった。

 御土居の目的は、朝鮮出兵で手薄になった京の防御壁▽川の氾濫から守る防災壁▽洛中の範囲の確定-など諸説があるが、同研究所は「今回出土した御土居は、ほかの場所より手間をかけ、防御性をより高めた構造になっている」とし、軍事的意味合いが大きかったとみている。

 今回は深さ4・5メートル、推定幅18メートルの堀が南北44メートルにわたり出土した。堀の上には、土を高さ1・2メートルに盛って帯状の平地「犬走り」(幅約2・6メートル)が設けられ、さらに高さ約3・5メートルと推定される土塁の一部も出土した。堀の底からの高さは計9メートル以上にもなる。

 今回の調査地の御土居について、同研究所は当初、約80メートル西の紙屋川を堀に流用し、川に沿うように土塁が築かれたと想定していた。だが、地面に急峻(きゅうしゅん)な堀を作り、堀から出た土を利用して傾斜角45度の土塁を築いたことが確認された。

 御土居は現在、土塁と川を使った堀が一体となった北野天満宮(上京区)など数十カ所で残るが、地面を掘削した堀と土塁、犬走りが発掘調査で一緒に出土したのは今回が2例目。

 奈良大の千田嘉博教授(城郭考古学)は「堀や土塁の規模には鉄砲への対策が読み取れ、御土居が軍事目的で築かれたことを示す証拠になる」としている。

 御土居豊臣秀吉が天正19(1591)年、北は上賀茂・鷹峯(たかがみね)、西は紙屋川(天神川)、南は九条通、東は鴨(賀茂)川の範囲に巡らせた堀付き土塁。総延長は22・5キロ。自然の川を堀に使うなどして3カ月で完成したとされる。

産経新聞:http://www.sankei.com/west/news/161110/wst1611100110-n1.html
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1478817096/ 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1436703601/
1: 名無しの司馬遷 2015/07/12(日) 21:20:01.60 ID:???*.net
豊臣秀吉が木下藤吉郎を名乗った最後にあたる文書(1573年5月付)が見つかったと兵庫県豊岡市教育委員会が10日、発表した。
従来の研究では木下姓を記した最後の文書は72年12月のもの、羽柴姓になった最初の文書は73年7月のものだったが、今回の文書により改姓時期が73年5~7月に絞り込めるとしている。

自領の部下に税の取り立てを促す内容で、木下姓で自らの指示を細々と記した文書は少なく、専門家は「大名になる前の秀吉を知るうえで貴重」とする。
市教委によると、文書は浅井長政を討つため北近江(滋賀県北部)に出陣中の秀吉が、
尾張と美濃の境(岐阜県笠松町付近)の自領の部下、篠田伝七郎に宛てたとみられる。理由は不明だが豊岡市出石町の旧家に伝えられていた。

農民や地侍とみられる7人の名が書かれ、課税額を「七貫文」「四貫八百文」などと記述。
そのうえで「能々念入 可有糺明候(中略)縦縁者親類なりと云共 不見隠有やうに堅あらため」(よくよく念入りに調べ、たとえ親類縁者でも見逃さぬように)と指示が記されている。
元亀4年(1573年)5月24日の日付と木下藤吉郎の名、花押(サイン)があった。秀吉はこの頃からまもなく、
木下姓から羽柴姓に改めたとみられる。同年8月には浅井氏が滅び、その後、領地を与えられて、城持ち大名となる。

ソース http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150712-OYT1T50012.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しの司馬遷 2012/11/14(水) 21:28:57.82 ID:bj9p/ZAP.net
シベリアは日本になっていただろうか

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

no title
1: 名無しの司馬遷 投稿日:2014/11/24(月) 20:16:58.24 ID:LwD/aGMl0
東海道には信頼できる大名置いたからワイが死んでも豊臣の天下は安泰や!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しの司馬遷 2015/04/11(土) 22:44:52.63 ID:???.net
ソース(東洋経済オンライン) http://toyokeizai.net/articles/-/65439
写真=一見「粗食」だが、コメとみそ汁は理想的な「完全食」だという
no title


 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。戦国大名を代表するこの3人は、いずれも現在の愛知県の生まれである。信長、秀吉は尾張、 家康は三河の生まれだ。

 そして、この地域は、赤みそ文化圏なのである。それだけでない。江戸時代の大名の7割は愛知県、つまり赤みそ文化圏にゆかりがあるのだ。

 実は、戦国武将たちの強さの秘密はみそにあるという。どういうことなのか、新刊『徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか』を上梓した 稲垣栄洋氏に解説していただいた。

 名古屋の名物料理といえば、みそカツにみそ煮込みうどんである。これらに使われているのは、独特の赤い豆みそだ。赤みそは 尾張名古屋の名産となっている。

 だが、元はと言えば、赤みそは尾張名古屋ではなく、三河で誕生した。三河は徳川家康のふるさとであり、勇猛果敢な三河武士たち を育てた地である。赤みそは、この三河武士のソウルフードなのだ。

 みそはもともと、飛鳥時代に中国から伝えられた。当時のみそは、大豆と塩と水だけで作る豆みそであった。
 時代が経つと、大豆の発酵を早めるために、米こうじや麦こうじが加えられるようになる。あるいは、大豆を蒸して作る赤みそに対し、 大豆をゆでて作るまろやかな白みそが考案された。

 しかし、三河では一貫して赤みそが作り続けられた。

 大豆はやせた土地でもよく育つ。それにはワケがある。大豆の根には、大気から窒素を取り込む根粒菌が共生している。だから、 窒素分の少ないやせた土地でも成長することができるのだ。

 そして、三河の土地はやせていた。また、水の便が悪い台形状の土地が多く、水田を開くことができなかった。

 だから、大豆が盛んに栽培されたのである。大豆しかないので、豆みそしか作れなかったというわけだ。  だが、こうした環境の厳しい土地だったからこそ、強靭な三河武士が育ったのである。

■強豪たちを育てた赤みそ文化圏

 三河出身の徳川家康をはじめ、尾張出身の織田信長と豊臣秀吉。天下統一にかかわった3人の武将は、いずれも赤みそ文化圏で育った。

 この3人は、親族や家臣を全国に配置したので、江戸大名の7割は愛知県にゆかりがある。前田利家、本多忠勝、加藤清正、福島正則、 山内一豊などの名将は、皆、赤みそ文化圏の出身だ。

 赤みそ文化圏は、なぜ、このように優秀な人材を生み出したのだろうか。

 大豆だけで作る赤みそは、米こうじや麦こうじを加えて作るみそよりも栄養価が高い。大豆には、ストレス軽減効果のある神経伝達物質、 セロトニンのもとになるトリプトファンが豊富に含まれている。セロトニンは「しあわせ物質」と言われるほどで、気分が落ち着き、前向きに なって士気が高まるのである。

 それだけではない。赤みそには、脳の機能を高めるレシチンや、疲労回復や免疫機能を強化する効果のあるアルギニンまでもが 含まれている。

 三河武士が赤みそに育てられたというのは、決して大げさな話ではないのだ。

>>2以降に続く)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

       no title
1: 名無しの司馬遷 投稿日:2015/03/12(木) 21:03:54.78 ID:NOgc35VC0
寒い日に草履履くなよ土人

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

no title
1: 名無しの司馬遷 2015/03/06(金) 13:56:27.66 ID:5b7asXpj0.net
色々な説があるらしいけど
年寄りは貧農から立身出世した偉人みたいな事言ってるからさ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/06(金) 19:35:08.83 ID:e9ldt5vVr.net
何も無い所から這い上がった秀吉
自分一代で終わらせなかった家康

no title
no title

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ